【箇所別】ローズオイルの効能・使い方|オーガニック/サプリ

スキンケア
【箇所別】ローズオイルの効能・使い方|オーガニック/サプリ

化粧品にもよく使われるローズの香り。ローズオイルは香りが良いだけでなく、女性にとって嬉しい効果がたくさんあると言われています。抗菌作用で肌を美しくしてくれたりストレスを和らげたりしてくれます。ローズオイルというと高級なイメージですが、それだけ効果のあるオイルです。そんなローズオイルについて紹介していきます。

ローズの種類

ローズオイルに使用されているローズや抽出方法によって効果に違いがあります。香りももちろん異なりますので、香りが好きなものや気になる効果のものでオイルを選んでみましょう。簡単に紹介します。

ダマスクローズ

ダマスクローズはシトロネロールとネロールが多く含まれているので、抗菌作用に優れ防虫効果があります。また、抗リウマチに優れています。

ティーローズ

ティーローズは1番美容にいいと言われています。良質で高い鎮静効果をもち、皮膚の機能を正常に保つ作用もある美肌のためには欠かせません。

ホワイトローズ

ホワイトローズは他のローズと比べ、高いメラニン生成抑制作用があり、スキンケアに向いています。別名アルバローズと表記されることもあります。

キャベッジローズ

キャベッジローズはフェニルエチルアルコールが多く含まれていて、催淫作用が強く麻酔性があります。

抽出方法によって違うこと

同じローズを使っていても、抽出法が違うと完成したオイルの成分比率が変わってくるので、香りにも違いが出てきます。ローズオットーは水蒸気蒸留法、ローズアブソリュートは有機溶剤抽出法というやりかたで抽出されます。

ローズオットーは一度に採れるオイルの量が少なく高価なオイルで、トリートメントやスキンケアに使うならこちらをおすすめします。ローズアブソリュートの方が香りが濃厚なので、香りを楽しみたい方はこちらがおすすめです。

ローズオイルの使い方

まず、ローズオイルの基本的な使い方について紹介していきます。体の外側からも内側からもローズを摂取しましょう。

サプリメントで摂取

ローズオイルを手軽に摂取する方法として、サプリメントがあげられます。

体内にローズオイルを摂り入れることで、体臭を抑える効果が期待できます。ゲラニオールというローズオイルの主成分が、体内に吸収されると汗腺から汗と一緒に排出され、そのときにほんのりローズの香りがします。その効果は、体内に摂取してから約180分程度続くという研究結果が発表されています。

マッサージのおともに

1番身体に効果が出やすいのが、肌に直接塗ることです。ローズの成分が肌から浸透して効果をアップさせてくれます。お腹がいたいときやホルモンバランスが崩れてイライラするとき、ストレスがたまっている時にはとくにおすすめです。

ローズオイルはそのまま塗らずに、他の植物性のオイルやジェルで薄めて使いましょう。マカデミアナッツオイルやホホバオイルなどが保湿力も高く安価で使いやすいのでおすすめです。また、もともと他のオイルやクリームとブレンドしたものも販売されているのでそういうものを使うのも良いでしょう。

お風呂のリラックスタイムに

【箇所別】ローズオイルの効能・使い方|オーガニック/サプリ

1日の疲れを癒やすお風呂タイムにローズの香りで芳香浴はいかがでしょうか。

気をつけていただきたいのは、お風呂にそのままローズオイルを入れないことです。必ずアロマンプなどを使ってください。もしアロマランプやアロマポッドをお持ちでない場合は、洗面器やコップにお湯を入れ、そこにローズオイルを数滴入れて浴室に置きましょう。入浴時間が贅沢なリラックスタイムに早変わりするのでおすすめです。

箇所別 ローズオイルの効能

次に、使う場所によってどのような使い方、商品があるか紹介していきます。

顔に使用する場合

ローズオイルに含まれる美容成分を身体だけでなく顔にもと思う方も多いでしょう。

お肌の保湿力をアップさせるために、ローズオイルのスチームを顔に当てると肌を柔らかくすることができます。熱めのお湯にローズオイルを垂らして、その湯気を洗顔をした顔に当てるだけでとても簡単です。数分その蒸気に当たるだけで肌が柔らかくなるので、そこでさらにローズオイルを使ったお手入れをしてみましょう。

さきほど紹介した植物オイル大さじ1にローズオイルを1滴垂らしたものや、無香料のクリーム小さじ1にローズオイル1滴まぜたものを、スキンケアの最後に使ってみてください。ローズオイルには抗菌作用もあるので肌の赤みが気になる方にはぜひおすすめです。

ただし、顔に使う場合も直接塗布はしないようにしてください。

髪に使う場合

ローズオイルはヘアケアに使うこともできます。傷んだ毛先につけて潤いをたもつのはもちろん、頭皮に塗り込むこともできます。また普段お使いのシャンプーやトリートメントに1滴たらして使うのも簡単でおすすめです。

スペシャルケアとして、お風呂に入る前にオイルをたっぷり髪の毛につけ、タオルなどでその髪の毛を包みそのままお風呂に浸かると、蒸気でオイルパックをすることもできます。これをすることで髪の毛にうるおいが戻ってくるだけでなく、いい香りにも包まれてお風呂に浸かっていられるので精神的なリラックス効果も期待できます。

特にローズオイルの効能である、ホルモンバランスを整える、毛髪育成作用、血流改善などにより、産後のホルモンバランスの崩れからくる産後脱毛症に効果があると言われています。それだけでなくアロマテラピー界では、円形脱毛症の症状改善にローズオイルを使用しておりその効果には信頼があります。

爪にもローズの香りを

身体だけでなく、爪のケアにもローズオイルを使うことができます。

Hana Dori ローズ ネイルオイル

こちらはネイルケアに使われるキューティクルオイルです。100%天然成分で作られていて、保湿効果に優れたスクワランやひまわり油をメインにアロマがブレンドされています。中にはドライフラワーが入っていて見た目も楽しめるため、オシャレさんならプレゼントに贈っても喜ばれそうです。

爪や甘皮にたっぷりと塗ってマッサージすると、いい香りとそのきもちよさで癒やし効果は抜群です。爪からほんのりローズが香ると、気分も落ち着くことでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

思ったとおりかわいかったです!ギフトにぴったり~♪他の香りも試してみたいです。

特徴別おすすめのローズオイル

つぎに、ローズオイルの特徴や使い方別にいくつかおすすめ商品を紹介していきます。気になるものは見つかるでしょうか。

フェアディンカム オーガニックローズオイル

こちらはオーガニックのローズオイルです。ホホバオイルで3%希釈の精油となっています。原産地はブルガリアです。

フェアディンカムは本物へのこだわりが強いブランドで、精油のラベルには原産地をはじめ植物の名前、抽出部位や抽出方法が表示してあります。一部の高価な精油に限り、ホホバオイルで希釈していますが、そちらもきちんとラベルに表示されています。

オイル初心者から上級者まで幅広く使いやすい、純度100%で医療に使えるレベルの精油として販売されています。日本だけでなくオーストラリアやイギリスなど、世界32の国や地域で愛されているブランドです。

ロレアルパリ  艶髪オイル

こちらはロレアルパリの、フレンチローズオイルがブレンドされたヘアオイルです。

タオルドライしてドライヤーをする前に髪の中間から毛先に塗って、ドライヤー後の仕上げにもう1プッシュすると艶やかな髪に仕上がります。ロレアル独自のシャインミラーテクノロジーという技術を採用していて、髪の表面を整えて光を反射してくれるので輝きが続きます。

ロレアルの中でも人気の香りでサラサラで艶のある髪になりたいかたにはおすすめの商品です。

Blockquote firstBlockquote second

ロレアルのオイルの中でも一番香りが好きです。
タオルドライのあとと 朝と使用しています。カラーをしているのでパサパサになりがちだったのですが 落ち着いて艶も出るので再度購入しました。

無印良品 マッサージオイル

こちらは無印良品のマッサージオイルです。肌に直接使えるように、ホホバオイルとセサミオイル、オリーブオイルがベースとなっていて、そこにローズのエッセンシャルオイルがブレンドされています。こちらはローズオイル100%ではなくそのまま使えるものでコスパもいい商品なので、たっぷり全身に使うことができます。

タイプ別おすすめのローズオイル

つぎに、ローズオイルを肌に塗るだけでなく、違う摂取の仕方を紹介していきます。体の外からも内側からもローズオイルを摂取してさらにローズオイルの効能を感じてみましょう。

サプリ ローズドレス

こちらはローズオイルのサプリメントです。

ローズの含有量が表記されていなかったり1粒あたり10数mgしか含まれていないローズサプリが多い中、ローズドレスは1粒あたり51mgものローズオイルが配合されています。それだけでなくグレープシードオイルやビタミンEに、柿渋由来のパンシルが配合されていて、体内からエチケット対策をしてくれます。コストパフォーマンスの面でも優秀なサプリメントです。

アロマディフューザーでお部屋をいい香りに

次に、アロマディフューザーに使うのにおすすめのローズオイルの紹介です。アロマ空間デザインを謳ったi&aroma社のエアー用オリジナルブレンドオイルです。ローズとベルガモットがベースとなっていて爽やかな香りが特徴です。i&aroma社からはディフューザーも販売されているので一緒に使ってみるのもおすすめです。

こちらのオイルは直接肌につけたり口に入れたりはしないでください。また、アロマディフューザーによってオイルの使い方は異なりますので気をつけて使用してください。

飲むローズオイル 花香油

最後に紹介するのはなんと、飲むために作られたローズオイルです。基本的に精油を口から摂取することは禁忌とされていますが、花香油の商品は日本初の食用ブレンドオイルで、ヨーロッパで研究を重ね日本で認可を受けた上で製造されています。これができるのは国内外含めていまのところ花香油のみです。

直接オイルを飲むということでサプリよりもさらに効果を期待することができ、お水や紅茶などに1、2滴垂らして飲むだけの簡単に摂取できるのもおすすめです。ただし飲み過ぎには注意しましょう。1日2回まで、ここぞというリラックスタイムにぜひお試しください。腸の動きや口臭に効果があると言われています。

ローズオイルで内側から美しく

【箇所別】ローズオイルの効能・使い方|オーガニック/サプリ

ローズオイルの効能や使い方など、さまざまなことを紹介してきましたが、気になるブランドや商品は見つかりましたか。

ローズオイル100%で他のオイルがブレンドされていないのものはとても高価なものですが、使い方がなかなか難しいという点があります。ご自分でこだわりのオイルとブレンドして使うという上級者の方にはもちろんそれがおすすめですが、もう少し手軽に使いたい方向けにさまざまな工夫をされている商品もたくさんあります。

こちらで紹介したブランドで興味がある物があったら、ぜひ一度手にしてみてください。体の内側からローズオイル効果を実感してみましょう。ストレス社会の中で生きるのに必要不可欠なリラックスタイムに、ぜひローズオイルを取り入れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました