【年代別】基本のスキンケアのやり方|高校生/20代/30代

スキンケア

スキンケアの基本のやり方とは?

【年代別】基本のスキンケアのやり方|高校生/20代/30代

スキンケアの基本は、何よりもまずお肌や身の回りの物を清潔に保つことです。そして、これから紹介するスキンケアの基本ステップは、その日の肌のコンディションなどに合わせて使うアイテムかえたり数を減らしても問題ありません。

毎日自分の手で触って目で見て、肌調子を観察してください。『今日は少し敏感になっているな』と思ったらアイテム数を減らしてよりシンプルなスキンケアにしたり、『今日は乾燥気味だな』と思ったら化粧水や乳液をたっぷりと使って保湿を多めにしましょう。

お肌や身の回りを清潔に保つには?

【年代別】基本のスキンケアのやり方|高校生/20代/30代

そのためには毎日のスキンケアの順番を守ることや毎日の洗顔など一般的なことはもちろんですが、シーツやまくらカバーやパジャマなどをこまめに洗濯することも大切です。

就寝時に直接肌に触れる寝具やパジャマをずっと洗わなかったり、洗濯機自体に汚れがたまっていたりするとお肌のトラブルの原因にもなります。洗濯機を清潔にした状態で、週に最低でも2.3回はまくらカバーなどを洗濯してください。これは洗顔後や入浴後に顔や体を拭くタオルにも同じことが言えます。 これらはスキンケアの基本の基本と言えます。

スキンケアの基本的な順番は?

【年代別】基本のスキンケアのやり方|高校生/20代/30代

基本的なスキンケアの順番は、まずメイク落としか洗顔をしたあとに化粧水やシートマスク(ローションパック)、そのあと乳液やクリームで保湿しうるおいにフタをします。

乳液やクリームの前に必要に応じて美容液をプラスしたり、スキンケアの一番最後にアイクリームなどを加えても良いでしょう。

洗顔の仕方は?

【年代別】基本のスキンケアのやり方|高校生/20代/30代

基本の洗顔の仕方は、洗顔フォームと泡立てネットを用意します。

1.まずぬるま湯で顔と泡立てネットを濡らします。 2.泡立てネットに洗顔フォームを2㎝ほどだし、もこもこに泡立てます。泡はなるべくたくさん作った方が良いですが、泡を作る際に水が少なすぎると泡が濃くなりすぎてしまい洗浄力が必要以上に高くなりすぎてしまいます。注意しましょう。 3.作った泡をTゾーンから先にのせ、あご、両頬に広げます。手を横に動かしこするように洗うのではなく、泡をやさしく押すように洗います。肌に直接手が触れないように、泡の圧力のみで洗います。これを押し洗いといいます。 4.ぬるま湯でしっかりと洗い流します。最低15回はすすぎます。 5.清潔なタオルでやさしく水分を抑えます。

パックでの水分補給の仕方は?

【年代別】基本のスキンケアのやり方|高校生/20代/30代

基本的には洗顔後にすぐ化粧水をつけるのが一般的なスキンケアですが、化粧水のかわりにシートマスクやローションパックをしても良いでしょう。

ここでは基本のローションパックスキンケアのやり方をご紹介します。用意するものは以下になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました