手ぬぐい洗顔の効果・やり方・頻度・おすすめの石鹸|徳岡

スキンケア
手ぬぐい洗顔の効果・やり方・頻度・おすすめの石鹸|徳岡

今話題の手ぬぐい洗顔。手ぬぐい洗顔は日本人が昔からしている洗顔法です。昔はタオルがなく、手ぬぐいしかありませんでしたから、手ぬぐい洗顔が普通でした。しかも、肌が命である芸者の方はほとんど手ぬぐい洗顔だったという話です。それほど、手ぬぐい洗顔は昔から日本人女性の味方でした。

そんな手ぬぐい洗顔近年見直されてきています。女性は皆化粧をし、食べ物も欧米風に変わり、肌荒れがしやすい環境となっています。さらに雑誌の影響により、女性にはクレンジングオイルで化粧汚れを落とし、モチモチふわふわの泡で洗をするという概念かが植え付けられています。そんな中で、昔からの日本人としての洗顔方法は逆に新しい感覚なのでしょう。

肌荒れや毛穴汚れにいいと話題ですので、その効果について御説明していきましょう。

肌荒れに対して

実際、手ぬぐい洗顔は肌荒れにはとてもてきめんです。吹き出物の原因顔に残っている汚れです。もちろんシャンプーやトリートメントの洗い残しが残っていたり、枕が汚いというほかの原因があれば別ですが、クレンジングオイルを落としきれずに肌荒れをする方がとてもいらしっゃいます。

クレンジングオイルは化粧をしている以上使わざるを得ないものですが、手ぬぐい洗顔の場合は、使わなくても化粧をしっかりと落とすことができます。化粧を落とさないことが1番お肌にとって良くないことですが、化粧を落とすためのクレンジングオイルが顔に残っていることも肌荒れの問題のひとつです。

ですから、クレンジングオイルを使わないという点で肌荒れにはとてもいい効果があります。

手ぬぐい洗顔が肌荒れの原因となることも

手ぬぐい洗顔は、吹き出物に対しての効果はとてもバッチリですが、乾燥に悩んでいる人にはあまり向かないこともあります。なぜなら、手ぬぐい洗顔は摩擦によって汚れ落としているからです。手ぬぐい洗顔の原理は、泡がキメの細かい手ぬぐいの布の目に入り込んで、指や手を使うよりも毛穴の奥の汚れに届くということです。

つまり、くるくると手ぬぐいを動かさないと汚れは落ちないので、必然的に摩擦が発生します。しかも汚れを落としたい一心で強く擦りがちですので、表皮が向けてガサガサと肌荒れをしてしまう可能性があります。

あまりにも強い力で擦っていると、表皮が剥がれて再生までに1ヶ月かかります。肌のターンオーバーは28日と言われているので、再生待たないといけません。ですから敏感肌の人あまり向いていません。皮が向けてくる恐れがあり、あまりにひどくなる場合は病院から処方されるステロイドでの治療もありえます。

洗顔は大切

手ぬぐい洗顔推奨している方で、化粧を落とさなくても肌にとっては問題がないと言う方もいらっしゃいますが、全くの間違いです。ニキビなどの吹き出物の面でいうと最悪です。なぜなら、ニキビのもととなるアクネ菌や雑菌はファンデーションと共に毛穴の中に入り込みます。それを洗わずに放置すると菌の温床となり菌が繁殖してしまいます。

ですから、清潔に保つ意味で洗顔は大切です。ただし、殺菌することは出来ないのでし常在菌はやはりずっといることになりますが、ファンデーションについた内側からの汚れである皮脂と外側からの汚れであるホコリを落とすこと洗顔の意義となります。

その清潔にする動作である洗顔が肌にとっては良くないことです。刺激がゼロになるに越したことは無いので、手ぬぐい洗顔による洗顔方法を用いるなら、なるべく力を入れないことが大切になってきます。

あまりに症状がひどくなる場合は病院へ!

手ぬぐい洗顔により、顔を擦りすぎて症状がひどくなる方が一部いらっしゃいます。その場合は、さら皮を無効とするのではなく、近医を受診しましょう症状がを放置するのはよくありません。例えば、皮がめくれてきたら不安になってしっかりとファンデーションで塗り固めないといけな気持ちになってきますが、それでは治るものも治りません。

毛穴

手ぬぐい洗顔のメリットのひとつとして、毛穴汚れにいということです毛穴というの分泌腺の出口でもあります。

毛穴について突きつめると、毛根が生えている場所に脂腺が合流して肌の表面気露出してい穴のことです。汗腺と独立し開いています。いわゆるTゾーンと呼ばれる額と鼻の毛穴では脂腺によ皮脂の分泌が盛んです。また、運動すると汗をかきますが、それは汗腺からの水分のことです。

毛穴の入口が肌であることで、ホコリやファンデーションが毛穴の中に詰まって行きます。それをなるべく自分の手で除去するのが洗顔という動作になります。普通の泡を手で撫でるような洗顔方法よりも、手ぬぐい洗顔のほうが泡を回転させてしっかりと毛穴の中まで届かせることができます。

これにより、手ぬぐい洗顔は毛穴汚れにいいと言われます。毛穴の中のホコリやファンデーションをしっかりと泡で上に押し出し、除去することが出来るからです。

毎日手ぬぐい洗顔をするのは良くないのか?

手ぬぐい洗顔の効果・やり方・頻度・おすすめの石鹸|徳岡

毎日の手ぬぐい洗顔は良くないのかということについて解説していきます。手ぬぐい洗顔のいい所は、クレンジングオイルを使わないところです。アイメイクはクレンジングでないと落ちづらいので、まつ毛や眉毛やアイメイクに対してオイルリムーバーは使わないといけませんが、ファンデーションは手ぬぐい洗顔で事足ります。

ただし、ファンデーションを落とす際に、手ぬぐいで落ちる感じがするからと言って、ゴシゴシ洗ってはいけません。手ぬぐい洗顔は結局のところ、摩擦で化粧落としていることになるので、摩擦の度合いが大きいほど肌への負担は大きくなります。

手ぬぐい洗顔でも、赤ちゃんを洗うような気持ちで優しく洗いましょう。ニキビがある場合は、擦って潰さないような強さが良いです。擦るというよりも撫でると言った方が表現としては近いでしょうか。丁寧に100万円の陶器を洗うような感覚で丁重に扱っていかなければ逆効果です。

たまには休憩日を作ろう

手ぬぐい洗顔の効果・やり方・頻度・おすすめの石鹸|徳岡

手ぬぐい洗顔は毎日してもいいですが、やはり摩擦がどうしても発生します。たまに休憩日を設けて、摩擦ゼロの日を作った方がいいでしょう。摩擦が肌に1番よくありません。アカスリは最悪とも言えます。いくら優しく手ぬぐいを使って肌を撫でたところで、布対肌なの摩擦が発生しています。化粧をしない日を作り、水やお湯で洗って事足りるという休憩日が必要です。

手ぬぐい洗顔のやり方とは?

手ぬぐい洗顔の効果・やり方・頻度・おすすめの石鹸|徳岡

手ぬぐい洗顔のやり方について解説していきます。ひとえに手ぬぐい洗顔と言ってもやり方を間違えると肌にとってはものすごい刺激になってしまうので、しっかり頭に入れておきましょう。

新しい手ぬぐいを洗おう

まずは手ぬぐの扱いからです。手ぬぐい洗顔で使う手ぬぐいは、新しいものを買ったらそのま使ってはいけません。1回水洗いをして丸一日日陰で干しておきましょう。水洗をする理由は、2つあります。

ひとつは、ホコリや表面のノリをとるためです。ホコリは工場で布が作られているときから付着します。梱包や出荷の段階でどんな空気に晒されているか分からないのしっかり汚れを落としましょう。自分の大切な顔洗うものですので、常に清潔にしておきたいものです。また、商品として売るためにノリでパリッとさせている場合があるので、ノリを落としましょう。

2つ目はしなやさかを出すためです。手ぬぐいは最初は繊維が固く真っ直ぐになっています。もちろんノリのせいでもありますが、やはり水洗いで1回ぐしゃぐしゃ洗わなければ柔らかい動きをしてくれません。しっかりと毛穴汚れを落とすために生地をやわらかくしましょう。

石鹸を泡立てて肌を洗おう

手ぬぐい洗顔の効果・やり方・頻度・おすすめの石鹸|徳岡

手ぬぐい洗顔では、泡立てることとても大事です。たくさん水を含ませてしっかりと泡立てましょう。よく普通の洗顔でも言われるとおり、手ぬぐいと肌の間の泡で顔を洗うようにしましょう。泡立てが甘いと、手ぬぐいの繊維で肌を摩擦しきずつけてしまうからです。

しっかりと泡立てたら、人差し指に布をかけて赤ちゃん肌を撫でるように力をかけず優しくくるくると小さく円書きましょう。ゴシゴシと摩擦をしなくてもしっかり汚れは落ちます。指や手で洗っている時と変わらず、いやそれよりもさらに優しく肌を労りながら洗いましょう。

男性の方特に力が入りやすいです。ですから、男性の方は、触れるか触れないかくらいの力で洗うようにしましょう。

石鹸なしではできる?

石鹸なしでは手ぬぐい洗顔はできるか否かについて解説していきます。答えからいうと、石鹸なしでは手ぬぐい洗顔をすべきではありません。しても良いですが、泡による摩擦の吸収が無くなるのは、肌にとっては大ダメージです。石鹸がない場合は手ぬぐい洗顔やめた方がいいです。

しかも、泡がなければ界面活性作用によって汚れ落とすことができません。ファンデーションや顔についた汚れを取りたければ石鹸なしではすすぎを延々としなければいけません。さらに、すすぎをしてもどうしても無理な場合もあるので、石鹸なしでの手ぬぐい洗顔は本当におすすめしません。

手ぬぐい洗顔の頻度・手ぬぐい洗顔におすすめの石鹸

手ぬぐい洗顔の効果・やり方・頻度・おすすめの石鹸|徳岡

手ぬぐい洗顔は頻度としては毎日やって構いません。しかし、もし肌が荒れてきたら一旦やめ普通の洗顔にも戻すべきです。おすすめの石鹸は、着色料か付いていない純粋な石鹸です。牛乳石鹸がが安仕入れることも出来るのでおすすめです。

手ぬぐい洗顔におすすめの手ぬぐいとは

手ぬぐい洗顔においておすすめの手ぬぐいについて解説していきます。手ぬぐい洗顔において大切なことは、布の生地の目が細かいことと、塗料が付いていないことです。ですから、簡単に100円ショップで手ぬぐいは手に入りますが、手ぬぐい洗顔をする上では向きません。手ぬぐい洗顔をするならしっかりと基本となる手ぬぐいにお金をかけましょう。

いい手ぬぐいでも、1枚500円からと手軽です。洗顔料を買うよりも安い値段で手に入れることができます。ですから、基本の手ぬぐいを1000円前後で揃えて3ヶ月ほど使い続けるのが1番コストパフォーマンスが良いです。3ヶ月ほど経ったら新しい手ぬぐいに変えましょう。

高いものを選ぶ必要はない

石鹸自体は100円前後で手に入れることができます。石鹸の選び方は上記の通りです。3ヶ月で1500円以内という計算になり、とてもお得であることがわかります。あとは手ぬぐい選びにどれだけのこだわりを見せるかです。手ぬぐいは、もちろん高級な方が目が細かくて肌に優しくなりますから、お肌のためにも少し高いものを選ぶといいでしょう。

ただし、ほんの細かい違いですので、手ぬぐいは500円以上なら手ぬぐい洗顔の効果が期待できます。1万円もお金をかける必要は無いです。

徳岡

手ぬぐい洗顔で重要な手ぬぐい生地ですが、徳岡生地がいちばんキメが細かく、手ぬぐい洗顔に向いています。キメの細かさの基準として、文生地(粗め)、岡生地(キメ細かい)、徳岡生地(キメが1番細かい)があります。やはり、洗顔をする上では徳岡生地が肌を傷つけず汚れをしっかりと落とすことができます。

手ぬぐい洗顔は正しい知識を持った上でやろう

手ぬぐい洗顔の効果・やり方・頻度・おすすめの石鹸|徳岡

今回、手ぬぐい洗顔について解説していきました。新しく手ぬぐい洗顔を始めようとする方にとってとても参考になるはずです。手ぬぐい洗顔の効果、手ぬぐい洗顔の頻度、やり方について詳しく解説しました。また、手ぬぐい洗顔をするにあたっておすすめの石鹸や手ぬぐいの種類をご紹介しました。

手ぬぐい洗顔は1歩間違えるととても肌にとっては負担がかかる洗い方ですので、正しい知識を持った上で挑戦しましょう。日本美人を目指して手ぬぐいを使いこなしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました