怨みの感情の晴らし方3つ|怨みの感情のメリット2つ

暮らしの知恵

怨みを持つのは辛いこと

怨みの感情の晴らし方3つ|怨みの感情のメリット2つ

怨みの感情に支配されると辛いと感じる人は多いです。

なぜなら、ストレスを感じそれを解消するために人をやっつけようとする感情になるとされているためです。例えば、誰かを怨んでいて表情が険しく苦しくなっている人のことを考えてみると辛さが伝わることでしょう。

自分の健康にも悪い

 

怨みを持ったまま生きていると健康が悪化するとされています。

やはり怨みを持っていると、そのことばかりに気を取られて気が高ぶって食事も喉をとおらなかったり胃や他の体の部位に負担をかけたりするためです。そもそも病気とは気を病むと書きますし、具体的には怨みのストレスで胃が不調になり病院にいる人のことが思い浮かぶのではないでしょうか。
 

怨みの晴らし方・向き合い方

怨みの感情の晴らし方3つ|怨みの感情のメリット2つ

怨みを持ってしまった場合、晴らし方や向き合い方を知るのをおすすめします。

この理由としては、ただ単に怨みを忘れようとしたり考えないようにしたりするよりも前向きに捉える方があなたにとって有益と言えるためです。したがって今後怨みを持ったら紙に記載してあえて覚えておき、解決策を模索するのを推奨します。

晴らし方1:詳細をブログなどに書く

 

怨みの事情をブログなどに書くと、スッキリしたり状況の整理に役立ったりするとされています。

それにブログであればあなたと同じ怨みを持っている人が訪れて、有益なコメントを行うこともあることでしょう。そして実際のやり方としてはインターネットを利用可能な環境があれば無料ブログがあるため、そこに適当に記事を投稿すると行うことが可能です。

誹謗・中傷ではなく事実だけを書く

ブログに怨みの事実だけを記載することで、ただのはけ口として活用するのではなく解決策が見えて来ることでしょう。

もしもただの誹謗・中傷を書くだけだと怨みの発散にはなると言えますが、根本的な解決にならないと書けるためです。具体的にはブログに怨みを記載する際に、それが事実かどうかを考えながら書くのを推奨します。

晴らし方2:テレビ・ラジオなどに投稿する

 

テレビ・ラジオに投稿するとスタッフや視聴者から怨みについての意見が聞けるでしょう。

それにテレビやラジオであればこそ、そこのスタッフからあなたの周りの人からでは聞けないような有益な助言がもらえることもあるのではないでしょうか。また現実で行うなら、どこかのラジオやテレビのサイトの投稿コーナーにニックネームででも投稿してみると可能です。

暗くならないように書く

可能な限り明るく書くことで、自分の気分も明るくなり怨みを別の視点から見られることでしょう。

またテレビやラジオは多くの視聴者がいて、あまり暗すぎると取り上げられ難い傾向にあるとされているので採用されたいなら明るく書くべきです。具体的には一度投稿したい内容を書いてみて暗そうだとあなたが感じる部分があれば、別の言葉に言い換えてみると良いでしょう。

晴らし方3:相手の不幸を祈る

 

怨んでいる相手の不幸を祈ることで気が楽になることもあるのではないでしょうか。

なぜなら仕返しや正当な罰を与えたと言えるためです。それにただ単に相手の不幸を祈ってみるだけなので、お金も労力もかからないです。また実際に仕返ししているわけではないため誰かからとがめられることもなく安全な方法と言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました