依存体質な彼女の特徴11個・恋愛の依存症を改善する方法5つ

恋の悩み

依存体質な彼女との関係は長続きしない

依存体質の彼女を持ち、困ったことはありますか。恋愛に関して依存体質とは、相手の存在や愛情を常に感じていなければ気が済まないといった性格のことを指します。はじめのうちはかわいく見えても、後々になって疲れてしまう大変な性質です。

話し合いを重ねても努力や改善が見られない場合、終わりの見えない疲労感により依存される側は愛情をなくしてしまうでしょう。依存することは決して愛情とは言えません。

依存体質な彼女の特徴11個

女性は気持ち的な充足感を重視する傾向にあり、寂しさに敏感な性質です。そのため、「寂しい」という言葉だけで依存体質と決め付けてはいけません。彼女が寂しい思いをしている原因がきちんと存在する場合には、彼氏側の努力が欠けていると言えるでしょう。

依存体質な彼女の場合、彼の言動はいたって普通であるにも関わらずひどく寂しさを感じ、なおかつ攻撃的な言動を示す傾向にあります。この場合、改善するには根気が必要です。

彼女の特徴1「友だちが少ない」

依存体質な彼女の特徴としての1個目に「友だちが少ない」ことが挙げられます。友だちが少ないために、恋人へ意識が集中してしまいます。友だちが少ない理由を彼女の性格から推測し、問題があればお付き合いは難しいと考えましょう。

自分勝手でわがままな場合には、依存体質の中でも攻撃的で、相手を束縛する傾向が見られます。自分の思いどおりにならなければ怒り、けんかに発展することが多くなるでしょう。

彼女の特徴2「寂しがり屋である」

依存体質な彼女の特徴としての2個目に「寂しがりやである」ことが考えられます。寂しいと感じるのは多くの女性に見られる性質ですが、依存体質の場合はその程度が深刻です。常にスマホを手放さず、相手からの連絡が数分ないだけでも寂しさを感じてしまいます。

また、自分が寂しさを強く感じている分だけ相手から寂しがっている様子が見られないと、さらに寂しさが増してしまうという場合もあります。

彼女の特徴3「感謝の気持ちが持てない」

依存体質な彼女の特徴としての3個目に「感謝の気持ちが持てない」ことが考えられます。恋人としてそばに居てくれることや連絡をくれることに対して感謝の気持ちが持てません。それが当たり前の基準となっており、彼氏の言動がその基準に達しなければ不安や不満を感じてしまうでしょう。

彼氏が尽くしてくれていることに気が付けず、足りないと感じる部分にのみ意識が集中していると言えます。

彼女の特徴4「問題解決の意欲が低い」

依存体質な彼女の特徴としての4個目に「問題解決の意欲が低い」ことが挙げられます。依存体質であるということは、2人の関係を長く良好に保つためには大きな問題と言えます。

2人の問題はお互いが歩み寄ることでしか解決できないため、互いが反省し改善する意思がなければ何も変わりません。依存体質であることを自覚せず、相手のことばかりを責める傾向のある人はその性格が元来のものである可能性が高いです。

彼女の特徴5「励ましてもらいたがる」

依存体質な彼女の特徴としての5個目に「励ましてもらいたがる」ということが挙げられます。自分が落ち込んでいたり疲れていることをアピールすることで、相手から構ってもらえると考えているでしょう。

心配する気持ちを利用して、相手の意識を自分に向けようとします。これは意図的な場合もあれば無意識的な場合もあるでしょう。無意識である場合には長く愛情に飢えていた可能性もあり、懇親的な対応により改善が望めます。

彼女の特徴6「捨てられるのが怖い」

依存体質な彼女の特徴としての6個目に「捨てられるのが怖い」という闇を抱えていることが挙げられます。これに関しては、過去の経験が大きく関わっている可能性が極めて高く、自信を大きく失っている状態と言えるでしょう。

家庭での愛情が足りなかったり、恋愛経験で失敗を繰り返していたり、心に傷を負っている場合が多いです。そのため、彼女を安心させてあげることに務めれば、少しずつ状況は改善されるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました