マスクで肌荒れしたときの治し方・対策方法・予防方法|仕事

スキンケア
マスクで肌荒れしたときの治し方・対策方法・予防方法|仕事

これから花粉の季節を迎えます。その時期に大活躍するのが「マスク」ですが、マスクが原因で肌荒れやニキビの原因となってしまう事があります。マスクをしたいのに肌が荒れてしまってどうしていいかわからないという時の対処法や治し方を紹介します。

マスクによる肌荒れの原因とは?

マスクで肌荒れしたときの治し方・対策方法・予防方法|仕事

そもそもなぜマスクをしていたら肌荒れしてしまうのでしょうか。その原因一つ目は、「摩擦」です。お肌とマスクの摩擦によって肌への刺激が大きいために肌荒れの原因となります。

二つ目は、「蒸れ」です。マスクの通気性がいいと言ってもやはり蒸れてしまいます。喉の乾燥に対しては効果的ですが、お肌にとってはダメージが大きく、蒸れることによって雑菌が繁殖しやすい状態になります。そのために、ニキビができてしまったり肌が荒れてしまう原因となります。

三つ目は、「マスク自体に含まれる成分」によって肌荒れを起こしてしまうというケースです。マスクの中には、抗菌剤を含んでいるものもあります。その抗菌剤が原因となり肌荒れしてしまう人がいます。ウイルスに対しては効果的ですが、お肌にとっては肌荒れの原因となってしまいます。

仕事でマスクが原因で肌荒れしてしまった時は?

マスクで肌荒れしたときの治し方・対策方法・予防方法|仕事

花粉症でくしゃみが出てしまうし、鼻水も出てしまうから仕事でもマスクをしたい。だけど、肌荒れをしてしまって困ったという時はどうしたらいいのでしょうか。そんな時は、肌への負担が少ないマスクを選ぶことが大切です。

肌への負担が少ないマスクでおすすめなのが、「ガーゼタイプ」と「シルクタイプ」です。ガーゼタイプのマスクは、昔ながらのマスクでお肌に優しく柔らかい素材なので、お肌への負担が少なくなります。

シルクタイプのマスクは、保湿効果と放湿性の高い素材なので、蒸れにくいマスクです。また肌触りもよくつけごこちもいいので、長時間つけていても苦しくはありません。

マスクで肌荒れをした時の対処法は?

マスクで肌荒れしたときの治し方・対策方法・予防方法|仕事

季節の変わり目で、風邪も引きやすく花粉の舞う春、マスクを手放せなくなる人もたくさんいます。マスクをしたいけど、肌荒れしてしまう人もいるでしょう。マスクをするたびにこの悪循環ではなかなか解決しません。

そこで、ここでは肌荒れをしてしまった場合、どんな対処をしたらいいのか、肌荒れのケアの仕方や肌荒れしやすいマスクについて紹介します。

皮膚を保護するにはワセリン

マスクと皮膚が接触している部分だけが肌荒れしてしまっている場合は、その部分を保護することが大切です。皮膚が触れる部分にガーゼなど柔らかい布を挟むのも効果的です。

ガーゼが気になってしまう方は、ワセリンを塗るの方法もあります。皮膚を保護するのには抜群に効果があるワセリンです。塗った時は少しベタベタしてしまいますが、マスクによる皮膚の摩擦を減らすことができます。

お肌のスキンケアをきちんとする

肌荒れしてしまう原因は、マスクの素材が合わない事がきっかけで肌荒れしてしまうのも考えられますが、お肌自体のバリア機能が低下して肌荒れを起こしてしまっている事も考えられます。お肌が弱ってしまっている時は、つまり敏感肌の状態のことです。

敏感肌の状態を健康なお肌の状態に戻してあげなければなりません。それには、スキンケアの基本である洗顔と保湿が大切です。洗顔に使う洗顔料は、お肌に優しい低刺激の物を選びましょう。手で泡だててから、その泡で顔を優しく洗いましょう。

洗顔をした後は、保湿です。こちらも低刺激な物を選びましょう。きちんと洗顔して保湿をすれば、肌荒れは改善します。

肌荒れしやすいマスクがあるってホント?

マスクで肌荒れしたときの治し方・対策方法・予防方法|仕事

マスクはマスクでも、いろんな素材でできたマスクがあります。敏感肌の人におすすめな素材のマスクは、ガーゼマスクやシルクのマスクですが、あまりおすすめできない素材のマスクもあります。

肌荒れしやすい素材のマスクとは?

それは「不織布」でできたマスクです。安価で使い捨てのマスクの多くは不織布でできたマスクですが、この素材は、通気性には優れているものの、お肌へのダメージが大きいのも特徴です。

不織布は、漢字のとおり繊維を織らずに作られていて、化学繊維の一種でもあります。この化学繊維が原因となって、お肌の敏感な人はすぐに肌荒れを起こしてしまうことがあります。

少しお値段は高くなってしまいますが、敏感肌用のマスクも最近では販売されています。肌への刺激が少ないように作られていますので、安心して使えます。また、ガーゼマスクやシルクタイプのマスクもおすすめです。

マスクで肌荒れした時のおすすめの薬は?

マスクで肌荒れしたときの治し方・対策方法・予防方法|仕事

マスクと接触するところだけ肌荒れを起こしてしまう。マスクを取るに取れない状況です。肌荒れを起こしてしまっているなら、まず、肌荒れをしている部分の治療を優先しましょう。

どんな薬を選べばいいのかというと、肌荒れを早く一気に治したいのであれば、病院で受診することをおすすめします。ステロイド剤を処方された場合、副作用が怖いという人も、中途半端に使うより、医師の指示とおり使えば早く肌荒れを治療する事ができます。

キュアレアa

病院に行く暇がないという方におすすめの薬は、キュアレアです。このキュアレアは、非ステロイド剤の低刺激処方の薬となっています。花粉や乾燥になどによる顔のかゆみ、かぶれの治療薬です。この薬は、顔はもちろん、目の周りや赤ちゃんのオムツかぶれにも使えるほどの低刺激処方の薬です。

薬用アクアコラーゲンゲル スーパーセンシティブ

合成成分無添加の保湿ゲルです。敏感肌に優しい低刺激処方で、4種類のセラミドと和漢植物エキスで、お肌の保湿と保護をして、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので、抗炎症作用があり肌荒れを予防する事が可能です。19種類のアミノ酸で美肌作用、肌荒れ防止をして、健やかなお肌へ導きます。また、肌を整えるビタミンH、ビタミンPも配合されています。

Blockquote firstBlockquote second

家人に送りましたが、肌のトラブルがおちついて、大変気に入ってもらえました

マスクで肌荒れの予防方法とは?

マスクで肌荒れしたときの治し方・対策方法・予防方法|仕事

マスクをしないのがいちばんの方法なのですが、花粉が気になったり、くしゃみが気になったりでマスクを手放せないという人もいます。できれば、マスクをしたままでも肌荒れの予防を知りたい、そんな方に肌荒れの予防方法を紹介します。

マスクのサイズが合っているか確認する

マスクのサイズがなんで大杼なの、と思うでしょうが、これも肌荒れを予防する大切なポイントです。顔のサイズに合っていないマスクをしていると、マスクと肌の触れる面積が大きくなるためです。触れる面積を自分のサイズに合ったマスクをつければ、マスクと肌の触れる面積は小さくなります。

マスクのサイズも、今では「女性用」「男性用」「子供用」や「顔の小さい方用」など色々なサイズが販売されています。自分のサイズに合ったマスクかどうか一度確認してみてください。

マスクをこまめに交換する

朝マスクをつけて、日中同じマスクで夜そのマスクを捨てるという方が多いでしょうが、同じマスクをずっと付けていると、マスクの中が蒸れて菌が繁殖しやすい状態になります。これが原因で、肌荒れを起こしてしまう原因となってしまいます。

肌荒れを予防するために、マスクをこまめに交換するのも効果的です。1日に2~3枚を目安に交換するようにしましょう。

ガーゼタイプのマスクにする

最初からガーゼタイプのマスクを使う。昔ながらのマスクですが、ガーゼなので肌当たりが良く、今では色々な柄のおしゃれなガーゼマスクもあります。ガーゼマスクの特徴は、洗って繰り返し使える事です。

実は、不織布のマスクとガーゼのマスクは機能的には大差はありません。不織布マスクは使い捨てることができて、ガーゼマスクは繰り返し使えるというのが最大の違いです。

ガーゼマスクの洗い方は、まず中性洗剤を使って手洗いします。その後、洗い流して熱湯消毒します。そして、乾くまで、日干ししましょう。

頬まで荒れるのを予防するには?

マスクで肌荒れしたときの治し方・対策方法・予防方法|仕事

マスクで頬まで荒れてしまっては大変です。赤くなったり、見た目が痛々しくなってしまう前に予防策を紹介します。

マスクをしていると乾燥しやすい

特に不織布のマスクをしていると、吐いた息がマスク内で充満して中に水滴がつくことがあります。この水滴が肌に付着して蒸発するときに、角質層の水分も一緒に連れていってしまいます。

肌自体の水分も一緒に奪われるため、より乾燥が進んでしまいます。乾燥が進むと、肌のハリハリやつやが失われ、肌荒れしやすい状態になります。そのまま放っておいてしまったら、肌の老化が進み、シミやシワの原因になることも考えられるでしょう。

マスクが老化の原因を作ってしまう。それは乾燥が原因であるためですが、乾燥しないためには保湿が大切です。

マスクをつける時期は保湿をしっかりする

毎回、マスクをつける時期になると頬まで荒れてしまう、顔の下半分だけニキビが出てしまうといった方は、実は結構います。

予防策は、敏感肌用のコスメにシフトチェンジする事です。あらかじめ、敏感肌用の化粧水や乳液、保湿クリームを、マスクをつける時期に使いましょう。お肌が保湿されていれば、肌荒れを起こす可能性は低くなります。

ニベア クリーム

顔や体にも使えるニベアクリーム。肌に潤いと与えるホホバオイルとスクワランが配合されています。最近、このニベアの青缶が注目されています。なぜ注目されているのかというと、高級クリームの「クレーム・ドゥ・ラ・メール」と成分がよく似ているからです。

このクリームは、NASAの博士が実験中に重度の火傷を負った飛行士のために12年の歳月をかけて開発されたクリームで、お肌のなめらかさと柔らかさを取り戻す「奇跡のクリーム」と呼ばれています。

その奇跡のクリームに成分が似ている万能のニベアクリーム。女性なら、化粧下地としても使えるので、保湿もできて化粧下地もできる便利なアイテムです。男性ももちろん、顔の保湿クリームとしても、マスクをつける前に塗ると肌荒れの予防になります。

Blockquote firstBlockquote second

ボディクリームなどは使ったことかありましたが缶タイプは初めて使いました
伸びも良くベタつかず香りも強くなくて良いですね
詰め替え用のケースに詰め替えてポーチの中とかに入れれば持ち運びも出来るし便利ですね

キュレル

乾燥性敏感肌におすすめです。潤い成分が角質層の奥深くまで浸透して、セラミドを増やしてバリア機能を高め、外部刺激による肌荒れを防ぎます。

こちらのキュレルのクリームは、化粧水と乳液も販売されています。より保湿をしたいとなれば、ラインづかいもおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

1月だというのに、もう花粉の症状(顔がヒリヒリ、くしゃみ、鼻水)が出始め、顔のヒリヒリが苦痛だったので、半信半疑で購入しました。
今まで、使っている化粧水や美容液後にこのクリームを塗ったらピタリとヒリヒリが無くなりました。
本当に助かりました。
花粉の時期が終わるまで、このクリームを使用します。

保湿とマスクはセットでする

マスクで肌荒れしたときの治し方・対策方法・予防方法|仕事

いかがでしたでしょうか。マスクをする事によって肌荒れしてしまう人はたくさんいます。まずは、洗顔の仕方を変えてみたり普段使っている基礎化粧品を敏感肌用のコスメに変えてみたりと、肌荒れを予防するには、一工夫が必要です。

女性であれば、お仕事が休みの日は化粧をするのもお休みの日を作るといいでしょう。また、体の内側からもキレイになるように、バランスのとれた食事をとるのも大切です。そして、しっかり保湿をして睡眠時間も確保して肌荒れを治すように心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました