最高速度が大きい原付ランキング・改造して上げる方法|改正

車・ドライブ

原付の最高速度は法改正されるか

一般的に原付と呼ばれる乗りものは「原動機付き自転車」で、エンジンは50cc以下のものを指します。後述しますが、もっと細かい話をすると、125ccのエンジンまでは法律によっては原付とされるのですが、一般的な話では原付はイコール50ccまでのエンジンのバイクです。

この原付の最高速度制限はご存知のとおり、時速30kmまでです。実はこの制限は昭和20年代に設定されたもので、現在の車社会では交通の流れに乗ろうとするだけで、原付は違反をしてしまいます。他が時速60kmで走っている中、ひとり時速30kmで走行していてはかえって危険です。しかし、法律では仕方ありません。

実際に改正しようという動きはある!

このままでは原付ライダーはただ走っているだけで死んでしまう確率が上がります。それはよくないということで、2006年に一度、原付の最高速度に関する法改正の動きがありました。しかし、警察などによって却下されています。

2013年に新たな運動団体が発足し、政府などに改正を投げかけています。これによって125ccまでを原付に統一し、今の原付免許(正確には原付一種)で125ccまで乗れるようにしようという動きが出ています。そうなれば最高速度は時速60kmまで出せることになります。 しかし、まだしばらくは原付の最高速度の見直しはないでしょう。近年はバイクそのものに規制が多い時代になったこともあります。 今回は、そんな原付の最高速度の法改正の可能性を見越し、原付の速度に関係した事柄をいくつか解説します。

最高速度が高い原付ランキングTOP3

今の原付の最高速度が時速30kmとなった昭和20年代後半なら、原付の性能そのものがよくなかったので、スピードもその程度しか出なかったといえます。しかし、技術が発達した今、50ccのエンジンでも30kmを余裕で超す速度を出せるようになっています。

2018年上半期時点では法改正などが続いてきた流れで、高速走行が可能な原付が新モデルで登場することはほぼありません。しかし、性能としては時速30kmを超えるものはたくさんありますし、中古車であれば法改正前のモデルなどはかなり高い速度を出せるものもあります。 ここではそんな新旧をひっくるめて、最高速度の高い原付のモデルを紹介します。もし速い原付がほしい人はこれらのモデルを中心に探してみてください。

最高速度原付TOP3「ホンダ・ライブディオ」

ホンダ・ライブディオはスクータータイプの原付です。1988年に登場したディオシリーズの3代目にあたり、この3代目までがディオシリーズで2ストロークエンジンを採用していたモデルになります。

細かい説明は省きますが、ディオの4代目からもそうであるように、レースの最高峰GPレースを見てもわかるように、2ストロークエンジンはあまり採用されなくなり、今は4ストロークが主流になります。事情はいろいろとあるのですが、残念なことに、4ストは2ストエンジンほど爆発的なパワーを出しません。 そのため、このライブディオはディオシリーズ最後の2ストであり、当時も原付スクーター最速と呼ばれたほど、最高速度の高い原付になります。今は中古しかありませんし、かなり古いですから、扱い自体に慣れが必要な原付です。その分、所有欲が満たされ、愛着が湧くでしょう。

最高速度原付TOP2「ヤマハTZR50」

ヤマハTZR50もまた発売当初は最高速度の高いバイクとして人気がありました。50ccながら、シリーズ兄貴分にあたるTZR250にサイズ的にも似ていることや、フォルムがフルカウルでスポーティーだったこともあります。当時はGPレースでもヤマハは強く、人気があったことも一因です。

ヤマハTZR50は1990年から98年までの生産で、すでに日本国内の市場には中古車があるかないかといったほどの稀少車になっています。しかし、海外では後継車種が生産されているなど、似たタイプであれば、日本の法律に合わせることで手に入れることは不可能ではありません。 海外生産の原付であれば最高速度の制限など法令が違いますので、日本市場の原付よりも最高速度が高いモデルを手にできる可能性が高まります。

最高速度原付TOP1「ホンダ・スーパーカブ」

日本が世界に誇るモデルがこのホンダのスーパーカブです。もちろん、ノーマルの状態ではスーパーカブの最高速度はたかが知れたものになってしまうのは仕方がありません。そもそも日本の市場の原付だからです。

しかし、スーパーカブは海外でも生産されていますし、世界中に愛好家がいるため、さまざまな部品やチューンナップ方法が出回っています。これらを使用することで最高速度を上げることができるでしょう。 また、東南アジアでは日常的にスーパーカブのようなバイクが今も利用されています。見た目はイマドキのデザインに変更され、最高速度も時速30kmどころか100kmも余裕で出るようなモデルがあります。タイやマレーシアでは、このスーパーカブの進化版といえるバイクでレースも行われているほどです。 これらの進化版スーパーカブを扱うバイクショップも日本国内にあります。最高速度の高いスーパーカブが手に入ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました