看護師と患者の恋愛はありえるのか|看護師と患者の恋愛が多い診療科

ベビー・子育て

看護師と患者の恋愛はありえるのか?

看護師と患者の恋愛はありえるのか|看護師と患者の恋愛が多い診療科

恋愛はいつ、どこで起こるか分からないものであり、恋心というのは突然にやってくるものです。看護師は出会いの少ない職業としても有名でありますが、異性と全く出会わないわけではありません。

職場でも医者や介護士、薬剤師などとの出会いがありますし、患者であっても異性であることに変わりありません。男女が一緒にいれば恋愛は起こりえるものですし、看護師と患者の関係であっても恋愛関係に発展しないとは限りません。 看護師と患者の恋愛はドラマなどでも良く描かれておりますし、白衣の天使のイメージのある看護師は入院患者にとっては憧れの存在でもあります。看護師も患者に対して好意を抱くこともあり得ますが、実際に看護師と患者の恋愛はありえるのでしょうか。

恋に落ちることはある

結論から言えば看護師と患者の関係であっても恋に落ちてしまうことはあります。患者にとっては看護師は自分のことを世話してくれる存在ですし、看護の業務で患者と距離が近づくこともあります。

看護師は肉体的にだけではなく、精神的なサポートも大切ですので、コミュニケーションを取り、距離が縮まれば相手への信頼が恋心に変わることはあります。看護師も人間ですし、患者の世話をしていれば母性本能が芽生え、恋愛の感情を抱いてしまうこともあります。 多くの職場で職場恋愛があるように、看護師と患者の恋愛は職場恋愛の形の一つです。恋愛の形は様々ですし、看護師と患者の関係から恋愛に発展することは充分にあり得ます。

忙しすぎて恋愛に発展しない

看護師と患者の関係であっても恋愛へと発展することはありますが、それはあくまで可能性があるという話です。全ての看護師が患者に対して恋愛感情を抱くわけではありませんし、その逆も然りです。

また看護師の仕事は非常に忙しく、責任感が必要な仕事でもありますので、仕事中は忙しく恋愛どころではない場合も多いです。恋愛に現を抜かしていれば、ミスを犯してしまう可能性もありますし、そのミスが人命に関わることもあります。 看護師は一つのミスが大変なことに繋がりかねない仕事でもあり、常に緊張感を持って取り組まなければならないため、仕事中は全く恋愛のことが考えられないという人も多いです。看護師と患者で恋愛に発展するかどうかは個人によって大きく異なるとも言えます。

病院の決まりで恋愛禁止

看護師は勤める病院によって労働環境が大きく変わる仕事でもあり、ある病院では許されていたことが、他の病院では許されないということもあります。病院ごとに取り決めが違うことも多く、中には病院の決まりとして看護師と患者の恋愛を禁じている場合もあります。

看護師は患者全員に平等に看護のサービスを提供する必要がありますし、恋愛感情があると仕事にも影響してしまう場合もあります。また患者に好意を伝えられても、看護師にその気がなければトラブルに繋がることもありますので、距離が近くなれば担当から外すなどの処置をとり、恋愛関係にならないように配慮している病院も多いです。 規則として定められていない場合でも基本的には看護師と患者の恋愛はタブーとしている病院は多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました