きのこパスタのレシピ22選|きのこの種類・栄養・調理ポイント

レシピ

きのこパスタに使うきのこの種類

きのこパスタのレシピ22選|きのこの種類・栄養・調理ポイント

イタリアンが高級レストランだ、というのは昔の話で、昨今ではイタリアンも気軽に楽しめるレストランが増えてきています。

中でも女性にはパスタが人気で、最近では和の要素を取り入れたパスタも多く見られます。特にきのこパスタはヘルシーで女性に人気があります。 きのこパスタに使うきのこにはどのような種類があるのでしょうか。

種類1:しいたけ

しいたけは生産額は日本国内のきのこ類の中でトップとも言われます。煮物にもよく見られるきのこで、天ぷらや鍋、味噌汁や茶わん蒸しなど特に和食に幅広く使われています。

グアニル酸という旨味成分を含んでおり、これは三大旨味成分の1つで、和食のベースの出汁として欠かせない1つです。 βグルカンが腸内フローラのバランスを整えてくれるという報告もあります。健康にもよく、旨味成分もたっぷり含んだきのこがしいたけです。

種類2:シメジ

シメジはアカマツ、コナラという木に寄生し、おなじ菌の種類で例えるならマツタケ、トリュフと同じです。

しめじは旨味成分のグルタミン酸、グアニル酸が非常に多いきのこです。しめじは木を腐らせながら育つという特徴を持っています。木から栄養を摂取して木を腐らせて育ちます。 カリウムや食物繊維、ビタミンDを含み、ナイアシンや代謝をアップするパントテン酸を含みます。手ごろに購入できるのも魅力です。

種類3:まいたけ

香りと旨味、歯触りの良さが特徴なのがまいたけです。煮ても炒めても美味しく食べることができるきのこで、1年をとおして気軽に手に入れることが可能です。

カルシウムの吸収を促進するビタミンDが豊富で、便秘予防に効果的な不溶性食物繊維も多いです。 天ぷら、炒め物や汁物などさまざまな料理に使うことができます。シャキシャキした食感が特徴です。

種類4:エリンギ

エリンギは地中海地方に自生するヨーロッパで人気のある食用のきのこです。肉質がしっかりとあり、歯ごたえがコリコリしているのが特徴です。

日本では1990年から人工栽培化が始まった、新しいきのこでもあります。きのこ類の中でも栄養かは高く、ビタミンB群やカリウム、食物繊維はしいたけ、シメジを上回る含有量を持ちます。 加熱してもかさが減らず、食べごたえもしっかりありますからダイエット向きです。

種類5:マッシュルーム

世界で最も多く食べられているきのこがマッシュルームです。フランスではシャンピニオンと呼ばれています。

特にきのこ類の中でもヘルシーなきのこなので、ダイエットに向いており、味にクセがないためどんな料理にも使いやすいきのこです。旨味成分グルタミン酸がしいたけの3倍も含まれます。 またパントテン酸の含有量が多く、酵素の補酵素として作用し、免疫力アップや抗ストレス作用を持ちます。

種類6:ポルチーニ

ポルチーニは世界三大きのこの1つです。ヨーロッパでは最も好まれているといってもよいきのこです。香り、味のバランスがよく、歯ごたえもしっかりとあり、ヨーロッパで広く食べられています。

甘い香り、旨味が特徴で、イタリアではパスタに多く使われています。

きのこパスタのレシピ22選

皆さんパスタは好きですか。そしてきのこは好きですか。どちらも好きならきのこパスタはいかがでしょうか。

パスタにきのこを使うのが珍しくなくなった最近では、きのこパスタのレシピも多くなりました。どのようなきのこパスタがあるのかこれから種類別にご紹介していきます。 おすすめのきのこパスタのレシピを見つけたら、ぜひご覧になって下さい。

きのこの和風パスタ

きのこパスタの中でも和風のきのこパスタを先に紹介していきましょう。和風のきのこパスタにはどのようなものがあるでしょうか。

大体イメージはつくでしょうか。ファミリーレストランなどで食べたことがある可能性もあります。そんな和風きのこパスタをご紹介します。

レシピ1:秘密にしたい♪和風きのこパスタ

浮気しない味の和風きのこパスタです。

パスタを硬めに茹で、フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて火をつけます。香りが出てきたら玉ねぎときのこを入れて炒めます。しんなりしたらパスタを入れ醤油、みりん、本だしと絡めて炒めます。 ネギと刻みのりを散らします。 本だしで味付けしている点が和風なきのこパスタです。きのこパスタはヘルシーなので食べすぎた翌日にきのこパスタにするとよいでしょう。
Blockquote firstBlockquote second

1.パスタ100gを硬めに茹でます。 2.フライパンにオリーブオイル大さじ1、にんにく輪切り2分の1かけを入れて火をつけます。 3.香りが出たら玉ねぎ、エリンギ、しめじ、えのきなど30g入れて炒めます。 4.しんなりしたらパスタを入れて赤唐辛子きざみ少々と醤油大さじ1、みりん小さじ2、本だし小さじ2分の1で味付けして炒めます。 5.ネギと刻みのりを散らします。

レシピ2:和風きのこパスタ

保存できるきのこパスタのソースが魅力の和風きのこパスタのレシピです。

玉ねぎを薄く切りきのこ類は割く、切るなどしておきます。フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくの香りが出るまで炒め、玉ねぎとベーコン、きのこを入れしんなりするまで炒めます。 めんつゆ、水、和風だしの素と醤油を入れ茹でたパスタを入れて絡めます。 めんつゆと和風だしの素が和風のきのこパスタのポイントです。ソースだけ作って保存もできます。
Blockquote firstBlockquote second

1.玉ねぎ4分の1個を薄く切り、しめじ、まいたけ半パックは割いたり切ったりしておきます。ベーコンは食べやすい大きさにカットします。 2.フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくチューブ1㎝を入れ香りが出るまで炒めます。 3.玉ねぎ、ベーコン、きのこをしんなりするまで炒めます。 4.めんつゆ2倍濃縮大さじ1、水大さじ1、和風だしの素小さじ1と醤油大さじ1を入れます。 5.茹でたパスタを4に入れ、絡めます。

レシピ3:きのこパスタ~和風玉ねぎ風味~

市販のドレッシングを使って簡単に作れるきのこパスタのレシピです。

しめじとえのきは軸の先端を除き、ねぎは小口切りにします。パスタを茹でます。フライパンにしめじとえのき、パスタを入れ、和風玉ねぎドレッシングを入れて炒め、しめじとえのきに火が入れば完成です。 市販のドレッシングで簡単にきのこパスタの味も決まります。きのこから旨味が出ていますから、それだけできのこパスタが美味しく仕上がります。
Blockquote firstBlockquote second

1.しめじ1袋、えのき1袋は軸の先端を除きます。 2.ネギ2分の1本は小口切りにします。 3.パスタを茹でます。芯が少し残るアルデンテに茹でます。 4.フライパンに1と3を入れ、和風玉ねぎドレッシングを入れて炒め、1に火が入れば完成です。

レシピ4:山椒風味の和風きのこパスタ

山椒風味がピリッと効いた和風のきのこパスタです。

パスタを茹で、フライパンにオリーブオイルを熱し、食べやすくカットしたきのこ類を入れて炒めます。弱火でゆっくり火を入れればしいたけの旨味が出てきます。 きのこ類がしんなりしてきたら醤油と粉山椒を加えさっと炒め、塩で味を整えパスタを和えます。 爽やかな山椒の香りとピリッと辛い舌触りが程よくきのこパスタにあう和風きのこパスタです。
Blockquote firstBlockquote second

1.パスタ200gをたっぷりのお湯で茹でます。 2.フライパンにオリーブオイル大さじ1.5を熱し、しめじ60g、エリンギ1本、生しいたけ3個を食べやすくカットしたものを入れて炒めます。弱火でじっくり炒めて旨味を出します。 3.きのこ類がしんなりしてきたら、醤油大さじ2と粉山椒小さじ1を加えさっと炒めます。 4.塩少々で味を整え茹でたパスタと和えます。

きのこのクリームパスタ

きのこパスタでもクリームパスタは食べやすく子供に人気があります。きのこパスタのクリームパスタといってもそのレシピは豊富です。

使うクリームの種類によって味も変わってきます。クリームパスタは滑らかでまろやかな味わいが特徴です。 きのこパスタでもきのこの歯ざわりとクリームのまろやかさが相性抜群です。

レシピ5:塩レモンと5種のきのこのクリームパスタ

きのこパスタでもきのこをいくつかミックスすれば旨味が出ますが塩レモンを加えるとさらに美味しいレシピになります。

きのこ類はカッとし、塩レモンは粗目のみじん切りにします。パスタを茹で、フライパンにバターとオリーブオイルを入れてベーコンを炒め、塩レモンを加えてきのこも加えます。 ワインを入れアルコールを飛ばし、小麦粉を加えて牛乳を加えて弱火で煮込みパスタを絡めます。乾燥パセリを振ります。
Blockquote firstBlockquote second

1.きのこ好みのもの300gは好みの大きさにカットします。塩レモン輪切り2枚はみじん切りにします。 2.パスタを茹でます。 3.フライパンにバターとオリーブオイルを熱し、ベーコン2枚を炒め、塩レモンを加えて馴染ませて、キノコ類を加えます。 4.きのこに火が入れば白ワイン大さじ2を入れアルコールを飛ばし塩コショウを加え、小麦粉大さじ1を入れ馴染ませます。 5.牛乳300㏄を少しずつ足しながら滑らかにし弱火で煮ます。 6.茹でたパスタを5に絡め和えます。トッピングに塩レモン少々と乾燥パセリを振ります。

レシピ6:きのこのクリームパスタ

きのこパスタを生クリームを使ってクリームパスタに仕上げました。

しめじ、えのきは軸の先端を取ります。にんにくは芯を取りみじん切りにします。パスタをアルデンテに茹でます。フライパンにオリーブオイルをしき、にんにくのみじん切りと赤唐辛子を入れて香りが出るまで炒めます。 しめじとえのきを加え、塩とホワイトペッパーで味付けし、生クリームとパスタを入れ軽く炒めます。 生クリームのまろやかなきのこパスタです。
Blockquote firstBlockquote second

1.しめじ1パックえのき1パックは軸の先端を取ります。 2.にんにく1かけは芯を取りみじん切りにします。 3.パスタを茹でます。 4.フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ2と赤唐辛子3gを入れて炒めます。 5.香りが出たら1を入れて炒めます。 6.塩とホワイトペッパーで味を整え生クリーム200mlと3を入れて軽く炒めます。

レシピ7:あさりときのこのクリームパスタ

あさりときのこを使ったクリームきのこパスタです。きのこパスタでも貝の旨味が出て美味しいです。

あさりを水洗いし、エリンギは薄切り、ベーコンは2cm程度に切り、にんにくは芯を取りみじん切りにしてパスタを茹でます。 フライパンにオリーブオイル大さじ1をしき、にんにくと赤唐辛子を入れ香りが出るまで炒めたらエリンギとベーコンを加え、あさりと白ワインを加え、あさりの口が開いたらパスタを入れて軽く炒めます。
Blockquote firstBlockquote second

1.あさり300gは砂を出し1時間くらい浸けて水洗いします。 2.エリンギ2本は薄切りにし、ベーコン2枚は2cm程度に切ります。 3.にんにく1かけは芯を取りみじん切りにします。 4.パスタをアルデンテに茹でます。 5.フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れて3と赤唐辛子3gを入れて香りが出るまで炒めます。 6.2を入れて炒めます。 7.1を入れて炒め、白ワイン30mlを入れ1の口が開くまで煮込みます。 8.塩とホワイトペッパーで味付けし、生クリーム150mlと4、パセリみじん切りを入れて炒めます。

レシピ8:大人なたらこクリームパスタ

きのこパスタでもたらこパスタは人気があります。早ゆでパスタを使えばきのこパスタもあっという間に完成です。

パスタを茹でている間にフライパンに油を入れてにんにくのみじん切りを入れ、風味が出たらきのこ類を入れます。 茹でたパスタはボウルに移し、炒めたきのこを入れます。ママーたらこクリームパスタ生風味1人前を入れます。皿に盛り付けカイワレとシソを盛り、ラー油をかけます。
Blockquote firstBlockquote second

1.ママ-早ゆで2分でパスタ1束を茹でている間にフライパンに油を入れにんにくのみじん切り半かけを入れ、風味が出たらまいたけ、しめじ40gを炒めます。 2.パスタが茹で上がったらボウルに炒めたきのことパスタを入れます。 3.ごま油をかけます。 4.ママーたらこクリームパスタ生風味1人前を入れて混ぜます。 5.皿に盛り付けカイワレ10gとシソ細切り3枚を飾り、ラー油をかけます。

きのこのトマトパスタ

きのこパスタの中でも定番のソースがトマトソースでしょう。トマトソースのきのこパスタを食べたことがあるという人は大勢います。

それにトマトソースのきのこパスタのレシピも豊富にありますから、アレンジも自在です。きのこパスタでトマトソースを使ったおすすめのレシピをご紹介しましょう。

レシピ9:茄子とモッツアレラのトマトパスタ

きのこパスタでもトマトとチーズの組み合わせはベストマッチです。

ベーコンは食べやすく切り、玉ねぎはスライス、ほうれん草は下茹でしてカットします。茄子は輪切りにして揚げ焼きします。フライパンにオリーブオイル大さじ2とにんにくみじん切り1かけを熱し香りが出たらベーコンを炒めます。 玉ねぎと白ワイン、トマト缶、水、砂糖を加え煮詰め、茹でたパスタとほうれん草、ナスを加えてモッツアレラを加えて味を整えます。
Blockquote firstBlockquote second

1.ベーコン100gは食べやすい大きさに、玉ねぎ2分の1個はスライス、ほうれん草1束は下茹でして食べやすい大きさにカットします。 2.ナス3本は輪切りにして揚げ焼きします。 3.フライパンにオリーブオイル大さじ2とにんにくみじん切り1かけを熱し、香りが出たらベーコンを炒めます。 4.玉ねぎを加え、しんなりするまで炒めます。 5.白ワイン大さじ4、トマト缶1缶、水100㏄、砂糖小さじ2を加え、10分程度煮詰めます。 6.茹でたパスタ150g、茹で汁100㏄、ほうれん草、2を加え混ぜます。 7.モッツアレラ100gを加え、塩コショウで味を整えます。

レシピ10:お豆とキノコの和風トマトパスタ

和風テイストのトマトきのこパスタです。きのこパスタでトマト味でも、和風なのでさっぱりしています。

パスタを茹で、トマトはさいの目切りに、まいたけは一口大に切ります。熱したフライパンにオリーブオイルを入れトマトを炒め、まいたけ、エンドウ豆、パスタを加え炒めます。 めんつゆと塩コショウで味を整え、皿に盛り刻みのりを乗せます。 和風パスタでもあり、トマトパスタでもあるきのこパスタです。
Blockquote firstBlockquote second

1.パスタ240gを茹でます。トマト1個はさいの目切りにし、まいたけ1株は一口大に切ります。 2.熱したフライパンにオリーブ油大さじ3を入れトマトを炒めます。そこにまいたけ、エンドウ豆80g、パスタを加えて炒めます。 3.めんつゆ大さじ4を加え、塩コショウで味を整えます。 4.皿に盛り付け刻みのりをトッピングします。

レシピ11:キノコたっぷり☆トマトの冷製パスタ

きのこパスタの冷製風です。

パスタは茹でて冷やし、水気を拭き取ります。ミキサーでトマト缶、はちみつ、オリーブ油、塩を混ぜ合わせます。 しめじをほぐし、シイタケとエリンギは薄くスライスし、マッシュルームは4つに切ります。フライパンにオリーブオイルを入れ、粗びきガーリックを加えて炒め、塩で味を整え、冷やしたパスタと和えます。 トマトの冷製パスタは多くありますが、きのこパスタでもよく見かけます。
Blockquote firstBlockquote second

1.パスタ80gは茹でて水で冷やしてペーパーで水気をよく拭き取ります。 2.ミキサーでトマト缶2分の1缶、はちみつ小さじ1、オリーブ油大さじ1、塩小さじ2分の1をよく混ぜます。 3.しめじ1パックは石づきを取ってほぐし、しいたけ3個エリンギ1本は薄くスライスし、マッシュルーム5個は4つに切ります。 4.フライパンにオリーブ油大さじ2を入れ粗びきガーリックを入れ香りが出たら3を加えしんなりするまで炒めます。 5.塩で味を整え、1のパスタと2で和えます。

レシピ12:ポルチーニ入りトマト風味のリガトーニ

きのこパスタでもリガトーニというパスタにポルチーニを加えたトマトのきのこパスタです。

リガトーニを茹でます。フライパンにオイルと赤唐辛子とにんにくを入れ、香りが出たら玉ねぎをベーコンを炒め、水分がなくなってきたらきのこ類を加えます。 ポルチーニソースと酒、トマトジュースを加えて少し煮てミックスビーンズを加え、リガトーニを切ってフライパンに入れます。最後にパルミジャーノを絡ませます。
Blockquote firstBlockquote second

1.リガトーニ200gを茹でます。 2.フライパンにオイル大さじ2、赤唐辛子1本とにんにくみじん切り小さじ1を加え香りが出るまで炒め、玉ねぎみじん切り1個、ベーコン40g1㎝幅にカットしたものを炒めます。水分がなくなればミックスキノコ、ポルチーニスライス3本を加えます。 3.ポルチーニソース大さじ2と酒100㏄、トマトジュース190gを加えて煮込み、ミックスビーンズ50gを入れて塩コショウで味を整えます。 4.リガトーニをフライパンに入れ絡めます。 5.パルミジャーノ大さじ2を加えます。

レシピ13:ポルチーニ茸とトマトクリームパスタ

きのこパスタでもよく登場するポルチーニというきのこを使ったきのこたっぷりのトマトきのこパスタです。

フライパンでパンチェッタを炒め、にんにくと玉ねぎを炒めます。さらにマッシュルームとシメジ、まいたけを加えます。キノコ類に火が入ればポルチーニと戻し汁、トマト缶、塩を加えて煮込み、生クリームを加えてひと煮たちさせ塩コショウで味を整えます。 パスタを茹で、ソースを和えて皿に盛り、パセリを振ります。
Blockquote firstBlockquote second

1.パンチェッタ100gは8㎜の角切り、にんにく2かけ、玉ねぎ4分の1個、パセリ4本はみじん切りに、マッシュルーム100gは4つに切り、シメジ100gとまいたけ100gは小房にわけます。 2.乾燥ポルチーニ10gは30㏄の水で戻します。 3.フライパンでパンチェッタを炒め、にんにくと玉ねぎを加えます。 4.玉ねぎに火が入ればマッシュルーム、シメジ、まいたけを加えます。 5.きのこ類に火が入れば戻したポルチーニとポルチーニの戻し汁をこしたもの、トマト缶1缶、塩小さじ2分の1を加え煮込みます。 6.生クリーム100gを加えてひと煮たちさせ、塩コショウで味を整えます。 7.熱湯2リットルに塩20gを加えパスタをアルデンテに茹で6に合わせ、塩コショウで味を整えます。 8.皿に盛り付け1のパセリを振ります。

きのこのオイルパスタ

きのこパスタの中でも、オイルをベースにしたパスタもよく見かけます。とはいえ、オイルベースのきのこパスタにはどのようなきのこパスタがあるでしょうか。

パッと皆さんがイメージするオイルベースのきのこパスタといえば、ペペロンチーノではないでしょうか。 ここからはきのこパスタの中でもオイルベースのおすすめきのこパスタをご紹介します。

レシピ14:フェンネルサーモンきのこオイルパスタ

レモン汁を加えたきのこたっぷりのオイルパスタです。

パスタを茹で、新玉ねぎはスライスしてしめじはほぐし、しいたけもスライスします。フライパンを熱してオリーブオイルを熱し、玉ねぎ、きのこを入れ炒めます。サーモンを手でほぐしながら入れ、色が変わるまで炒めます。 茹でたパスタをフライパンに加え、パスタの茹で汁も入れて混ぜ、塩と黒コショウで味を整え醤油を入れ、フェンネルを切って振りかけます。
Blockquote firstBlockquote second

1.サーモントラウト290gに塩黒コショウをしてレモン汁をかけます。 2.パスタ240gを茹でます。 3.新玉ねぎ2分の1個をスライスし、しめじ2分の1パックはほぐし、しいたけ2個はスライスします。 4.フライパンを熱してオリーブオイルを入れ、玉ねぎから炒め、キノコ類を入れて炒めます。 5.4に1のサーモンを手でほぐして入れていき、色が変わるまで炒めます。 6.茹でたパスタを5に加えパスタの茹で汁も入れ、塩黒コショウで味を整えます。 7.フェンネル3本は皿に盛り付けてから切って振りかけます。

レシピ15:白だしでアンチョビきのこパスタ

白だしで和風のオイルきのこパスタです。

パスタを茹で、きのこ類は一口大に切り、フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくを入れ香りが出たらアンチョビを入れます。 火を強め、ウィンナーを入れて炒め、きのこ類も入れて炒めます。茹で汁をお玉1杯入れ、白だしと醤油を入れ、パスタを入れ味見をして味を整えて完成です。 きのこ類はお好みでしめじでもエリンギでもしいたけでもまいたけでもOKです。
Blockquote firstBlockquote second

1.お湯に10g程度の塩を入れパスタ2人前茹でます。 2.エリンギ1個まいたけ2分の1パック、しいたけ2個は食べやすい大きさに切っておきます。 3.フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにく2かけを入れ香りが出たらアンチョビ2尾入れて炒めます。 4.火を強め、3にウィンナー4個を入れきのこ類も入れて炒めます。 5.茹で汁お玉1杯分入れ、白だし大さじ1と醤油大さじ2分の1入れます。 6.パスタを和えて味を整えます。

レシピ16:さんま&きのこの秋パスタ低カロの巻

さんまとごぼう、きのことめんつゆを使ったきのこパスタです。

お湯にオリーブオイルを入れてパスタを茹でます。フライパンにめんつゆ、茹で汁、にんにくみじん切りと唐辛子の輪切り、アンチョビソースを入れ、しめじとごぼうを入れてほぐしたさんまも入れます。 茹で上がったパスタをフライパンに入れ、揺すって完成です。
Blockquote firstBlockquote second

1.たっぷりのお湯にオリーブオイル数滴入れてパスタ100g茹でます。 2.茹で上がる3分前にフライパンにめんつゆ大さじ2、茹で汁大さじ1.5、にんにくのみじん切り少々と唐辛子の輪切り少々、アンチョビソース2滴入れて、30秒前になればほぐしたさんま1尾入れます。 3.茹で上がったパスタをフライパンに入れ、揺すります。

レシピ17:超簡単♪めんつゆカレーきのこパスタ

カレー味がスパイシーなきのこパスタです。

きのこ類は石づきなど取り除きほぐしておきます。にんにくはスライスします。パスタは茹でます。フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火にかけます。 香りが出たらきのこ類をいれしんなりするまで炒めます。茹でたパスタを加えて混ぜ合わせ、めんつゆ、カレー粉、パスタの茹で汁を加えて全体的に混ぜ合わせて完成です。
Blockquote firstBlockquote second

1.しめじ2分の1パック、まいたけ2分の1パックは石づきを取り除きほぐしておきます。にんにく1かけはスライスします。 2.パスタ200gは茹でます。 3.フライパンにオリーブオイル大さじ1とにんにく1かけを入れ弱火にかけ、香りが出たらきのこ類を入れしんなりするまで炒めます。 4.パスタが茹で上がれば3に加え、めんつゆ大さじ1.5とカレー粉小さじ1、パスタの茹で汁大さじ6を加えて混ぜ合わせます。

その他のきのこパスタ

和風やトマトソース、クリームソースやオイル系のきのこパスタをチェックしてきましたが、それ以外にもきのこパスタのバリエーションは豊富です。

どのようなきのこパスタがラインナップしているのか、または人気があるのかレシピを見ていきましょう。

レシピ18:コンテが決め手きのこと鶏レバーパスタ

コンテチーズに合わせた肉のきのこパスタです。

レバーは臭み抜きをし、レバーともも肉を粗みじん切りにしてブランデー、塩コショウ、カトルエピス、牛乳と合わせます。 フライパンににんにくを入れ香りが出たらきのこを炒め、鶏肉を加え、ローズマリーを入れます。茹でたパスタを加えて器に盛り付けコンテチーズをスライスし、好みで黒コショウ、オリーブオイルを振りかけます。
Blockquote firstBlockquote second

1.鶏レバー40gは洗い牛乳に30分程度浸けて臭み抜きをします。 2.洗ったレバーと鶏もも肉40gを一緒に粗みじん切りにし、ブランデー小さじ1、塩コショウ、カトルエピス一振り、牛乳大さじ1で合わせておきます。 3.パスタ100gを茹でます。 4.フライパンにオリーブオイル大さじ1と潰したにんにくを加え、香りが出るまで弱火で炒めます。 5.ななめにスライスしたセロリ80gとヤマドリタケモドキ40gを入れて炒めます。 6.2の鶏肉を加えて炒めます。火が入れば塩で味を整えローズマリー少々入れます。 7.茹でたパスタを6に加えます。 8.器に盛り付けコンテチーズをスライスし、好みで黒コショウオリーブオイルを振ります。

レシピ19:ヘルシー美味しいきのこスープパスタ

茹でるだけの簡単ヘルシーきのこのスープパスタです。

きのこ類をほぐしパプリカとピーマンは厚めの千切りにし、玉ねぎはスライスします。パスタを好みの硬さに茹で、別の鍋に水1カップとコンソメを煮たたせてきのことピーマン、パプリカ、ムール貝を加え、柔らかくなるまで煮ます。 スープに塩コショウをします。パスタにスープをかけ具を盛ります。
Blockquote firstBlockquote second

1.しめじ3分の1株、まいたけ3分の1株をほぐし、ピーマンとパプリカは厚めに千切りにします。玉ねぎ半分はスライスします。 2.パスタ100gは好きな硬さに茹でます。 3.別の鍋に水1カップと固形コンソメ1個を煮たたせ、きのこ、ピーマン、パプリカ、ムール貝3個を加え、柔らかくなるまで煮ます。 4.スープに塩コショウをして味を整えます。 5.パスタに4をかけ、具を盛ります。

レシピ20:『舞茸としらすのバター醤油パスタ』

たっぷりまいたけと白菜を使った秋と冬におすすめのきのこパスタです。

まいたけをほぐし白菜は食べやすい大きさに切ります。パスタを茹でながら別のフライパンにバターとにんにくみじん切りを入れ炒め、まいたけと白菜を炒めます。 パスタが茹で上がればフライパンに入れ、醤油大さじ1.5、パスタの茹で汁、黒コショウ少々で味付けし仕上げにしらすを加えます。
Blockquote firstBlockquote second

1.まいたけ160gはほぐし、白菜160gは食べやすい大きさに切ります。 2.パスタを茹でながら別のフライパンにバター20gとにんにくみじん切りを入れ加熱し1を炒めます。 3.パスタが茹で上がれば2に加え、醤油大さじ1.5とパスタの茹で汁、黒コショウ少々で味付けし、仕上げにしらす40gを加えます。

レシピ21:●きのこと高菜のジャンパスタ●

XOジャンを使ったきのこパスタです。

パスタを茹で、みじん切りにしたにんにく、鷹の爪、オリーブオイルをフライパンに入れ弱火で香りを出します。ネギの白い部分を入れて火を入れ、まいたけを入れ、全体に油が回ればパスタの茹で汁おたま1杯分入れ塩コショウします。 パスタをフライパンに入れ高菜とネギの青い部分を入れ全体を絡めます。最後にXOジャンを回しかけます。
Blockquote firstBlockquote second

1.パスタ150gを茹でます。 2.みじん切りにしたにんにく1かけと鷹の爪1本、オリーブオイルをフライパンに入れ、弱火で香りを出し、香りが出たら鷹の爪は取り除きます。 3.2に斜めに切ったネギ1本白い部分を入れて火を入れ、まいたけ2分の1パックを入れ、全体に油が回ればパスタの茹で汁おたま1杯分を入れます。軽く塩コショウします。 4.茹でたパスタを3に入れ、高菜50gとネギの青い部分を入れ全体を絡めます。最後にXOジャンを回しかけます。

レシピ22:きのことオクラの梅パスタ

きのこをたっぷり使ったヘルシーなパスタです。梅肉がポイントです。

しめじは軸を取りばらし、えのきは軸を取り2つに切ります。オクラは茹で、ヘタを取り乱切りにします。梅干しは種を取り潰します。パスタを茹で、フライパンにサラダ油をしき、きのこ類を炒め、パスタとめんつゆを入れて軽く炒め、オクラを入れて混ぜて器に盛ります。 梅干しは梅肉に変えてもOKです。きのこ類はしいたけやまいたけなど好みでいれてください。
Blockquote firstBlockquote second

1.しめじ1パックは軸を取りばらします。えのき1パックは軸を取り2つに切ります。 2.オクラ4本は茹でてヘタを取り乱切りにします。 3.梅干し3個は種を取り潰します。 4.パスタをアルデンテに茹でます。 5.フライパンにサラダ油をしき、1を炒め、4、3、めんつゆを入れて軽く炒め、2を入れて混ぜて器に盛ります。

簡単に色々なパスタを楽しみたいあなたにはこちら!

香り、新しい味を楽しめる大人に向けたパスタソースです。使い方は簡単、茹でたパスタに和えるだけ、それだけで簡単にパスタを仕上げることができます。

サクサクした食感と香りが口中に広がるパスタソースです。たらこ、エビ塩、納豆にネギ塩、ごま坦々とペペロンチーノの6種が1度に楽しめる贅沢なセットです。

きのこに含まれる栄養素

きのこパスタに使われるきのこにはどのような栄養素があるかご存知でしょうか。きのこは低カロリーでヘルシーということを知っていても、どれだけの栄養があるかまでは知っている人は少ないでしょう。

ヘルシーですがきのこにも栄養があります。

栄養素1:食物繊維

きのこには食物繊維が含まれますが、その量は非常に豊富です。しいたけで4.2g、しめじで3.7g、エリンギ3.7g、まいたけ3.5gとなります。

きのこの種類で食物繊維量は異なりますが、4g程度の食物繊維がきのこには含まれ、たくさん食べると便秘に効果的です。

栄養素2:ビタミンB類

きのこはビタミンB群も多く含まれています。中でもまいたけはビタミンB1やビタミンB2などが他のきのこより豊富に含まれます。

ビタミンB1は疲労回復にも効果的といわれており、まいたけには0.25㎎も含まれますから、積極的に摂取したいきのこです。

栄養素3:ビタミンD2

ビタミンDは骨を丈夫にするために必要な栄養素です。そのビタミンDをきのこは持っています。特にビタミンDを多く含むきのこはまいたけで、生で4.9含まれます。

ビタミンDは日光浴などで体内合成することができますが、冬場などはビタミンD生成量が落ちますから、きのこを食べてビタミンDを摂取し、骨粗しょう症予防などに努めましょう。

栄養素4: ミネラル

ミネラルを豊富に含むのもきのこの特徴の1つです。特にカリウムは高血圧の人におすすめですから、きのこを積極的に摂取しましょう。

きのこの中でもエリンギがカリウム含有量がトップで、460㎎あります。カリウムは余分な塩分を排出する働きがあるので、高血圧の人におすすめの栄養素です。 また筋肉エネルギー代謝をサポートし、疲れを回復する効果もあります。

きのこの栄養を逃さない食べ方

きのこには栄養が豊富であることがわかったところで、きのこの栄養を逃がさないような食べ方をしたいです。

たっぷり栄養がある小さなきのこですが、調理法によって栄養が逃げてしまってはきのこの持つ栄養を摂取することができません。 ではどのような調理法で食べればきのこの栄養をまんべんなく摂ることができるのでしょうか。

方法1:調理前に水洗いしない

きのこは調理前に水洗いはしないことが大前提です。ただマッシュルームやなめこは洗うほうがよいので洗いましょう。それ以外のきのこはあまり水洗いしなくても大丈夫です。

きのこには水溶性の栄養が含まれますから、水洗いすると水とともに栄養が流れてしまいます。また水分を吸って食感が悪くなることもあります。 どうしても気になるという人は濡らしたふきんなどで拭くとよいでしょう。

方法2:短時間調理で香りや食感を残す

長時間の加熱は、きのこの栄養を損ねます。加熱する場合は火の入りにくい素材から炒めていき、最後にきのこを投入しましょう。加熱時間をなるべく少なくするようにします。

油と一緒に調理するときのこの栄養が効率よく摂取できます。きのこは油を吸いやすい性質を持っており、少量の油で調理するとベストでしょう。

方法3:冷凍すると旨みが出やすい

知らない人が多いですが、実はきのこは冷凍することによって旨味成分が出やすくなります。きのこの中の水分が膨張して細胞壁を破壊し、その状態で調理することにより旨味や香りが出やすくなります。

炒め物などに使うとよいでしょう。冷凍する場合はあらかじめ食べやすい大きさにカットしてから冷凍すると使う際に便利です。

方法4:乾燥しいたけの戻し方

保存に便利なのが乾燥しいたけですが、正しい戻し方を知っている人はいますか。

水で戻す場合は旨味成分を損ねないよう冷蔵庫の中で戻すようにします。さらに長時間水で戻すと旨味が増すイメージを持たれがちですが、苦み成分が増えますから、戻す時間には注意が必要です。

美味しいきのこパスタを作って食べよう

きのこパスタのレシピ22選|きのこの種類・栄養・調理ポイント

ここまで読んでくださった皆様、きのこパスタの魅力に気づいたのではないでしょうか。きのこパスタにもさまざまな種類があり、和風、洋風、スープなどアレンジ自在なパスタだと気づいたことでしょう。

きのこは種類によっては比較的1年中手に入りやすい食材ですから、パスタを今度作ろうと思うのであれば、きのこパスタを作ってみましょう。その際にこの記事のレシピを思い返していただければ幸いです。

パスタ料理を堪能しよう

パスタといってもたくさんのパスタソースがありますから、毎日食べても食べきれないほどのパスタ料理を作ることができます。

それこそイタリア人が毎日パスタを食べているように、毎日パスタを食べても飽きないです。日本人の口に合わせたイカスミのパスタやウニクリーム、バターしょう油や明太子パスタなども今では日常的に食べられています。 特別な日には本格的なイタリアンパスタを作って堪能するのもよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました