若作りおばさんの痛い特徴9選/意味・若作りからの脱出方法

性格・タイプ

若作りとは

女性にとって美は永遠のテーマです。いつまでも美しくありたいと努力する女性は素敵ですが、ついつい在りし日の自分に執着してしまい、若作りしてしまってはいませんか。

実年齢よりも若く見せようとして、若い人が好むメイクやファッションを年齢不相応に真似することを、若作りと言います。多くの場合、若作りとはネガティブな意味合いで使われる言葉であり、「無理に若く見せようとして痛々しい」という印象をもたれがちです。

若作りおばさんの痛い特徴9選

若作りおばさんの痛い特徴9選/意味・若作りからの脱出方法

大人の女性には大人の魅力があります。いつまでも10代・20代の若さに固執して、自分を無理に若く見せようとする若作りおばさんは、とても痛々しく滑稽だと言えるでしょう。

ここからは、そんな若作りおばさんの痛い特徴を9つご紹介していきます。大人女子のみなさんは、以下で取り上げる特徴に自分が当てはまっていないかどうかチェックしてみてはいかがでしょうか。

ファッション

まずは、痛い若作りおばさんのNGファッションについてみていきましょう。人によって個人差もありますが、一般的にアラサーになった女性は以下で取り上げるファッションをすると、「若作りをして痛々しい」と思われてしまいます。

また、男性からもモテなくなってしまいますので、できるだけアラサーになったら以下のようなファッションからは卒業するようにしましょう。

1:ミニスカート

若作りおばさんの痛いNGファッションとしてまず挙げられるのが、ミニスカートです。欧米などではアラサー以上の女性でも堂々と素足でミニスカートを履く女性も少なくありませんが、保守的な日本では大人の女性がこのような格好をすると「若作りをして不格好だ」とマイナスの評価をされてしまいます。

いくら美脚をアピールしたいからと言って、年齢不相応なミニスカートを履くのは大人女子には不適切だと言えるでしょう。

2:フリルやリボンのついた服

フリルやリボンのついた子供っぽい服も、大人の女性が着ると「痛い若作りおばさん」だと思われてしまいますので注意しましょう。

もちろんバッグなどの小物に小さめのリボンが一点だけついているぐらいならば問題ありませんが、少女趣味万回のフリフリのデザインの服は、大人の女性にはNGです。 どんなに童顔であっても、顔と服のギャップが出てしまい、「がんばって若作りしている痛い人」だとマイナスの評価をされてしまいます。

3:若者向けブランドを愛用

若作りおばさんの痛い特徴として、若者向けのブランドを愛用しているということも挙げられるでしょう。大人の女性には、年齢にあった落ち着いた大人向けのブランドが一番です。

どうしても若者向けのブランドのアイテムを取り入れたいならば、小物など目立たないもの一点だけにしましょう。全身若者向けのブランドでコーディネートしてしまうと、安っぽい印象になってしまいます。

メイク

若い頃に覚えたメイクを、30代・40代になっても同じように続けているという女性も少なくないことでしょう。メイクを変えるのはなかなか勇気のいることですし、難しいことでもあるからです。

しかし、だからといっていつまでも昔のメイクをし続けていると、痛い若作りおばさんになってしまいます。ここからは、若作りおばさんのNGメイクの特徴についてみていきましょう。

1:つけまつげ

若作りおばさんの痛いメイクとしてまず挙げられるのが、つけまつげです。目を大きく見せようとして、年齢に合わないつけまつげをしていると余計に老けが目立てしまいますし、何より痛々しい印象を与えてしまいます。

また、つけまつげだけでなく、まつげエクステにも注意が必要です。若い頃の感覚でバサバサの長いまつげエクステをしてしまうと下品になってしまうので、量や長さを調節して自然な仕上がりにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました