【箇所別】角栓パックの使い方・コツ・ランキングTOP3

スキンケア
【箇所別】角栓パックの使い方・コツ・ランキングTOP3

角栓に悩んでいる方もいて角栓パックを使用していますが、角栓は顔の皮膚に詰まった汚れで「皮脂」「角質」のことを言います。女性はニキビに悩みますがニキビができる原因は、この角栓が原因になっているため「角栓パック」が売っています。

肌の敵になっている角栓ですが、実は毛穴を外部の殺菌から守ってくれる役割があり、角栓パックをやりすぎると逆に肌を痛めてしまいます。しかし、角栓を放ってしまっても毛穴全体を塞いでしまいますので、適度に角栓パックをする事が重要になっています。

【箇所別】角栓パックの使い方・コツ・ランキングTOP3

一番角栓が溜まりやすいのは鼻です。鼻の角栓を取るには角栓パックをするときにコツがあり、市販で購入した角栓パックに「オロナイン」を混ぜるとうまくいきます。オロナインを使用するだけで、市販の角栓パックの吸着力を高くする効果があり、一回の角栓パックでかなりの角栓あとれるようになります。

角栓パックをするときに気を付けることは、角栓パックをするときは鼻を水に濡らさなければはがしにくくなりますが、この時に水ではなくぬるま湯で鼻を濡らすことがコツになっています。ぬるま湯で濡らしたりさらにホットタオルで温めると、毛穴が開いてきて角栓パックをするとかなりの量が取れます。

【箇所別】角栓パックの使い方・コツ・ランキングTOP3

前髪がある方は気にする方はあまりいませんが、プロの美容家は角栓パックを使用するときに額の部分もケアを必ずしています。額は髪などがかかりやすい部分なのでニキビがでやすく、角栓パックをする必要があります。テカリもひどくなるので額はケアが本当に必要になり、テカリ防止でファンデーションでごまかしても、ファンデーションが角栓の中に菌になり入ります。

額で角栓パックをするときには、鼻と同じ角栓パックは面積が足りないのでおすすめできません。塗ってはがすタイプの角栓パックが広範囲に塗れますのでおすすめです。鼻用よりも負担が少ないので、肌が弱い方でも安心して使える角栓パックになっています。

角栓パックのおすすめランキングtop3

【箇所別】角栓パックの使い方・コツ・ランキングTOP3

角栓パックは色んな種類が販売されていて、一番人気なのは鼻用角栓パックと言われるほど、鼻の角栓に悩んでいる女性がとても多いです。元々角栓パックは鼻用に作られたパックでしたが、鼻以外の場所に使われることが多くなったので、色んな部位の角栓パックが作られるようになりました。

角栓パック第3位「koseメンズソフティモ」

角栓パックえおすすめの第3位は「kose」の「メンズソフティモ薬用パック」で、美容が敏感になった男性のために作られた角栓パックなので、粘着力が女性用より高く女性も購入している方もいます。つけている間もパック臭がないように、メンストールの香りがするので気持ちよく角栓パックを使うことができます。

角栓パック第2位「ポアトルスーパークリアジェル」

角栓パックでおすすめ第2位は「ポアトル」の「ポアトルスーパークリアジェル」で、貼る
角栓パックではなくて塗る角栓パックなので、小鼻がはみでる心配がなくパックができます。角栓が気になる部分をマッサージするだけで、角栓を浮かして取ることができますので、肌が弱い方は負担をかける心配がないので敏感肌の女性の特に人気の商品です。

角栓パック第1位「oshide黒ずみパック」

角栓パックおすすめ第1位は「oshide」の「黒ずみパック」で、塗って洗い流すだけですむので初心者でも簡単にでき、少量ですむのでコスパにとてもいい商品になっています。竹炭が配合されていて、角栓ケアの他にも透明感をだす効果がある角栓パックになっています。男女兼用で使えるパックになっていますので、一緒に使えて美容代が安くなりお得です。

性別おすすめの角栓パック

【箇所別】角栓パックの使い方・コツ・ランキングTOP3

美容ケアは女性のみと言われていましたが、最近は男性化粧品も増えてきたので男性用角栓パックも増えていきました。女性も鼻に貼る角栓パックだったのが、額などに簡単にできる塗るパックがでてきたりして、追いつかないほど美容界は進化しています。

メンズにオススメ「ex毛穴パック」

メンズの角栓パックいおすすめなのは「ギャツビー」のパックで、「ex毛穴パック」が男性の肌にピッタリでおすすめです。男性は脂肌質の男性がほとんどで、思春期になるとニキビが増えている男性がたくさんいます。10枚入りなので学生でも購入しやすく、メンストールの香りなので続けられる商品になっています。

レディース「ベルセノアメルティベリー」

レディース用におすすめなのは「ベルセノア」の「メルティーベリー」で、暑い夏でも角栓パックができるように冷える仕組みに作られています。寒い時期でも塗ってマッサージするだけなので、忙しいときでも簡単に角栓ケアができます。塗っているときは温かくなりますが、洗い流すとひんやりする角栓パックなので、汚れを溶かして落とす角栓パックなっています。

温州ミカン・発行ローズハチミツなどを使用していますので、マッサージしているときにだんだん白くなり、オレンジ色だったのが変化していきます。白になったら洗い流すサインですので洗い流してください。やりすぎるとニキビの原因になりますので、気をつけながらマッサージするようにしましょう。

角栓パックの使い方

【箇所別】角栓パックの使い方・コツ・ランキングTOP3

角栓パックの使い方はまずは、タオルを温めて鼻に置いて毛穴がでやすい状態にして、温まったら小鼻全体をまんべんなく濡らしましょう。濡らしたら毛穴パックを乗せて数分時間をおいたら、端からゆっくり剥がさないようにシーツを剥がしましょう。剥がしたら毛穴が抜けているかを確認して、取れていないシートを細かい部分でもそのままにしないようにしましょう。

角栓パックを使うときに自分の肌に合ったパックを使うと、肌が弱い方も安心して使うことができるので、敏感肌の方にはちゃんと敏感肌用がありますので、肌の負担がかからないようにしましょう。角栓パックは一時的に肌がきれいになりますが、時間がたつとまた角栓が生えてきますので使いすぎないようにしましょう。使いすぎると太く角栓が生えてきてしまいます。

アフターケア

【箇所別】角栓パックの使い方・コツ・ランキングTOP3

角栓パックが終わって取り残しが無くなったら、肌を合ったアフターケアをする必要があります。鼻を化粧水で肌を整えることが重要になります。ポイントは冷蔵庫などで冷やした「冷たい化粧水」で、肌をひんやりさせることで肌のダメージを激減する効果があるからです。

冷たい化粧水で肌を引き締めたら、最後にクリームで肌の保湿をしましょう。アフターケアをしないと肌にダメージが残り、敏感肌になってしまったりニキビができる原因になってしまいます。パック後にケアをしっかりしないと、水分不足になっている内部の肌が悪化します。

肌ケアの他にも食生活でしっかり野菜を取るなど、肌の負担にならない食事を心がけることも必要で、肉ばかりやジャンクフードの食生活を送ると、肌荒れの原因になりますので野菜重視の食生活を心がけましょう。それだけでも角栓が減ったりする方もいますので、おすすめのアフターケアになっています。

タイプ別角栓パックの使い方

【箇所別】角栓パックの使い方・コツ・ランキングTOP3

角栓パックはたくさんの種類があり、使い方もそれぞれ違っています。人気の剥がすパックは鼻に付けるだけのパックで、一番最初に作られた角栓パックになっていて、角栓パックの中では知名度が一番高いタイプの角栓ケアになっています。薄い四角に近いシートで、一か所の角栓を一気にとれるのがメリットです。

デメリットは濡らさなければできないのと、シートなので剥がすときに黒い部分が残ってしまい、アフターケアをする時間が早くできないことです。しかし、産毛の処理も一緒にできるほど吸着力があるので、大量にある方にはデメリットを気にしない方にはおすすめです。

洗い流すタイプもあって、「クレイパック」は最近は剥がすタイプよりも主流になっています。韓国ブームが日本へやってきたときに、韓国アイドルがパックをしている動画があり、クレイパックを紹介して日本はクレイパックが主流になっています。

ジェル

【箇所別】角栓パックの使い方・コツ・ランキングTOP3

ジェルタイプのやり方は普段と一緒で、洗顔をしたあとに肌を蒸しタオルで温めましょう。温まったらジェルを適量に取り、マッサージするようにジェルを顔全体に混ぜます。ジェルの種類にもよりますが、マッサージしてジェルを混ぜたら温まりますので、色が変わったり肌が温まってきたら、ぬるま湯などで洗い流しましょう。

洗い流す前にマッサージしないで、顔全体にジェルを広げたら数分そのままにして、毛穴に浸透するようにしましょう。この時に注意することは、数分置くことは肌に負担がかかりませんが、マッサージしすぎると角質が削りすぎて、逆に毛穴を広げてしまうことがありますので注意しましょう。

マッサージが終わったらスキンケアなどをして、肌の乾燥を防ぎましょう。ジェルはパックよりは乾燥がありませんが、肌の内部は水分不足になっている状態なので、冷たい化粧水などで肌に水分を入れてあげます。最後にクリームで保湿しましょう。

塗るタイプ

【箇所別】角栓パックの使い方・コツ・ランキングTOP3

ジェルと違い顔に塗るタイプは、オロナインと一緒に使うと効果が上がるため、オロナインのやり方が流行っていますが、やり方を間違えると逆に肌を悪化させるので気をつけましょう。まずぬるま湯で顔を洗って、必ず水分を取るようにしてオロナインを塗ります。オロナインを塗ったら他のパックとやり方が変わり、薄く塗るのではなく厚く塗らないと意味ないので注意です。

小鼻が真っ白になるくらい塗ったら、そのままいじらず10分ほど放置してください。10分くらい放置したら、ただの水では落ちにくくなっていますので、石鹸を泡立ててオロナインをしっかり落としましょう。ポイントは簡単に落ちるようにぬるま湯で洗い流しましょう。

オロナインが完全に落ちたのを確認したら、毛穴シートをつけて記載されている時間を守り、下から上に行くように毛穴シートを外していきましょう。最後にスキンケアなどをしたら終了になります。

角栓パックは便利になってきました

【箇所別】角栓パックの使い方・コツ・ランキングTOP3

角栓パックあ色んな種類が登場して、自分に合った角栓パックを使用することができる世の中になって、肌荒れに悩んでいた方も使えるようになりました。商品の中には洗顔不要の角栓パックがありますが、最近では男性用の角栓パックも増えています。皆さんも自分の顔をよく見てみたら、毛穴が溜まっていたりするので、購入して角栓パックをしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました