マスクして寝る効果・メリット・デメリット|肌/風邪/ニキビ

スキンケア
マスクして寝る効果・メリット・デメリット|肌/風邪/ニキビ

風邪の季節や花粉の舞う時期になるとお世話になるのがマスクです。最近は使い捨てのものが主流になり、以前より手軽につけられるようになりました。外出時はマスクをするけど、家に帰ったらマスクをとるという方が多いでしょう。しかし最近は寝る前にマスクして寝るという方もいらっしゃいます。

なぜマスクして寝るのでしょうか。何か効果があるのでしょうか。そのメリットやデメリット、具体的にどんな症状に効果があるのか紹介します。

マスクをして寝ると何か効果があるの?

マスクして寝ると何か効果があるのでしょうか。実はマスクして寝ることは身体にとって色々な影響があります。ここでは肌への影響や効果について説明します。

肌にはどんな影響があるの?

マスクして寝る効果・メリット・デメリット|肌/風邪/ニキビ

まず第一にマスクして寝ると肌を保湿してくれるという効果があります。マスクをするとマスク内は自分の吐く息がこもるので湿度が高くなります。したがって乾燥した時期に唇が乾燥して困っている方はマスクをして寝ると乾燥が防げます。また寝る前にリップクリームを塗っておくと潤いが続いて唇の乾燥予防にもなります。

しかしその一方で肌荒れを起こしてしまう可能性もあります。マスクして寝るということは一晩中肌に何かが触れている状態です。肌に異物が触れている状態が長時間続くことは肌に負担をかけていることになりますので注意しましょう。

おやすみマスク

マスクして寝る方のために作られた、肌への負担を軽減してくれるシルク100%の就寝用マスクです。伸縮性があるので締め付け感も少なく、ほどよくフィットしてくれるところが安眠を促してくれます。内側はシルク、外側は綿の二重構造となっていて唇の乾燥対策や首までもカバーしてくれるので首元の乾燥対策にも役立ちます。ネックウォーマーとしても使うことができます。

Blockquote firstBlockquote second

大手通販雑誌や、おそうじ用具メーカーの通販で、それぞれ絹を使った「おやすみマスク」を求め、四年間使っていました。
洗濯を繰り返すと、どうしても生地が伸びてしまうので、この冬は新しく求めたわけです。
肌触りは負けていません。首まで保温できる点が勝っていましたよ。2シーズンは使いたいです。

マスクして寝るメリット・デメリットとは?

マスクして寝ると肌の乾燥は防げますが、肌へ刺激を与えてしまうことから思わぬ弊害も起こります。ではもう少し具体的にマスクして寝ることによるメリットやデメリットを見ていきましょう。

マスクして寝るとニキビに影響あるの?

マスクして寝る効果・メリット・デメリット|肌/風邪/ニキビ

肌にニキビがある場合は注意が必要です。ニキビは刺激を与えてしまうと余計悪化します。もしマスクをつける部分にニキビがある場合はマスクして寝ることはおすすめできません。ニキビがある時はもちろんですが、ニキビがまだできていない状態の時でも、ニキビができやすい体質の方はマスクして寝るということは控えた方が良さそうです。

実はマスクして寝るとマスクの内部は自分の呼吸で湿度が上がり保湿効果があるということを先に伝えました。しかしその保湿が原因でニキビが悪化する可能性があります。乾燥は防げても今度は高い湿度故に細菌が繁殖しやすい環境になってしまい、ニキビや吹き出物が出やすい状態になってしまいます。

寝る時だけでなく、外出時にマスクをすることもニキビがある時は控えましょう。ニキビがあると気になるのでマスクで隠したくなりがちですが、逆にニキビを悪化させる可能性がありますので注意しましょう。

口唇ヘルペスができている時マスクはつける?

口唇ヘルペスという病気はご存知ですか。これは唇の部分に単純ヘルペスウィルスが感染することで水膨れができ痛みや不快感を伴う症状がでる病気です。

もしこのような症状が唇に現れていたら、周囲の人には見せたくないという思いでマスクをつける方も多いのではないでしょうか。口唇ヘルペスはウィルス感染で人にうつる病気ですので、マスクをすることで感染防止の役目も果たすことができます。また自分自身もマスクをすることでその部分を目にしなくなり気にならないようにできるというメリットもあります。

マスクは日中のみ!夜間は外しましょう。

しかしこれは日中のマスクをつけることに当てはめてください。朝から晩までマスクをつけて、マスクして寝るということになると長時間マスクを装着し続けることになります。

これは常に唇部分の湿度を上げ、ウィルスの繁殖を助長してしまいます。ですので口唇ヘルペスができた時は自宅に帰ってきたらなるべく外すこと、寝る時にはマスクはしないことをおすすめします。

マスクして寝るとほうれい線が出やすい?

マスクして寝る効果・メリット・デメリット|肌/風邪/ニキビ

ではマスクして寝るとほうれい線にはどのような影響があるのでしょうか。実はマスクして寝ることはその呼気で湿気が高くなることにより顔全体の保温効果というメリットがあります。これは総じて顔全体の温度が上がるので、しわやほうれい線予防にも効果的です。

しかしマスクして寝る時に、寝返りなどでマスクが肌に擦れたりすることがあります。これは肌への刺激になりますのであまり良くありません。またサイズが合っていないと常に顔を締め付けているような状態にもなってしまいます。使い方には充分注意しましょう。

ここで一つそんなお悩みの方におすすめのマスクを紹介します。

潤いシルクの薄さらマスク

最近は美容にも気を付けてマスクをする方も多くなってきたことから、色々なマスクが開発されています。このマスクはそんな方のために、肌に刺激の少ないシルクを使用しています。

そしてマスクの表面をプリーツ加工することで肌の接触面を少なくしました。マスクによる肌への刺激を防ぎ、また長時間使用で気になるべたつきや湿気の不快感を感じることが少なくなり、とても使い心地が良いと評判です。

Blockquote firstBlockquote second

頬に触れる生地の部分は柔らかくて、いつも擦れて痛いことから解放されて感謝です。

マスクして寝ることでいびきは防止できる?

マスクして寝る効果・メリット・デメリット|肌/風邪/ニキビ

では寝る時のマスクはいびきには何か効果があるのでしょうか。実は寝る時のマスクでいびきを防止することができます。ただしいびきの原因が口呼吸によるものである時と限定されます。慢性的な鼻炎や風邪や花粉症で鼻づまりを起こしていてそれが原因で口呼吸になっている方には、マスクして寝ることがいびき防止の対策にはなりません。

口呼吸になってしまった方と言うのは、下あごが下がってしまっており、舌が落ち込みやすくなるためいびきをかきやすくなります。いびきとは舌が落ち込むことで気道が圧迫され、呼吸気圧が増すことによって口蓋垂(のどちんこ)を大きく震わせることで起こります。

マスクを装着することでこの口呼吸が自然に鼻呼吸に移行できるということが分かっており、専門家も推奨している方法です。

いびきには気を付けて!

また、いびきは「睡眠時無呼吸症候群」という病気の症状でもありますので、時に死に至る可能性があるります。「睡眠時無呼吸症候群」には適切な治療法があります。これは「CPAP」という専門のマスクを使った治療法で、酸素マスクのような器具です。あまりにもいびきがひどく悩んでいる方は専門医に受診することも大切です。

風邪のときマスクして寝るのはいいの?

マスクして寝る効果・メリット・デメリット|肌/風邪/ニキビ

風邪を引いた時にマスクして寝るという方は多いです。特にのどの痛みや咳が出る時は、喉を乾燥から守るという点でもマスクして寝ることのメリットと言えるでしょう。しかしメリットばかりかと言うとそうでもありません。ここでは風邪の時のマスクして寝ることのメリットデメリットについて紹介します。

風邪の時にマスクして寝ることのメリット

まず風邪の時にマスクして寝ることのメリットとして挙げられるのは、喉の痛みの原因の一つである感想を防いでくれるということです。マスクをすると自分の呼吸でマスク内の湿度が高くなります。喉は乾燥すると痛みを伴いますが、マスクをしていると痛みも和らいできますので、食事がとれなかったり水分補給が辛かったりする場合にも効果的と言えるでしょう。

また、同時に口の中の乾燥を防いでくれるので、口内炎や口の中のトラブルを予防することもできます。ウィルスは乾燥した空気を好んで活動しますので、マスクして寝ることで感想を予防できます。特に風邪が流行っている寒い時期には睡眠中の無防備な状態を回避してくれる心強い味方です。

また風邪を引いていると鼻が詰まって自然と口呼吸している方も多いです。そんな時マスクを装着することで自然と鼻呼吸に誘導してくれることもありますのでよりリラックス効果が得られ、安眠を促します。

マスクして寝ることのデメリットはあるの?

ではマスクして寝ることで何かデメリットはあるのでしょうか。

マスクして寝ることに慣れていない方は、マスクをすると呼吸をしづらいという状態になりませんか。これは睡眠の妨害になりえます。睡眠とはリラックスした状態で良い睡眠を得ることができますので、呼吸がしづらい状態では思うように寝付くことさえできません。

また耳にかかっているゴムの違和感や、マスクが顔の大きさに合っていなかったりすると過度の締め付け感もあり、痛みや刺激でせっかく休養を取ろうとしても、上手く眠れないどころか休息もとれずにストレスを感じることになってしまいます。

このようなことから風邪を引いた時はマスクして寝ることがとても効果的とも言えますが、マスクして寝ることに慣れていないひとにはおすすめできないやり方ですので、自分に合った方法でリラックスしてとにかく休養するということが大切です。

風邪予防に効果的なマスクとは?

風邪予防や風邪をひいてしまった時にとても心強い味方になってくれるマスクも最近では色々と見かけます。その中でも特に人気がありレビューの高い濡れマスクという商品を紹介します。

のどぬ~るぬれマスク

この商品は装着時にマスクの内側に水分を含んだ「ぬれフィルター」をセットします。そのフィルターの水分が呼吸をするたびに蒸気となりのどを潤すことで乾燥したのどを癒す効果があります。

また、フィルターは水分を含む機能だけではなく、花粉やウィルスをブロックする高性能のフィルターとなっており、寝る時だけではなく日中も安心して使うことができ、人気の商品です。

香りの種類もいくつかあり、今回紹介したこのハーブ&ユーカリがさっぱりしていて一番人気があるタイプです。

Blockquote firstBlockquote second

風邪かな?と思った時点から、
風邪の間もいつもお世話になってます☆
寝るときに喉が乾燥しないようにマスクをしたいのですが、他のだとあまり乾燥は防げなくて困っていました。
その点本当に潤っていて良いです!
つけ心地も良くて気に入っています。

効果的にマスクを使用しよう

マスクして寝る効果・メリット・デメリット|肌/風邪/ニキビ

マスクして寝ることの効果やメリット、デメリットを見てきました。マスクの形も色々あります。耳にゴムをかけるタイプだけではなく、その用途に合わせて首まで覆うことができるものや、耳にかける部分がゴムではなく布に穴が開いた形になっているものや痛くならないように工夫がされている耳紐や長さが調整できるものもあります。

またマスクの形自体も以前はまっすぐに口元を覆うだけだったものが、立体的となり、口元に空間をつくることで話しやすかったり呼吸がしづらいという点を改善しています。このように最近のマスクも進化していますので、自分に合ったマスクを見つけて効果的に使いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました