マッサージオイルのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

ボディケア

マッサージオイルの種類と選び方は?

マッサージオイルのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

マッサージオイルを購入しようと思っても、たくさんの種類があって迷ってしまう人も多いでしょう。マッサージオイルには、いったいどんな種類があるのでしょうか。また、どんな基準でマッサージオイルを選べば良いのでしょうか。マッサージオイルの種類と選び方について解説していきます。

マッサージオイルの種類は?

マッサージオイルは、たくさんの種類の物が販売されています。マッサージオイルには、いったいどんな種類の物があるのでしょうか。マッサージオイルの種類について解説していきます。

ホホバオイル

マッサージオイルのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

ホホバオイルの「ホホバ」は、メキシコなどに自生している植物です。ホホバオイルは、抗酸化作用と抗菌力が高いため、医療の現場でも、ステロイドの代わりとして使われることもあります。

ホホバオイルの効果としては、アンチエイジングの効果が期待できます。老化が気になる方におすすめのオイルです。

アルガンオイル

アルガンオイルの「アルガン」は、モロッコの砂漠がけに生息している植物です。枯れない植物として有名で、その分美容に対するパワーを持っているとされています。

アルガンオイルは、抗酸化物質がたくさん含まれていて、身体の活性酸素を除去してくれる働きがあります。活性酸素が除去されることで、乾燥やアンチエイジングに高い効果を発揮してくれます。

ココナッツオイル

マッサージオイルのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

ココナッツオイルは、少し前に爆発的な人気を博したオイルです。ココナッツオイルは、ココナッツの実から採取することができます。

ココナッツオイルにはビタミンEが豊富に含まれているため、乾燥やかゆみを改善してくれる効果があります。また、浸透性が高く、べたべたしないこともココナッツオイルの特徴の1つです。食用としても使用できます。

オリーブオイル

マッサージオイルのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

オリーブの実から採取することができるオリーブオイルは、食用としても広く普及しています。オリーブオイルには、肌を保湿する効果や、硬くなった肌を軟らかくする効果などがあります。肌を軟らかくすることによって、毛穴の開きや汚れなどのトラブルを解消してくれる効果もあります。

椿オイル

椿オイルは、椿の実から摂取できるオイルです。ヘアケアに使用されることで有名な椿オイルですが、肌にもとても良い作用があります。

椿オイルの効能としては、シミ予防や肌荒れ、乾燥肌の改善、日焼け予防などの効果があります。乾きにくいオイルなので、保湿にも最適です。

ローズヒップオイル

マッサージオイルのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

ローズヒップオイルは、「ローズヒップ」というバラの一種から摂取することができるオイルです。ローズヒップオイルには、ビタミンAやビタミンC、ビタミンEなどが豊富に含まれており、シミ、しわ、くすみなどに効果があります。

また、お肌の水分バランスを正常にしてくれるので、乾燥肌だけではなく、オイリー肌の人にも良い効果があります。

馬油

マッサージオイルのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

馬油は、馬から摂取できる油のことです。馬油は血行促進効果があり、新陳代謝を良くしてくれる効果があります。血行促進によって、顔色が明るくなったり、シミをとる効果もあります。また、馬油は保湿効果も高く、乾燥肌を改善する効果もあります。

マッサージオイルの選び方は?

マッサージオイルにはたくさんの種類がありましたが、たくさんの種類の中から、どのような基準でマッサージオイルを選べば良いのでしょうか。マッサージオイルの選び方について解説していきます。

使用する部位で選ぶ

マッサージオイルのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

マッサージオイルを選ぶ時には、使用する部位から選ぶことも大切になります。例えば、顔にマッサージオイルを使用したい場合は、ボディ用のマッサージオイルを使用してしまうと、顔がピリピリしたり、肌荒れなどの原因になってしまうことがあります。

マッサージオイルを選ぶ時には、どこに使用したいのか、使用する部位を考えて選ぶことがおすすめです。

香りで選ぶ

マッサージオイルのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

マッサージオイルはたくさん販売されていますが、1つ1つ香りが違います。お風呂上りなどに使用することが多いマッサージオイルは、香りの効果でリラックスすることもおすすめです。

そのため、自分の好きな香りのマッサージオイルや、リラックスできる香のマッサージオイルを選ぶこともおすすめです。

テクスチャーで選ぶ

マッサージオイルにはたくさんの種類がありますが、マッサージオイルによってテクスチャーもさまざまです。べたべたせずにサラッとしたテクスチャーのマッサージオイルや、身体にまとわりつくようなテクスチャーのマッサージオイルまでさまざまです。

「べたつく物は嫌だ」「使用後にしっとりする物が良い」など、マッサージオイルのテクスチャーから選ぶこともおすすめです。

効能で選ぶ

マッサージオイルを選ぶ時には、マッサージオイルの効能から選ぶこともおすすめです。乾燥肌の人は、しっとりと保湿効果のあるマッサージオイルを選ぶと良いでしょう。

また、ダイエットをしたい人は、血行促進効果や、新陳代謝をアップする効果のあるマッサージオイルを選ぶことがおすすめです。

値段で選ぶ

マッサージオイルのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

マッサージオイルはたくさんの物が販売されていますが、お値段もさまざまです。安いマッサージオイルは、数百円~千円前後で購入することができますが、高い物は、数千円から一万円近いお値段の物もあります。使う頻度やご自身の予算から、マッサージオイルの値段を考慮して選ぶことがおすすめです。

マッサージオイルのおすすめ人気ランキングTOP3は?

マッサージオイルにはたくさんの種類がありましたが、そんな中でもおすすめのマッサージオイルはどんな物があるのでしょうか、おすすめの人気マッサージオイルTOP3を紹介していきます。

ランキング3位「マークスアンドウェブ」

「マークアンドウェブ」ハーバルオイル
「マークアンドウェブ」ハーバルオイル

マッサージオイルおすすめ人気ランキング第3位は、「マークアンドウェブ」のマッサージオイルです。マークアンドウェブは、肌に優しい自然派の美容化粧品を多く扱っているブランドです。

そんなマークアンドウェブのマッサージオイルは、ナチュラルな成分でできているため、ボディのマッサージオイルとしてはもちろん、フェイスのスキンケアや、ヘアケアにも使用することができる万能オイルです。

ランキング2位「ヴェレダ」

「ヴェレダ」ホワイトバーチボディオイル
「ヴェレダ」ホワイトバーチボディオイル ¥ 4,104
口コミ

他のシリーズも使っていますが、冬の乾燥シーズンにはやっぱりオイルが一番浸透しますね。 香りも上品なので大好きです。

マッサージオイルおすすめ人気ランキング第2位は、「ヴェレダ」のマッサージオイルです。「ヴェレダ」はドイツの化粧品ブランドで、マタニティや赤ちゃん向けのオイルなども販売しています。

そんなヴェレダのマッサージオイルは、主に太ももや腰、お腹などのボディに使用することがおすすめです。香りが少々きつい柑橘系の香りのため、顔への使用は控えた方が良いでしょう。

ランキング1位「無印良品」

「無印良品」ホホバオイル
「無印良品」ホホバオイル
口コミ

肌が柔らかくなりました(^ ^)アロマで香りづけをして使用しています

マッサージオイルおすすめ人気ランキング第1位は、「無印良品」のマッサージオイルです。無印良品のマッサージオイルは、100%ホホバからできているオイルで、ボディのマッサージだけではなく、フェイシャルケアやヘアケアにも使用することができます。100%ホホバ由来で、添加物や香料を一切使用していないところが、おすすめのポイントです。

特徴・用途別おすすめのマッサージオイルは?

マッサージオイルを購入するときには、特徴や用途別にもおすすめのマッサージオイルが変わってきます。特徴や用途別におすすめのマッサージオイルを紹介していきます。

スポーツ用のマッサージオイルのおすすめは?

「生活の木」有機アルニカオイル
「生活の木」有機アルニカオイル ¥ 972

スポーツようのマッサージオイルでおすすめのマッサージオイルは、「生活の木 有機アルニカオイル」です。スポーツ後の疲れた体をマッサージしたり、スポーツ前のケガの予防マッサージなどに使用することがおすすめです。

アルニカの花をサンフラワーオイルに漬け込んだ浸出油で作られており、スポーツ後の傷や疲労した身体に有効なマッサージオイルになります。

市販のマッサージオイルのおすすめは?

「ジョンソン」ベビーオイル
「ジョンソン」ベビーオイル
口コミ

お風呂上がりの濡れた肌にそのままぬってます。仕上げにボディクリームやミルクを!しっとり肌が柔らかくなります。 髪にも赤ちゃんも使えて万能です! ベタつかないので、オールシーズンつかえて、コスパよし!

市販のマッサージオイルでおすすめなのは、「ジョンソン」のベビーオイルです。ジョンソンは、赤ちゃん用品も扱う化粧品ブランドで、赤ちゃんの肌にも使える優しいマッサージオイルです。

マッサージオイルを使用することで、乾燥肌を改善・予防することができます。ドラッグストアなどで市販することができます。

クリームタイプのマッサージオイルのおすすめは?

「メルヴィータ」アルガンビオオイルインボディクリーム
「メルヴィータ」アルガンビオオイルインボディクリーム

クリームタイプのマッサージオイルのおすすめは、「メルヴィータ」のアルガンビオ オイルイン ボディクリームです。メルヴィータのオイルインボディクリームは、しっとりとしたクリームに、濃密なうるおいのオイルを配合したオイルインクリームです。

クリームのみだとすぐにヘタってしまいますが、オイルが配合されることで滑らかに肌をマッサージすることができます。

むくみ対策のマッサージオイルのおすすめは?

「クラランス」ボディオイルアンティオー
「クラランス」ボディオイルアンティオー

むくみ対策におすすめのマッサージオイルは、「クラランス」の ボディオイルアンティオーです。クラランスのボディオイルは、下半身用のボディオイルで、足のむくみ取りに絶大な効果が期待できるマッサージオイルです。少々お値段はお高いですが、むくみが気になる方にはぜひおすすめしたいマッサージオイルです。

痩せるマッサージオイルのおすすめは?

「ナチュレコ」スキミングリキッド
「ナチュレコ」スキミングリキッド ¥ 1,890

痩せるマッサージオイルのおすすめは、「ナチュレコ」のスリミングリキッドです。セルライトやむくみを解消することに特化したマッサージオイルで、オーガニックオイルのみを使用した自然由来のマッサージオイルです。4種類の香りから選ぶことができ、入浴後のリラックスタイムにもおすすめのマッサージオイルです。

プチプラのマッサージオイルのおすすめは?

「無印良品」マッサージオイル
「無印良品」マッサージオイル

プチプラのマッサージオイルのおすすめは、「無印良品」のマッサージオイルです。無印良品のマッサージオイルは、自然由来でできているマッサージオイルなのに、お値段がとてもお安く、コスパが良いマッサージオイルです。香りも良く、とにかくプチプラのマッサージオイルが欲しいという方におすすめのマッサージオイルです。

敏感肌におすすめのマッサージオイルは?

「ジョンマスターオーガニック」アルガンオイル
「ジョンマスターオーガニック」アルガンオイル ¥ 5,292
口コミ

伸びがよく、フェイスマッサージに使用! これ一つで全身のケアが出来ちゃうところがすごいですね! パサつきが気になるヘアにも、そして肌にも♪ フェイスケアは このオイル→化粧水(ビタミンC誘導体) で十分だと思います。 顔がすっきりして満足です♪ たっぷり使えるのも◎!

敏感肌におすすめのマッサージオイルは、「ジョンマスターオーガニック」のアルガンオイルです。ジョンマスターオーガニックのマッサージオイルは、100%オーガニックアルガンオイルを使用しているため、ボディにはもちろん、フェイスやヘアケアにも使えるマッサージオイルです。USDAというオーガニック認証を認定されているため、敏感肌の人におすすめのマッサージオイルです。

箇所別おすすめのマッサージオイルは?

マッサージオイルは、使用する箇所によってもおすすめのマッサージオイルは変わってきます。箇所別のおすすめのマッサージオイルを紹介していきます。

フェイスにおすすめのマッサージオイルは?

「ニュクス」プロディジューオイル
「ニュクス」プロディジューオイル
口コミ

友人に勧められて購入。 サラサラしたオイルでベタつきはありません。 つけた直後は香りが強いなと感じますが、暫くするととても良い香りに落ち着きます。 また使用した次の日はびっくりするくらい肌質が良い気がします。 ここのスキンケアクリームと一緒に使うと良いと書いてありましたが、僕は普通にニベアソフトと一緒に使ってます。

フェイスにおすすめのマッサージオイルは、「ニュクス」のプロディジューオイルです。ニュクスはフランスのスキンケアブランドで、植物性オイルのため、ボディはもちろん、フェイスにも安心して使用することができます。

また、スプレータイプになっているため、少量使用したいときにも適量を取ることができるのでおすすめです。

脚におすすめのマッサージオイルは?

「生活の木」トリートメントオイルジュニパーレッグ
「生活の木」トリートメントオイルジュニパーレッグ

脚におすすめのマッサージオイルは、「生活の木」の、トリートメントオイルジュニパーレッグです。名前に「レッグ」とついているほど、脚のマッサージに特化したマッサージオイルです。

ホホバ油やヒマワリ油、オリーブ油などから生成されており、もちろんボディ全体にも使用することができます。

おすすめのマッサージオイルのメーカー・ブランド3つと代表製品は?

マッサージオイルの中でも、特におすすめのメーカーやブランド3つを紹介していきます。また、それらのメーカーやブランドの代表製品も紹介していきます。マッサージオイルのブランドやメーカーは、どんなブランド・メーカーがあるのでしょうか。

ヴェルダ

「ヴェルダ」ホワイトバーチボディシェイプオイル
「ヴェルダ」ホワイトバーチボディシェイプオイル ¥ 4,104
口コミ

毎日の旦那の全身マッサージ用にかいました。 何もなしでマッサージするのには手の負担が大きく、最初はココナッツオイルを使用していましたがあまり伸びが良くありませんでした。 こちらを購入して使って見ると専用なだけあり、すごく伸びが良く香りもとてもいいです。 箇所マッサージするほどでしたらキャップ1杯もいらないくらい、十分なくらいです。

マッサージオイルのおすすめのメーカー・ブランドは、「ヴェルダ」というブランドです。「ヴェルダ」は、ドイツ生まれの化粧品ブランドで、オーガニック化粧品など数多く扱っています。ヴェルダのマッサージオイルは、日本でも幅広い世代から愛されるマッサージオイルです。

そんなヴェルダの代表的なマッサージオイルは、「ホワイトバーチ ボディシェイプオイル」です。ヴェルダの中でもスタンダードなマッサージオイルで、主にボディに使用することがおすすめです。

ザ・ボディショップ

「ザ・ボディショップ」タイ スティミュレーティングマッサージオイル
「ザ・ボディショップ」タイ スティミュレーティングマッサージオイル ¥ 3,024

マッサージオイルのおすすめのメーカー・ブランドは、「ザ・ボディショップ」というブランドがあります。「ザ・ボディショップ」は、シャンプーやボディソープ、ボディクリームやスクラブなど、スキンケア系の化粧品を中心に扱っているブランドです。

そんな、ザ・ボディショップの代表的なマッサージオイルは、「タイ ファーミング&トーニングボディオイル 」です。タイの女性たちに親しまれている「マックルーライム」に着目したブレンドオイルです。 天然由来ですが、ブレンドオイルのため、主にお腹周りや太ももなど、ボディに使用することをおすすめします。

DHC

「DHC」ベースマッサージオイル
「DHC」ベースマッサージオイル
口コミ

サイズを間違えてしまった。痛恨のミス これはこれで結構使えましたけど。

マッサージオイルのおすすめのメーカー・ブランドは、「DHC」です。DHCは、化粧品などを中心に製造・販売を行っている日本のメーカー・ブランドです。

そんなDHCの代表的なマッサージオイルは、「DHCベースマッサージオイル」です。無香料で、バージンオリーブオイルやアボカドオイル、ホホバオイルなどから生成されています。 同じくDHCのエッシェンシャルオイルと合わせて使用すると、オリジナルのアロマオイルとして使用することができます。お値段がとても安いので、安いマッサージオイルが欲しい方にもおすすめです。

マッサージオイルの活用方法と楽しみ方は?

マッサージオイルのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

マッサージオイルにはたくさんの種類があり、さまざまな基準で選ぶことができますが、いざマッサージオイルを購入したら、どのように活用すれば良いのでしょうか。マッサージオイルの活用方法や楽しみ方について解説していきます。

マッサージオイルの基本的な使い方は?

マッサージオイルの基本的な使い方は、まず、500円大くらいのマッサージオイルを手に取り、身体の気になる部分に円を描くようにして馴染ませます。

その後、脚なら足首から太ももの方向へ、二の腕なら脇の方に向けて、心臓から遠いところから、心臓に向けてマッサージを行います。 オイルが少量過ぎると滑りが悪くなるので、オイルは惜しみなく使用するのがポイントです。オイルの潤滑効果によって、肌への摩擦を軽減してくれます。

スクラブにして使用する

マッサージオイルの活用方法として、オイルの中に砂糖を入れ、スクラブとして使用するという方法があります。砂糖を入れたオイルを膝やかかとなど、肌のガサガサや凸凹が気になる部分を円を描くようにマッサージします。マッサージ後、シャワーでしっかりと洗い流せば、古い角質が取り除かれ、つるつるのお肌になります。

クリームと混ぜて使用する

マッサージオイルを、クリームと混ぜて使用するという活用方法があります。クリームと混ぜて使用することで、より保湿効果が高まり、乾燥肌を改善してくれます。オイルのみでのマッサージが苦手という方は、クリームとオイルをブレンドして使用してみましょう。

アロマオイルとして使用する

マッサージオイルのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

マッサージオイルの活用方法として、アロマオイルとして使用すると言う活用方法があります。マッサージオイルの中には、アロマエッセンスが別売りされていることもあり、同じブランド・メーカーのアロマエッセンスを使用しても良いでしょう。

マッサージオイルにアロマエッセンスを加え、アロマオイルにすることで、お風呂上りなどのリラックスタイムを、さらに極上の時間にすることができます。

自分に合ったマッサージオイルを選ぼう!

マッサージオイルのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

今回は、マッサージオイルの種類や選び方、また、おすすめのマッサージオイルや、マッサージオイルの活用方法や楽しみ方などについて解説しました。

マッサージオイルにはたくさんの種類があります。自然由来の物や、ダイエットや敏感肌に向いている物までさまざまです。 香りやテクスチャーなども、自分に合った物とそうではない物があるでしょう。ぜひ自分の使用したい用途や、好みの香りや感触に合わせて、自分に合ったマッサージオイルを選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました