インドの女性の特徴・性格|美人が多い/服装/おでこ/結婚観

性格・タイプ

インドの女性の特徴・性格

インドの女性の特徴・性格|美人が多い/服装/おでこ/結婚観

美人が多い

インドの女性は美人な人が多いです。まぶたは二重で、目がとても大きくクリッとしています。そして、厚めの唇で鼻筋がすっと通って高く、ほりは比較的浅いですがくっきりとした顔立ちの女性が多いです。顔全体が小顔なのでとても整って見え、日本人の女性が憧れるような顔立ちが特徴です。

インドでは、豊かさと裕福さの象徴で太っている人が人気です。肌の色は白色・肌色・褐色・黒色の4種類が多く、インド北部は白人が多く、中部から南部は黄色の色が多く住んでいます。全体的には褐色から黄色人種の肌色が多いのが特徴です。インドでは男尊女卑が激しく、女性の権利があまり認められていません。 インドの女性は受け身で従順な方が多いです。運命に身を任せて生きているような、自己主張をあまりしない方が多いです。

服装

インドの女性はサリーという民族衣装を着ています。インドでは貧富の差が激しいため、サリーは手織りのものから、珍しい素材で織ったものまで細かくランク分けされています。人気のある生地はジョーゼットです。これは、うっすらと透けていてシャリ感がある布地です。春夏用に適したサリーで、しわになりにくくドレープが人気です。

お手頃価格なので人気が高いです。サリーの柄には流行や大きな決まりはありませんが、昼間は明るいカラーが多く、夜に行われるパーティでは暗い色や濃い色が好まれています。 黒色のサリーは、喪の色で祝い事の席では着用しません。そして、白いサリーは未亡人が着ることになっています。夜の寝巻もサリーで寝るのが一般的ですが、近代化が進み若い女性の間では、肌けやすいので心地のいいものではなくなってきています。

おでこ

インドの女性がおでこの真ん中に付けているものは「ビンディ」と呼びます。ビンディにはいといろなデザインがあり、シールタイプのものです。鼻のピアス同様に結婚している女性は、ビンディを付けます。昔は赤い粉を額に付けていましたが、今では粉より使い勝手のいいシールが主流です。

形も丸いものから色々なデザインのビンディが売られています。元々、ヒンドゥー教では額は人間の中枢にあり、神聖な部分であり特別な場所であると考えられていました。しかし、最近ではファッションの一部として色合いや形を楽しんでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました