ベビーローションのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

スキンケア

ベビーローションの種類と選び方

ベビーローションのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ベビーローションは赤ちゃんだけのものではありません。実はベビーローションは大人にもうれしい効果がありますし、いろいろな活用方法があります。

赤ちゃんだけでなくお母さんも一緒にベビーオイルを使うことでその効果を最大限にすることができます。 ここでは、ベビーローションの使い方や種類と選び方について目的別、特徴別に紹介していきます。

ベビーローションの種類

ベビーローションのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ベビーローションには大きく分けて2つの種類があります。その特徴について紹介してきます。

鉱物油

ベビーローションの種類の1つめは鉱物油というものでできています。

鉱物油とは、一般化粧品などにも幅ひろく使われている、石油を精製したオイルです。見分け方は、成分表を見ると簡単で、「パラフィン」「ワセリン」「ミネラルオイル」などと記載されています。石油系と聞いて、肌に悪いのではと思う方もいるでしょう。 でも、石油系というのは、分留・精製し、不純物を取り除いた純度の高い油を使用しているので、肌への影響はなく安心して使うことができます。皮脂とは全く異なる化学構成で、肌を守りながらやさしく保湿します。

植物油

もう一つの種類は、植物油といって、の実や種をしぼって生成されるオイルです。見分け方は簡単で、成分表では「ホホバオイル」「シア脂」「オリーブ油」「アーモンド油」など植物の名前が入っているものがこちらの植物油です。特徴は、分子が小さいため肌に潤いを与えやすいこと、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいることが特徴です。

肌が弱い方や、特別デリケートな赤ちゃんの肌にはおすすめなのが、こちらの植物油系のベビーローションです。ただ、気を付かないといけないのが、植物油は酸化しやすいという特徴も持っているので、保存に気を付けましょう。対策としては、冷蔵庫で保存すること、1~2ヶ月以内に使いきることがおすすめです。

ベビーローションの選び方

おすすめのベビーローションの選びかたを紹介します。まず大事なのが、少ない量からベビーローションをそろえることです。中には大容量でお徳用のものもありますが、赤ちゃんや女性の肌質は個人差がありますので、季節や月齢によっても肌の調子が違ってきます。

また、オイルは保存環境によって酸化して悪くなってしまう可能性もあります。そのため容量が少ないものから試してみるのがおすすめです。季節の変化に敏感な肌に合わせて1シーズンで使い切れる少量のものを購入するようにしましょう。

赤ちゃんも使える優しいものを

赤ちゃん用のベビーローション選び方で必要なのは、100%天然由来の植物成分を使っているかどうかを見極めることです。ベビーローションは、石油系と植物系に分けられますので、鉱物系のベビーローションは、肌の弱い方には毛穴をふさいでしまうため、おすすめできません。

できるだけ優しい植物系のものを使用することをおすすめします。特にいいのは、100%天然由来、無添加の植物成分を使ったベビーローションでしょう。

ベビーローションおすすめ人気ランキングTOP3

ここでは、おすすめのベビーローションをおすすめ人気順に紹介していきます。気になるものはチェックしてみてはいかがでしょう。

ランキング3位:「ジョンソン ベビーオイル 無香料 」

ジョンソンベビー ベビーオイル 無香料
ジョンソンベビー ベビーオイル 無香料
口コミ

脚のマッサージオイル用に購入しました。ドラッグストアより安く購入できて満足です♪お風呂上がりに体が濡れた状態でオイルを塗ってタオルで水分を拭き取るというのも試してみた所、とってもしっとりしてびっくりです!カサカサ肌の娘と愛用しています(*'-`)

おすすめのベビーローション第3位は、ジョンソンベビー ベビーオイル 無香料です。

新生児向けのスキンケア商品を発売し続ける老舗の「ジョンソン・ベビー」のベビーローションです。新生児0歳から使えるように、とにかく低刺激・無着色・無香料にこだわったベビーローションです。しっかり保湿してくれるのに、つけ心地はさっぱりしていてベタつきすぎないのが特徴です。 また肌の弱い女性のスキンケアにも安心して使えますのでおすすめです。肌トラブルが起こって困っている人は、試してみることをおすすめします。

ランキング2位:「ピジョン オーガニクス ファーミングローション」

ピジョン オーガニクス ファーミングローション
ピジョン オーガニクス ファーミングローション ¥ 3,456
口コミ

のびが良く天然成分のオイルが身体に浸透するのがわかりとても良かったです!

おすすめのベビーローション2位は、ピジョン オーガニクス ファーミングローションです。 植物性のベビーローションを探している人にはおすすめなのがこちらです。オーガニックのエッセンシャルオイルを厳選したベビーローションで、原料の99.5%が天然由来成分でできています。

オーガニック大国のフランスの厳格なオーガニック認証「エサコート」を取得しているという安心品質です。オイルには、ビタミンA・D・E・Fや、保湿力の高いバオバブシードオイルが使われているので、女性のスキンケアにおすすめできます。赤ちゃんにもつかえます。すっきりと香る柑橘系のハーブのにおいで癒されます。

ランキング1位:「和光堂 ミルふわ ベビーオイル」

和光堂 ミルふわ ベビーローション
和光堂 ミルふわ ベビーローション ¥ 702
口コミ

5ヶ月の息子の頭皮がカサカサで皮が剥がれ、かゆそうにしていたため購入。 オイルの出口がスポイドの先みたいになっていてとても塗りやすいです。

おすすめのベビーローション第1位は、和光堂 ミルふわ ベビーローションです。特徴は、ステロールというお母さんの母乳に含まれる潤い成分を配合したベビーローションになります。

パラベン無添加でノンアルコール、さらに乳由来成分不使用、無香料、無着色などとにかく新生児にもつかえる優しい成分しか使っておりません。 独特な口の形状は、必要な分だけ出すことができるように加工されています。少量を出しやすく垂れることもないので使いやすいと、使い勝手の良さもおすすめです。

特徴・用途別おすすめのベビーローション

こちらではおすすめのベビーローションを特徴別、用途別に紹介していきます。

新生児用

ピジョン ベビークリアオイル
ピジョン ベビークリアオイル ¥ 680
口コミ

綿棒浣腸の時用のオイルとして使っています。 生後二ヶ月になりだんだん自力でスムーズな排便ができるようになり、出番はだいぶ少なくなりましたが、便秘時には今も使っています。二ヶ月に入るまでは一日おきくらいに使っていました。満足です。

新生児におすすめのベビーローションは、ピジョン ベビークリアオイルです。0歳から使えるこのベビーローションの特徴は、お母さんのおなかの中にある胎脂の成分に着目し、似た成分の「ピジョンベビーリピッド」を配合しています。

そのため、新生児の肌も胎盤の中と同じようにやさしく守り乾燥から守ることができます。もちろん、無着色・無香料・パラベンフリーなので安心して使うことができますし、少量のサイズ展開なのでお試ししやすいサイズでもあります。

乳児の湿疹にも使える

アロベビー アンジュ マッサージオイル
アロベビー アンジュ マッサージオイル
口コミ

ベビーに使う前にと、一度自分のカサカサの手で試してみました。匂いはほとんどありませんでした。ワンプッシュで大人の両手の手首までオイルが伸びました。

乳児湿疹におすすめできるベビーローションがアロベビー アンジュ マッサージオイルです。 修二湿疹とは、赤ちゃんにできてしまう湿疹のことを呼びます。ほっぺが赤くなったり、おでこや頭にカサカサとしてかさぶたのようなものができたり、乾燥が進んだ結果、うろこの様なかさぶたができることを言います。

こちらのベビーローションは、天然由来成分100%の純国産なので安心して湿疹にもつかえます。植物性のベビーローションになるので、どんなに繊細な新生児の肌にも優しくなじみ保湿します。

大人用

エルバビーバ ベビーオイル
エルバビーバ ベビーオイル ¥ 3,240
口コミ

若干ハーブに香りが気になりますが使い心地は良いです。お風呂上がりに使っていますがベタつかずサラッと皮膚に浸透していく感じがします。皮膚のカサつきが改善方向に向かっています。

大人も使えるベビーローションでおすすめなのが、エルバビーバ ベビーオイル です。特徴は、ほんのりマンダリンがほのかに香りが楽しめることです。

なめらかなテクスチャーなのでベタつき感が少なく、マッサージオイルとしても使えるくらいまるでローションのようにさらさらな肌触りになります。 植物由来成分でできているので、赤ちゃんはもちろん、ママも一緒に使えます。香りが癒されるとリピートの多い商品です。また、女性のスキンケアにも使っていただけます。 オーガニックのベビーローションをお探しの方にはおすすめです。

オーガニック

babybuba (ベビーブーバ) ベビーオイル
babybuba (ベビーブーバ) ベビーオイル ¥ 2,916
口コミ

ベビーマッサージ教室に行ってからというもの 毎日マッサージをしているのでオイルをあれこれ試しています。 こちらのオイルは香りもよいしボトルも使いやすいし、 国産で安心ということで3本目突入です!

オーガニックのベビーローションでおすすめなのが、babybuba (ベビーブーバ) ベビーオイル です。

国産なのに、イタリアの厳しい基準を通過したオーガニックのベビーローションです。0歳からでも使えるくらい肌にやさしい成分が配合されています。 ヒマワリ油、オリーブ油、マカダミアナッツ油を主成分が保湿力とバリア機能を高めてくれます。もちろん、100%天然由来成分でどれだけ繊細な肌へにもやさしさにこだわって作られています。

顔にも使える

アトピコの「スキンケアオイル 30mL
アトピコの「スキンケアオイル 30mL ¥ 1,620

顔にも使えるおすすめのベビーローションは、アトピコの「スキンケアオイル 30mL」です。こちらの特徴は、精製ツバキ油100%でできているので、とても肌にやさしいことです。

精製ツバキ油100%の安心なポイントは、赤ちゃんが誤ってなめてしまっても安心できることです。問題なく肌にも使っていただけます。椿油の主成分であるオレイン酸トリグリセリドがすっとお肌に馴染んで薄い被膜をつくり、しっかり保湿しながら水分の蒸発を防いでくれます。 とても伸びががいいので少量でもしっかりぬれます。しっとり感も長く持続します。低刺激性・無香料・無着色ですのでにおいが気になる方にもおすすめです。

無添加

メリーズ ベビーローション
メリーズ ベビーローション
口コミ

液体は白くとろみがあるといった感じで、緩めの液体です。 塗った瞬間、「いや他のベビーミルクとかと変わらないじゃん」と思いましたが、 1分くらいで、大人の女性がスキンケアした後のようなネチャネチャと吸いつくような感じに。

無添加のベビーローションでおすすめなのが、メリーズのベビーローションです。新生児から問題なく使える、無香料・無着色・低刺激・弱酸性仕様でなのでとても肌にやさしいだけでなく、うるおいセラミド機能成分配合で、乾燥や刺激から赤ちゃんの繊細な肌を乾燥から守ってくれます。

季節別おすすめのベビーローション

ここでは季節別におすすめしたいベビーローションを紹介していきます。

ママバター ナチュラル シアバター
ママバター ナチュラル シアバター ¥ 1,836
口コミ

お風呂上がりに重宝しています!肌は調子良いですが、伸びはすごーくいいわけではないのですぐ減りそうです。

夏におすすめのベビーローションは、ママバター ナチュラル シアバターです。夏にも使えるこのベビーローションは、天然のシアオイルの他、オリーブオイルやホホバオイルをブレンドした全身用スキンオイルでとってもやさしい植物性のオイルです。

ヒトの皮膚に近い豊富な美容成分が含まれているので、全身に使うことができます。天然成分配合なので赤ちゃんにも問題なく使えます。

アトピタ ベビーローション 乳液タイプ
アトピタ ベビーローション 乳液タイプ ¥ 702
口コミ

生後2ヶ月ごろから子どもが激しくかきむしるので購入。お風呂あがりと、朝の着替えの時に塗りました。効果は絶大!だんだんと赤みも引いて、かかなくなりました。ただ、うちの場合、10ヶ月ごろになると効かなくなってきました。

冬の厳しい乾燥におすすめのベビーローションなのが、アトピタです。とにかく冬は乾燥し、大人でも手や顔のカサカサはひどくなってしまいます。繊細な赤ちゃんにとってはもっとダメージが大きいものになってしまいます。

そんなときに肌荒れが起きてからも使うことができるベビーローションがこちらです。うるおい補修成分で、冬のカサカサと肌荒れた肌を優しく守ります。

おすすめのベビーローションのメーカー・ブランド3つと代表製品

ここではおすすめのベビーローションメーカーと商品を紹介します。

ヴェレダのカレンドラベビーオイル

ヴェレダ カレンドラベビーオイル
ヴェレダ カレンドラベビーオイル ¥ 2,700
口コミ

オーストリア在住時代から愛用しているこのメーカー。日本に帰国後は日本製のオイルをいくつか試しましたが、結局これに戻って来ました。オーストリアでも少々高めの商品で、日本ですと更にプライスアップしていますが、乾燥している冬の間は手放せません。子供のみならず、家族で使用しています。

おすすめのベビーローションは、「ヴェレダ」のベビーオイルです。オーガニック大国ドイツのブランドで、合成保存料、着色料、合成香料、鉱物油などが一切使用されておらず、オーガニック配合率95%以上を保つこたわりの商品です。

どんなに敏感な新生児の肌にも適度な潤いを与えてくれます。妊婦さんやママのスキンケア用としても使えますので、親子で乾燥ケアをすることができます。とにかくその質の良さからリピートする人もおおいです。

パックスベビー ベビーオイル

おすすめのベビーローションは、パックスベビーのベビーオイルです。肌にやさしい植物性でサラサラとした使い心地が特徴のベビーローションは、赤ちゃんの皮脂に含まれるパルミトイルオレイン酸が多く入ったマカデミアナッツ油に天然のビタミンEを配合し、皮膚に近い成分でできています。

植物製なのに、肌の組成に近い分、皮膚の水分を補い、肌なじみが良いのがよくおすすめです。もちろん無香料、無着色なので、肌の弱いお子さんママ女性にはおすすめできる一品です。
パックスベビー オイル (保湿オイル) 40ml
パックスベビー オイル (保湿オイル) 40ml ¥ 1,620
口コミ

ワセリンは塗ったあとのべたつき感が好きではなく、 使うのをやめました。 こちらの商品は塗ったあともすぐに肌に馴染んでベタつかないので 気に入ってます。定期便でお得に買えるのも嬉しいポイントです。

ラフラ ベビーオイル

ラフラのベビーオイル
ラフラのベビーオイル ¥ 2,916
口コミ

肌への浸透力がよくとても使いやすかったです。 お風呂上がりにボディクリームの代わりに全身に使用してみました。 なじみがよくべとつかないのでパジャマもすぐ着替えることができました。 肌ももっちりスベスベです。 両手のひらでオイルを温めてから体になじませるとホットオイルのようで気持ちよかった。

おすすめしたいベビーローションメーカーは、ラフラのベビーオイルです。なんと、お米だけでできていて、そのほかの成分は一切配合されていないという徹底ぶりです。もちろん肌の弱い方に安心して使っていただけます。お米の成分は、伸びがよく、サラサラしすぎないのでベビーマッサージにも大活躍します。

ベビーローションの使い方・活用方法

ベビーローションのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ここでは、おすすめのベビーローションの使い方と活用方法を紹介します。

使い方

ます使い方をしっかりおぼえて正しく使いましょう。ベビーローション乾燥するからと言ってたくさんつけてしまうのはよくありません。適当な量をとり使用することが大事です。乾燥しているからといって塗り過ぎたらベタベタに、塗ってしまったことで肌トラブルがおきたり、少なすぎると保湿の効果が発揮されません。

適用量とは、ベビーローションが赤ちゃんの肌から滴り落ちない程度が理想的です。また、ベビーローションの塗り方は、手のひらに適量を取り、赤ちゃんの体に優しくマッサージするように塗ります。 おすすめの塗り方は、体の付け根から外側に向けて塗っていくと血行が良くなるといわれています。

おすすめの活用方法

ここではおすすめのベビーローション活用方法を紹介していきます。ベビーローションの正しい塗り方を覚えることでうまく活用しましょう。

まずは、赤ちゃんのおむつで隠れるおしりを最初に保湿します。イメージは、掌で優しくなじませるように全体的に塗るようなイメージです。そして、ベビーローションを新生児のおしりに塗ったら、新しいおむつに取り換えてあげれば完成です。 今度は、お腹や背中にベビーローションを塗っていきます。体の中心部に、広く伸ばしながら塗っていきましょう。おすすめなのが、ベビーローションを塗り終わったら、なるべく早くお洋服を着せましょう。そのほうが、保湿効果が持続します。

外気に触れやすいところほど念入りに

体に塗り終わったら、手足をベビーローションで保湿していきます。手も乾燥しやすい箇所になりますので。掌から指先指の間までまんべんなく塗ってあげましょう。

最後に、顔を丁寧にベビーローションで保湿して完成です。顔は一番外気に触れる場所になりますので、特に乾燥しやすくなっています。ベビーローションをしっかり付けてあげるのがおすすめです。

ベビーローションでデリケートゾーンの黒ずみ解消?!

ベビーローションのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

女性にうれしい活用方法が、ベビーローションでデリケート・ゾーンの黒ずみが解消される効果があります。

やり方は、デリケートゾーンをキレイに洗い、タオルで水気をとったあと、ベビーローションで保湿するだけです。 デリケートゾーンを洗う、水気をとるときに気を付けたいのがタオルなどでごしごし洗わないことです。ベビーローションを塗るときには、指で優しくなじませるようにしましょう。

ベビーローションの使用期限は?

ベビーローションにも期限があることをご存知ですか。古いものを使っていると効果がないので注意しましょう。

ベビーローションを開封した後の使用期限は、保管状況によって異なってきます。ですが、基本鉄器には、開封後はできるだけ早めに使用するのがいいとされています。 空気に触れない場所、直射日光に当たらない場所、高温じゃない場所で保存していたと仮定しても、3~6ヶ月程度目途に使い切りましょう。

オーガニックのベビーローションの場合の使用期限は、さらに注意しなければなりません。刺激が少なく、赤ちゃんの肌に優しいと人気のオーガニックのベビーローションですが、大体が無添加のものか、保存料が使われていないものになっています。

保存料や防腐剤が全く使用されていないので、肌には優しいのですが、その分製品も傷みやすく、早めに使い切る必要があります。また、形状によっては使用時に手に付いた雑菌がボトルの中に入り込んでしまい、雑菌が繁殖してしまう危険性もあります。 商品の使用期限は、それぞれの製品ごとにパッケージ製品の公式サイトに使用期限が記されていることが多いので、調べてみることをおすすめします。

おすすめのベビーマッサージをしよう

ベビーマッサージをご存知ですか。新生児にベビーマッサージをすることによってとてもいい効果があるといわれています。

マッサージすることで、親と子のスキンシップにより五感が刺激され脳が発達する効果があります。また親の手から子供の手へ肌に直接触れられることで免疫力が向上する効果があります。 ベビーマッサージにより筋肉が刺激され、ハイハイやお座りに必要な筋肉が刺激され、筋力が向上する効果や、親のぬくもりを感じ、赤ちゃんは安心て良質な睡眠をとることができ、寝つきが良くなる効果があるとされています。 ベビーマッサージで注意することは、赤ちゃんの体調によってマッサージをするかしないかを判断することです。用事がかかりやすい、感染症(みずぼうそう、おたふくなど)にかかっている場合、予防接種の直後などはマッサージはお勧めできません。

ベビーマッサージの仕方

ベビーマッサージのやり方は、たっぷりオイルをまず用意しましょう。足などの体の中心から遠い部分から始めていき、首まで行います。そのあとで、赤ちゃんをうつ伏せにして背中やおしりもマッサージしてあげましょう。ベビーマッサージを終えたら、赤ちゃんを優しく抱きしめてあげると効果的です。

ベビーローションを活用しよう

ベビーローションのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ベビーローションにも種類があり、赤ちゃんにお勧めしたいものはやはり肌にやさしいものがいいとわかりました。

女性にもうれしい効果があるベビーローションは、どなたでも肌のケアに使っていただけます。ここでお勧めしたもので気になるものから少量で試してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました