仕事が適当にする人の特徴・仕事を適当にする人との接し方

仕事の悩み

仕事を適当にやる人の特徴や性格とは?

仕事が適当にする人の特徴・仕事を適当にする人との接し方

社会人になると、労働をします。その対価で、報酬をもらえるのです。それが適当であるのは、NGです。この記事では、仕事が適当な人について紹介します。

スケジュール管理がうまくいっていない

仕事をうまくすすめるなら、スケジュール管理は大切になります。特に、複数の人とおこなう業務は、ひとりの遅れが、仕事がうまく進まない原因になることが多いです。

そんな状況でも、仕事が適当な人はマイペースです。例えば、この日までに、報告書を提出しなければならないといわれていた。でも、事前報告もなく、「間に合わない」のはダメです。適当な性格と、職場の人から思われます。 また、勤務開始のギリギリに、出勤するのはよくないです。もちろん、遅刻は厳禁です。さらに、相手との待ち合わせ時間に遅れる。そんなことは、社会人としてのマナー違反です。

ベテランでもミスが多い

新人であれば、ミスがあるのも仕方がないです。しかし、ベテランになっても、同じミスをしている人がいます。

そんな人は、ミスを指摘されても、真摯にうけとめないのです。業務が適当だからこそ、「まあいいか」と思います。そもそも、ミスをふせぐ対策をしないため、同じ間違いを繰り返すのです。もちろん、周りから、適当な性格と思われます。

コミュニケーションができない

仕事は一人だけでするものもあれば、多くの人とする場合があります。自分の仕事に、問題が発生した時は、周囲の人に話すことが大切です。

たとえば、あなたはコールセンターの仕事をしています。そこで、わからないことがでてきました。それを、管理者に状況をわかりやすく説明する必要があります。それができなくて、ミスをしたら、適当な性格と思われます。

丁寧な字が書けない

職場では、字を使うことも、まだまだあります。たとえば、電話応対の内容を手書きで、メモをするなどです。字がうまくなくても、構いません。

しかし、字体がわからない文字は、書くのはNGになります。相手から、作業を早く終わらせたいから、適当でいいと印象づけられてしまうからです。

社会人としてのマナーがない

社会人としてのマナーがないことも、適当な人と思われます。たとえば、休憩時間に、同僚と話をしています。グチ話ばかりだと、相手にいい印象をもたれないからよくないです。

さらに、常識がない身だしなみは、適当な性格だと思われます。また、仕事中に、居眠りや、あくびなどはNGです。当たり前のことですが、うっかりやってしまわないことが、必要になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました