若作りおばさんの痛い特徴9選/意味・若作りからの脱出方法

性格・タイプ

2:ギラギラのラメ

ギラギラのラメが入ったアイシャドウを使っているということも、若作りおばさんの痛いNGメイクだと言えるでしょう。

もちろん上品な仕上がりになる微細なラメ入りのものならば問題ありませんが、誰もが見てわかるようなギラギラのラメが入ったアイシャドウは大人の女性にはふさわしくありません。落ち着いたパール入りのものを選ぶようにしましょう。

3:水色のアイシャドウ

若作りおばさんの痛いメイクの特徴として、水色のような派手なカラーのアイシャドウを使っているということも挙げられるでしょう。

バブル期のような古臭い印象になってしまいますので、できるだけ肌馴染みのよいブラウン系のアイシャドウを使うようにしましょう。また、水色以外にもパープルなどの派手で濃い色のアイシャドウは禁物です。

髪型

若作りおばさんに認定されてしまう要因として、いつまでも若い頃のヘアスタイルをしているということも挙げられるでしょう。若作りしていると思われたくないならば、年齢に合わせて、自分に似合うヘアスタイルに変えていくのがベストです。

ここからは、若作りおばさんの痛いヘアスタイルの特徴についてチェックしていきましょう。

1:明るすぎるカラーリング

若作りおばさんの痛いNGヘアスタイルとしてまず挙げられるのが、明るすぎるカラーリングです。金髪のような明るい髪色は10代ならば許容範囲内ですが、落ち着いた大人の女性がすると一気に老け込んでしまいますし、痛々しい印象になってしまいます。

また、赤色や緑色、紫色のような奇抜なヘアカラーも禁物だと言えるでしょう。髪の毛を染めたいならば、落ち着いたブラウン系がベストです。

2:縦ロール

縦ロールをしていると、若作りおばさんだと思われてしまうので気をつけましょう。10年以上前の「エビちゃん風OL」がブームになった時代をいつまでも引きずっている、時代遅れのおばさんだと思われてしまいます。

最近ではゆるふわパーマや外ハネヘアが流行になっていますので、過去の遺物である縦ロールからは卒業しましょう。

3:ぱっつん前髪

若作りおばさんの痛いヘアスタイルの特徴として、ぱっつん前髪をしているということも挙げられます。

確かに前髪があると若く見えるのは事実ですが、だからと言って子どものようなぱっつん前髪をしていると「おばさんなのに無理をしていて痛々しい」と思われてしまうでしょう。 大人の女性ならば、上品で自然な流し前髪をするか、ノーバングにするのがベターです。

若作りおばさんにならないためにおすすめの本!

痛々しい若作りおばさんになりたくないという方は、「脱「若見え」の呪い 素敵なおばさまのススメ」を読んで、年相応の上品で落ち着いたファッションを研究しましょう。

いつまでも若い頃の自分に執着して若者ファッションを無理に取り入れようとするのではなく、今の自分に似合うものをよく知り、それを上手く着こなすことが大切です。ぜひこの本を参考にして、素敵な大人コーデを学びましょう。

痛い若作りおばさんからの脱出法

若作りおばさんの痛い特徴9選/意味・若作りからの脱出方法

若作りおばさんの恐ろしいところは、自分では若作りをしている自覚がないということです。つまり、どんな女性であっても若作りおばさんになってしまう可能性があると言えるでしょう。

それでは、どうすればそんな状態から脱出することができるのでしょうか。ここからは、痛い若作りおばさんから抜け出す方法についてみていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました