白髪隠しおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ヘアスタイル

白髪隠しの種類と選び方

白髪染めにはどんな種類があるのか、どのように使ったら良いのか、悩んでいる方にはぜひ参考にしてはいかがでしょうか。自分に合う白髪隠しをやって、失敗しないように参考にしてください。

白髪隠しの種類

髪の毛の白髪はすごく気になります。特に生え際や根本は見えやすいのでどうにか隠したいと考えてしまします。そこで今回は白髪隠しに良い商品や選び方などを紹介していきます。

白髪隠しの種類は、いろいろな種類があります。ハケで塗るタイプに染め剤やスプレータイプ、くし型タイプ、マニュキュアタイプ、マスカラタイプ、刷毛タイプ、、トリートメントタイプなどさまざまです。

白髪隠しの選び方

白髪隠しの選び方は、自分にあったものを探さなければいけません。しかしたくさんの種類があり、どの商品を使えば良いのか難しいです。たくさんの白髪隠しのタイプもあります。先ほども紹介しましたが、少しの白髪ならその部分だけを隠すマスカラタイプがおすすめです。刺激に弱い方なら、マニキュアやトリートメントなどの白髪隠しもおすすめです。

白髪がとても気になり隠したいなら、ハケやくしで塗る染め剤を使う方が多いのでおすすめです。染め粉でも染まりにくいものもありますので、いろいろなものを使って自分にあったものを見つけだすことをおすすめします。また、体調が不調な時には染まりにくい時もあります。

白髪隠しおすすめ人気ランキングTOP3

白髪隠しおすすめ人気ランキングTOP3をまとめてみました。白髪染めにはどんなものを使えば良いのか悩んでいる方には必見です。

ランキング3位:「利尻ヘアカラートリートメント」

利尻ヘアカラートリートメント
利尻ヘアカラートリートメント

¥ 3,150
口コミ

部分白髪用に使ってます。 その部分だけさらさらになるくらいです。 2回も使えば部分的な白髪は目立たないです。

利尻ヘアカラートリートメントは通信販売の商品になりますが、白髪隠しの商品としては根強い人気です。その理由は髪の毛に優しいノンシリコンで無添加だからです。しかも髪の毛を脱色して染めるわけではなく、髪の毛をコーティングするやり方なので、傷めることがありません。

染めてしまうと、どうしてもゴワゴワの髪の毛になったり、肌が弱い方は、頭皮などのトラブルになってしまいます。しかも潤い成分も配合しているので、ツヤ感も出ます。 利尻昆布で作られたこの商品は、シャンプーした後にこのトリートメントをつけて10分ほど放置した後に、色水がなくなるまで流します。少しずつ入っていき白髪隠しができます。しっかりと染めたい方は、乾いた髪に塗り、サランラップで髪の毛をまき、30分放置してシャンプーすると良いでしょう。

ランキング2位:ビゲン香りのヘアカラークリーム

ビゲン香りのヘアカラークリーム
ビゲン香りのヘアカラークリーム
口コミ

クリームタイプで使いやすく、液が垂れることもありません。 使いたい分だけ使用できるので、生え際だけの部分染めなどに便利で経済的です。

ホーユー ビゲン 香りのヘアカラー クリームは、クリームタイプになります。クリームタイプだと、髪の根元までしっかり密着するので染めにくい元気のある白髪みをしっかり染めることができます。このシリーズは、乳液タイプもあり、コームが取り付けられているので、こちらも人気です。

この商品の特徴は、染料が外に流れてしまうのを抑えて、持続して髪色をキープしてくれます。染めてしばらくすると、どうしてもキラキラと白髪みが目立ってきてとても気になってしましますが、この商品はそのキラキラ浮くのを抑えてくれます。 ほのかなアロマの香りを採用していますので、ツンとしません。配合もツヤ成分(ツバキオイル、オリーブオイル、ここなっオイル)と潤い成分(ヒアルロン酸)が入っていますので、髪の毛の痛みからも守ってくれますのでおすすめです。

ランキング1位:ホーユー シエロ ヘアカラー

ホーユー シエロ ヘアカラー
ホーユー シエロ ヘアカラー
口コミ

シエロ ヘアカラーEX クリーム は、15分 放置できれいにしっかりと染まってくれるので、忙しい毎日に助かっています。

ホーユー シエロ ヘアカラーEXクリームはとても人気があります。それは薬剤を混ぜなくてもすぐに使えるからです。付属のコームがついていますので、初めての方も髪をとかすだけで簡単に、染めることができます。しかもを必要な分だけを押して使えます。

5つのツヤ成分 (グレープシードオイル、ユーカリオイル、月見草オイル)とケア成分(海洋コラーゲン、機能性アミノ酸)が入っているので、髪の毛にも優しいです。 色が長持ちして髪の毛もきれいに染め上がります。 匂いも気になるところですが、フローラルの香りで、嫌なにおいをしっかり抑えることができますのでおすすめです。

特徴・用途別おすすめの白髪隠し

白髪隠しをするのは、本当に大変です。どんなものを使えば良いのか、どういうものがあるのか分からないほどの商品ややり方などあります。今回紹介するのは、用途別にまとめてみましたので、参考にしてはいかがでしょうか。

スプレー

サロンドプロカラーオンスプレー
サロンドプロカラーオンスプレー
口コミ

(口コミ)頭頂部の白髪を簡単に染めることができます。塗るものに比べて若干地肌につくのは仕方ないですね。帽子などに色が移ることもない感じです

白髪隠しの種類ではスプレーがあります。このスプレーは、ちょっと気になるところに吹きかけたり、白髪が出てきたところを隠すためにスプレーする即席の染め用品です。広範囲もスプレーできるのも特徴です。しかもシャンプーですぐに落とすことができるので、おすすめです。

カラー

ブローネ泡カラー
ブローネ泡カラー
口コミ

初心者でもとても使いやすい品でした。使用する前は、泡がへたる事も無くシッカリとコシの有る泡でセミロングの髪も上手く泡で纏められました

定番のカラーになります。しっかりと染めたい方むきになります。カラーもクリームタイプ、乳液タイプ、ムースタイプに分かれますが、根元をしっかりと染めたい方は、クリームタイプが良いでしょう。

まだ染める範囲が広くなければ、白髪隠しのカラー染めは、泡タイプなら簡単にくしゅくしゅと髪の毛に絡ませるだけなので、おすすめです。 カラー染めは、全体的に髪の毛を染めることもできるので、下部分の髪の毛の色も変えられますし、色のイメチェンもできます。生え際だけを隠す時も、そこだけ染められますのでお手軽ですのでおすすめです。

ファンデーション

アモロス 黒彩 ヘアファンデーション
アモロス 黒彩 ヘアファンデーション
口コミ

付きがよくてとても薄く伸ばせます。 白髪染めを美容院でしても、3週間すると分け目が目立ってきます。そういうときのピンチにとても便利です。量も多いし、コスパがいいです。

ファンデーションタイプは、染めてから時間が経つとん根本から見えてくる白髪をなんとか隠したいと願う人におすすめのファンデーションです。顔の生え際や分け目の目立ってきた白髪を簡単にカバーすることができるファンデーションです。

ファンデーションのようにスポンジでつけるのですが、広範囲につけるのが特徴で、細かい白髪隠し部分にはおすすめできません。また薄毛に悩んでる方が、薄毛を隠すためにも使用していますので、白髪隠しと薄毛に悩んでる方にはぜひおすすめしたいです。 持ち運ぶも小さいので、化粧ポーチに入れておけば鏡で白髪が目立つ時に隠すために気になる部分にさっとつけることができるのでおすすめです。

ウィッグ

FESHFEN ウィッグ ポイントウィッグ
FESHFEN ウィッグ ポイントウィッグ

¥ 3,280

コメント

タイトルとURLをコピーしました