仕事がつまならないから辞める方法・つまらない仕事ランキング

転職・就職

仕事がつまらないのは当たり前?

仕事がつまならないから辞める方法・つまらない仕事ランキング

仕事がつまらないのは当たり前なのでしょうか。確かに仕事はお金を貰うために我慢して働くことであるという考え方が多くを占める一方で、最近では仕事を楽しさやりがいを得るためのものとして捉える意識も高まってきています。

どのような仕事が自分にとって最適であるかを考える上で、一般的につまらないと言われている仕事について知ることも大切な過程の一つであると言えるでしょう。

今回はつまらない仕事をランキング形式にしてリストアップしてみました。 なぜ仕事をつまらないと感じるのか。働き方を考える上での参考になれば幸いです。

つまらない仕事ランキングTOP10

仕事がつまならないから辞める方法・つまらない仕事ランキング

一体どのような仕事が最もつまらないと考えられているのでしょうか。10位から順に見ていきましょう。

10位:経理

経理の仕事は事務処理が主であるため、創意工夫を凝らす機会などには恵まれません。几帳面な性格で、会計ソフトなどへのデータ入力作業が楽しめる性格であれば別ですが、機械的な作業は基本的につまらないものであると認識される傾向があります。

経理の場合は、その仕事に就くまでに資格が必要となることや、年収が高いこともあり全体的な評判は悪くないです。

9位:会計士

会計士がつまらないとされる理由も経理と似ており、その仕事の多くが事務処理作業で占められます。会計士も年収が高いですが、仕事のつまらなさに嫌気が差して転職する例はあります。

8位:司法書士

書類作成や法的な手続きの生産性の無さがつまらないと言われています。専門知識が必要とされる仕事であるため誇りをもって仕事をされている方もいらっしゃいますが、仕事内容は単調でつまらないものであると言われています。

7位:監査法人

監査法人とは会計士によって運営される会社を指すため、会計士の項目に含んでも良かったのですが、会計士とは別に名前が挙がることが多いため分けて記載します。会計士の作業自体がつまらないと思う方もいれば、法人としての形態に対してもつまらなさを感じる方がいるということです。

会計士は基本的に取引先に常駐して業務を行うため、仕事を窮屈に感じることがあります。 決算書作成の時期は定時退社が難しくなります。苦労して会計士になっても、自由を縛られた状態で業務を行うことに不満を感じる方がいます。

6位:市役所

公務員は収入が安定している点が魅力ですが、やりがいを感じないという方は多いです。国で定められた仕事をそつなくこなすことが求められるため、大きな達成感を得る機会は少ないです。市役所の仕事も事務処理が主ですので、公務員の中でもとりわけつまらないとされています。

また、市役所で対応するのはビジネスマンのみではないため、時には良識の無い方からの無茶な注文にも応える必要があります。安定を求めて市役所に勤めた方も、仕事内容に違和感を感じて民間企業に転職する方は多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました