社会不適合者の定義と特徴・社会不適合者に適した生き方

ビジネススキル

社会不適合者の定義と特徴と生き方

社会不適合者の定義と特徴と生き方

なんとなく周囲と合わない、学校では気がつくといつも一人だった、仕事が長続きしない。こういった人は社会不適合者である可能性があります。もちろん単に引っ込み思案な性格だったり気分屋なだけである場合もあります。 しかし社会不適合者は自分のことを社会不適合者だと自覚しないことがほとんどです。そのため周囲と合わずにとても苦しい生き方をしています。

劣等感が強い

他人と自分を比較して劣等感を感じることは誰でも多かれ少なかれあることです。一般の人は劣等感をバネにしますが、社会不適合者は妬み嫉みが強く、また「自分はなぜ評価されないのか」と自分を評価しない周囲に責任を転嫁します。他の人の生き方を認めないのに自分の生き方を認めて欲しいと、やや独善的な傾向があります。

コミュニケーションが苦手

まず人と目を合わせることができない、質問や会話の受け答えができずに黙り混む、話してももごもごと口を動かすだけで何を言っているのか相手に伝わらないなどがあります。   新しい職場や仕事などで自分だけでは解決できない問題や失敗を抱え込んで後でトラブルを巻き起こします。何回も同じ失敗を繰り返し、自分が仕事ができないのは、教えかたが悪いと責任転嫁し、いつまでたっても注意されたことを改善しようとしないで、回りの人のせいにし続けるのが、社会不適合者の人です。

集団行動ができない

人に合わせることができず、一人で勝手に別の行動をとっている場合は社会不適合者の可能性があります。「自分がしたいことをする」「したくないことはしない」というように周りとの調和は一切考えずに、自己を優先します。 社会不適合者はチームでするスポーツや仕事でも、自分勝手な行動が目立ち周囲から孤立してしまいますが、自分に合わせない周りがおかしいと考えがちです。

時間にルーズ

時間にルーズ

たとえば友人と待ち合わせをする場合、普通の人は友人を待たせたら悪いので時間通りに、人によっては5分10分早めに到着します。しかし社会不適合者は相手の気持ちを考えるのが苦手です。 遅刻して待たせたら相手が困る、という感覚がないため時間にルーズです。自分の基準で行動するため遅刻やドタキャンは当たり前。時間は守るのが当たり前の日本社会でこうした状況が続くと人が離れていくのですが、本人はその原因が分からず困惑している場合が多いです。

人間不信

他人を容易に信じないため、腹を割って相談することがありません。常に何か含んでいるような雰囲気を出していますので、周囲の人間も心を開いてくれません。そうすると「ほらみろ。誰も自分に心を開かない。」とますます人間不信になります。 社会不適合者は、自分を信じてもらうにはまず自分を信じてもらう必要があるということを理解できないという生き方なので、いつまでも本当の友人ができません。

虚言癖がある

周囲の注目を浴びたいためだったり、弱いところを見せたくないなどの理由で社会不適合者は容易に嘘をつきます。 一度嘘をつくと辻褄を合わせるためにまた嘘をついて、ということを繰り返します。なかにはすぐにわかるような嘘をつき、指摘されると逆ギレするパターンもあります。人によっては一生嘘をつき続けるという生き方をする人もいます。

思い込みが激しい

自分だけが叱られいると感じたり、回りが笑っていると自分のことを笑っているのではないか、のけ者にされていると思うのが社会不適合者の人です。  固定観念に捕らわれ事実確認をしない、自分の記憶や考えが絶対だと思っていて、その認識が間違いだったとしてもなかなか考えを変えないのが社会不適合者の人です。

仕事を辞めたがる

社会不適合者は周囲に合わせたり、人を信用することがなかなかできません。仕事に必要な協調性やコミュニケーション能力、正直さや傾聴力といったスキルを持っていないため長続きしません。 職を転々とし、社会からの疎外感を感じる生き方になる場合が多く、時には自身の状況は社会のせいであるとして厭世的もしくは攻撃的になります。

自信過剰

根拠もなく他人を見下したり、自分はもっと評価されるべきだと考えるなど社会不適合者は自信過剰な面があります。そして他人から批判・否定されることに対して非常に敏感です。自身の価値を過大に評価していますので、自己評価よりも低い扱いを受けると不満をため込みます。

社会不適合者に適した生き方は?

社会不適合者に適した生き方は?

このように社会不適合者は社会の中で生きることに向いているとは言えない生き方です。そんな彼らにあった生き方というのはないのでしょうか。

ノマドワーカー

ネット環境の整備や仕事のあり方が変容してきたことにより一時期注目されたノマド。もちろんいまもノマドワーカーはたくさんいます。 基本的には個人事業主として仕事を受注していくことになりますので、他人と接するのが苦手な社会不適合者には合った生き方と考えられています。 しかし高度な技術力があればいいのですが、基本的には個人事業の場合でも営業力は必要です。自分勝手な仕事の進め方ではいずれ仕事がなくなってしまいます。

地方移住

地方に移住して、たとえば農業などあまり人と関わらない生き方を選択する人も最近では増えています。確かに満員電車に揺られる生活は社会不適合者にはきつい生き方でしょう。 しかし地方にはその土地の人間関係など、人と接するのが苦手な人にとってハードルの高い壁もあります。移住を検討している地方の現実をよく調べたうえで移り住む必要があります。

海外に行く

海外に行く

集団の中に馴染めないと排除されるという日本型社会の生き方に馴染めないでいる社会不適合者もいるのではないでしょうか。 そういった場合に海外に行くという選択もあります。自分のことを誰も知らない、気にかけない状況に新鮮な感じを受けるでしょう。仕事などの面で生活の目途が立つのであれば、国にとらわれない生き方も選択肢の一つとしていいでしょう。

シェアワーカー

近年は色々な働き方があり、仕事を複数で共有するワークシェアリングや自動車や個人宅を貸すシェアリングサービスも少しづつ浸透してきています。 こうした仕事は通常の仕事に比べて人と接する部分が少ないため社会不適合者でも比較的携わりやすいと考えられています。

社会不適合者の在宅で出来る稼ぎ方

社会不適合者の在宅で出来る稼ぎ方

クラウドソーシング

インターネットで個人や企業から受けた仕事を不特定多数の人たちに仲介する、それがクラウドソーシングです。クラウドソーシングサイトはいろいろあるので、自分にあったサイトを探してみるとよいでしょう。  仕事内容は簡単なアンケートに答える、体験談を書くなどの比較的楽な案件から文章作成や新たにマスコットを考えるなどの仕事があります。はじめのうちはうまく稼ぐことはできませんが経験やコツを掴むことによってだんだんと稼げるようになるでしょう。

FX

FXは外国為替取引の際に出る差額に投資することです。たとえば1米ドルを110円で買ったとします。これを1米ドル120円で売ったとすれば10円の利益が出ます。この差益に投資するのがFXです。 特徴として少額から始めることができる点にあります。またレバレッジを効かせることで50万円の手元資金で500万円分の取引を行うことができます。リターンが大きい分、リスクもあります。

アフィリエイト

アフィリエイトとは広告主とインターネット上の媒体を結びつけるインターネット広告のことです。一般人でも自分のブログやホームページ上に広告を載せることで広告収入を得ることができるようになります。 媒体閲覧者が自分のサイトに設置している広告をクリックして商品やサービスを購入すると一定の金額が入ってくる仕組みです。 人気サイトであれば、人と接することなく稼ぐことができるので社会不適合者にはあった生き方の一つです。

生き方が楽になるヒント

生き方が楽になるヒント

大体どうにかなる

あれやこれやと悩む前にまず、行動に移してみてはどうでしょうか。失敗することもあるでしょう、やらなきゃよかったと後悔することもあるでしょう。そんなときにはどうにかなる、次は大丈夫だと思いましょう。口に出すだけでもずいぶんと心が楽になります。

いろんな人がいて当たり前

金持ちな人、貧乏な人、優しい人、怒りっぽい人、頭がいい人、悪い人、世の中にはいろいろな人がいます。 もし自分が人から「変わっている」と言われても、「自分は自分」と開き直った生き方をすると楽になります。もちろんその場合は他人の生き方を認めることが前提にはなります。

人生は楽しむためにある

人を恨んだり、妬んだり、けなしたり、バカにしたりしても楽しくはありません。他人を貶めると自分のつらい状況を忘れることができるといいますが、一瞬だけのことですぐにむなしい気持ちになります。 もしも生き方を今さら変えられないと考えている人がいたら、それは間違いです。人間はいつでも、いくつになっても生き方を変えることはできます。 誰だって苦しい生き方よりも、楽しく生きる方を選びたいものではないでしょうか。

社会不適合者の生き方とは

社会不適合者の生き方とは

いかがでしたでしょうか。今回は社会不適合者の生き方について、問題点やおススメの仕事をご紹介しました。自分らしく生きるためにはどうすればいいのか、参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました