社会不適合の特徴11・社会不適合者に向いている仕事

仕事ノウハウ

社会不適合者とはなにか

社会不適合の特徴11・社会不適合者に向いている仕事

社会で生活をするためにはルールがあります。このルールは社則や法律などのように、誰かが管理して、守らないと罰則があるわけでもありません。

しかし、社会のルールは誰に言われなくても守ることが常識とされていて、社会のルールに従わない人は常識のない人と思われることがあります。また、中にはどうしても社会のルールが自分の考えに合わなくて、従えない人もいます。このような人は社会不適合者とされることがあります。

社会不適合という病名はない

身体的特徴や病気などで社会のルールを守ることが難しい人もいます。しかし、そのような人たちも何とか社会で生活できるように努力をしています。なので、このような場合は当然ながら社会不適合者には当てはまりません。

社会不適合者の人は自分が社会のルールを守れる状況になりながら、そのルールを守らない人のことを主に指します。なので、社会不適合というのは病名ではありません。

社会不適合者の11の特徴

社会不適合の特徴11・社会不適合者に向いている仕事

社会不適合者は社会のルールを守れる状況でありながら、そのルールを守れないことを指します。社会不適合者が社会のルールを守れないのは、その社会不適合者が持つ特徴や性格が原因となってしまっている場合もあります。

社会不適合者は遅刻をしない、やるべきことをやる、他人の気持ちを考えるなどのルールを守らないため、注意をしないと本人にとっても、近くにいる人にとっても、面倒な状況を招いてしまいます。

特徴1「ルールに従えない」

ルールを作る理由の1つには、多くの人を迷うことなく行動をしたり、間違った判断をしないようにするということがあります。そのため、ルールは不特定多数の人に向けて作られます。

しかし、多くの人に適用させるためには個人の個性や主張を配慮することはできません。そのため、ルールが合わずに我慢をしながら従っている人もいます。ですが、社会不適合者の中には作られたルールが自分に合わないと反発して従わない人がいます。

特徴2「人間不信である」

社会のルールのように誰かが決めたわけではないルールもあれば、社則や法律などのように、人を従わせるために、誰かが作ったルールもあります。人が作ったルールでも、立場や状況などによって守らなければいけません。

しかし、社会不適合者の中には、極度の人間不信である人もいます。そのため、作られたルールに従うことに恐怖や反発を感じる場合があります。また、このようなタイプは上司や先輩などの指示も受け入れられません。

特徴3「人を見下す」

社会不適合者の中には、能力が高すぎてルールが守れないという人もいます。能力が高すぎると、自分であればこうするなどの改善点をルールから見つけたりします。すると、自分のやり方を通してしまうため、ルールを破ることになります。

また、上司や先輩などの目上の人から指示を受けたとしても、自分の方が能力が高いということで、自分の方が正しいと思って指示通りに動かないことがあります。

特徴4「虚言壁がある」

社会不適合者の中には、周囲からの印象を非常に気にする人がいます。そのため、周囲からの印象や評価を気にするがあまり、大きく話しを盛ってしまったり、嘘をついてしまう場合があります。

虚言と気がつかずにその言葉を信用してしまった人は、その人を過大評価してしまうことになります。しかし、虚言はすぐにバレてしまいます。すると、相手にガッカリされてしまうだけでなく、信用も失ってしまいます。

特徴5「極端に時間にルーズ」

社会不適合の特徴11・社会不適合者に向いている仕事

コメント

タイトルとURLをコピーしました