【電動/手動】洗顔ブラシは肌に悪いのか・肌に悪い理由

スキンケア
【電動/手動】洗顔ブラシは肌に悪いのか・肌に悪い理由

最近では、洗顔ブラシを使って洗顔する人がいます。洗顔ブラシとは、洗顔をする時に使うブラシのことで、化粧品を取り扱っているメーカーでも販売していますし、ドラッグストアや100均ショップなどでも販売されています。

有名なところでは、ニキビを改善するためにニキビ専用化粧品に特典として洗顔ブラシがプレゼントとして付いてくるというCMがあります。そのCMによって洗顔ブラシを使うとニキビが改善されると思っている人は多いです。

しかし、一方洗顔ブラシは肌に悪いという意見もあります。洗顔ブラシは、肌に良い商品なのか悪い商品なのかご紹介します。

洗顔ブラシを使うことで良いこと

洗顔ブラシを使用することで肌に悪いと言われていますが、実際には洗顔ブラシはたくさん販売されています。肌に悪いと全員が感じるならこれほど多くの洗顔ブラシは販売されていません。洗顔ブラシを使用することでメリットもあるはずです。ここでは、洗顔ブラシを使うことで肌にどんな良い影響を与えるのか見ていきます。

毛穴を綺麗にできる

洗顔ブラシの1番のメリットが毛穴の奥までしっかり洗うことができることです。手での洗顔では、毛穴の奥まで汚れを落とすことができませんが、洗顔ブラシは毛先が細いので毛穴の奥まで洗浄することができます。

毛穴の中の汚れや皮脂・古い角質などを取り除くことで、毛穴の黒ずみやいちご鼻・ニキビなどの肌トラブルを改善することができます。また、毛穴の詰まりがなくなることで、化粧水や美容液などの浸透力も上がり引き締め効果も感じることができます。

クリーミーな泡立ち

洗顔ブラシで作る泡は手で作る泡より濃厚でキメ細やかな泡を作ることができます。汚れを落とすには、洗顔料を泡立てその泡によって汚れを落とすので、どれだけキメ細やかに泡立てられるかによって汚れの落ちも変わってきます。その点、洗顔ブラシなら簡単に濃厚な泡を作ることができます。

洗い残しがない

洗顔を手ですると髪の毛の生え際や鼻・フェイスラインなど綺麗に洗えない部分があります。しかし、洗顔ブラシなら全体的にムラなく洗うことができ、洗い残し部分がなくなります。

洗顔ブラシが肌に悪いと言われる理由

【電動/手動】洗顔ブラシは肌に悪いのか・肌に悪い理由

洗顔ブラシのメリットを見る限りでは、肌に悪いというイメージはありません。洗顔ブラシを使い毛穴の汚れが取れることで、ニキビや肌トラブルが改善でき肌に透明感や潤いまで与えてくれます。しかし、実際に肌に悪いと感じている人もいます。なぜ、洗顔ブラシは肌に悪いのでしょうか。

洗浄力が高い

洗顔ブラシは手で洗う通常の洗顔より洗浄力が高くなります。そのため、肌への刺激が強く痛みを感じてしまう場合もあります。肌が弱い人や敏感肌の人は洗顔ブラシが合わない場合が多いです。

肌が乾燥してしまう

洗顔ブラシで洗浄すると洗浄力が高いぶん皮脂量が多いTゾーンは良いのですが、頬や目元・口元は皮脂量が少ないので乾燥しやすい部分になります。その乾燥しやすい部分を洗顔ブラシえ洗浄すると必要な皮脂まで取ってしまうため、余計に乾燥してしまいます。

乾燥肌の人が洗顔ブラシを使うと肌トラブルを起こしてしまう可能性が高いので注意が必要です。

洗顔ブラシは肌に悪いのか

【電動/手動】洗顔ブラシは肌に悪いのか・肌に悪い理由

洗顔ブラシは、肌質によって肌に良いか悪いかが分かれてしまいます。肌が健康な人にとっては最適な洗顔法になりますが、肌が弱い人にとっては洗顔ブラシは肌に悪いということになります。しかし、肌に悪いと分かっていながらも使ってみたいと考える人は少なくありません。

洗顔ブラシには、いくつかの種類があり洗浄力にも違いがあります。肌に悪いと感じている人でも種類によっては使うことができる可能性もあります。種類別の特徴をご紹介しますので参考にしてみてください。

手動

手動の洗顔ブラシには、2種類あります。1つはボディブラシのミニタイプでブラシ部分が化学繊維やシリコンを使っている物です。価格的には安く購入することができます。100均で売っているのはこのタイプになります。

そして、もう1つが筆タイプになります。筆タイプは天然の動物の毛(馬毛や豚毛)でできている物が多いです。中にはメイクブラシの専門メーカーや熊野筆など高価な物まであります。

電動

【電動/手動】洗顔ブラシは肌に悪いのか・肌に悪い理由

電動ブラシの特徴は、勝手にブラシが動き汚れを落としてくれるところです。顔に乗せるだけで簡単に使える上、マッサージ効果も得ることができます。

電動ブラシの種類は、回転するタイプと音波振動するタイプがあります。また、電源の仕組みも充電式と乾電池式に分かれます。他にもブラシの交換が可能な物もありますが、できない物もあるので購入の際にはチェックしましょう。機能の違いによって価格も異なります。価格は5千円~2万円くらいで販売されています。機能が多いほど価格は高く設定されています。

洗顔ブラシの肌に悪い使い方

【電動/手動】洗顔ブラシは肌に悪いのか・肌に悪い理由

毛穴の汚れを綺麗に除去してくれる洗顔ブラシは最適な洗顔法ですが、使い方を間違うと肌に悪い洗顔法になってしまいます。どんな使用法が肌に悪いのか説明します。

強い力で使用

毛穴汚れをしっかり取ろうとゴシゴシ洗いや肌に押し付けたり強い力で使用すると肌への刺激が強くなったり摩擦が起こり角質が傷ついてしまいます。正しい使い方は、肌の上を滑らせているイメージの力加減で使用することです。

泡立て不足

洗顔で汚れを落とす役割があるのが洗顔料の泡です。そのため、泡がしっかり立っていない泡を使用してしまうと汚れが落ちないのは当然ですが、泡が少ないとブラシの先端が毛穴を刺激してしまうので、肌を傷つけてしまう可能性があります。泡立て不足は肌に悪い使用法になります。

洗顔ブラシを使う時は、泡立てネットでしっかり泡立てて使用するようにしましょう。また、泡立てるのが面倒な人は、電動タイプなら自動で泡立ててくれる物もあるので、そのようなタイプを購入するといいでしょう。

長時間使用

洗顔ブラシはマッサージ効果もあり汚れもしっかり取りたいと長時間使用する人も多いですが、長時間の使用は肌を乾燥させたり傷つけてしまうので、肌に悪い使い方になります。

使用時間の目安は、一か所につき15秒くらいで顔全体を使用する時でも1分を目安として使うようにしましょう。

肌に悪い洗顔ブラシの特徴

【電動/手動】洗顔ブラシは肌に悪いのか・肌に悪い理由

上記でご紹介したように洗顔ブラシには種類があります。そして、その中でも肌に悪いとされている洗顔ブラシもあります。どんな洗顔ブラシが肌に悪いのかご紹介します。

毛質

肌い悪いと言われている洗顔ブラシの多くが毛質に関係しています。毛質が固い物や太い物は肌に悪いとされています。毛束が太すぎると細かい部分は洗いにくく、毛が太い物は毛穴の奥まで届きません。そして、特に肌い悪いのが毛質が固い物です。毛が固いと肌に刺激が強くかかり肌トラブルの原因になります。

また、シリコンや化学繊維で作られている物は肌に刺激を与えるので、肌が弱い人や敏感肌・乾燥肌の人は天然毛で柔らかい毛質のブラシを選ぶようにしましょう。

洗いにくいブラシ

洗顔ブラシを選ぶ際は、使用した後に洗える物にしましょう。洗いにくいブラシや乾燥しにくいブラシは、雑菌が繁殖してしまうので、肌に悪い影響を与えてしまいます。

電動ブラシの場合は、ブラシが付け替えるタイプの物を選ぶと洗いやすく、もし汚くなったとしても取り換えることができます。衛生面もしっかりチェックするようにして、肌に悪い状態で放置しないようにしましょう。

洗顔ブラシは毛穴掃除に最適!

【電動/手動】洗顔ブラシは肌に悪いのか・肌に悪い理由

顔の毛穴汚れを放置してしまうとくすみや黒ずみ・ニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。そんな時は洗顔ブラシを使い、毛穴掃除をしましょう。洗顔ブラシは肌に悪いとも言われていますが、上手に使うことで肌トラブルも減少できます。

肌の弱い人は、洗顔ブラシの毛質が天然の質の良い柔らかいタイプの物を選び、正しく使うことで肌トラブルも解消できます。また、乾燥肌の人は洗顔ブラシの長時間の使用は避けましょう。そして、まずは1週間に1度使用し、様子を診ながら行うようにしましょう。

毛穴汚れがない肌は、化粧水や美容液の浸透も良くなるので、肌は透明感のある潤いに満ちた肌に生まれ変わることができます。洗顔ブラシを上手に使って健康的な肌を手に入れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました