交通事故の加害者が最初にとるべき対応・その後の人生・家族

車・ドライブ

交通事故の加害者が最初にとるべき対応

交通事故の加害者が最初にとるべき対応・その後の人生・家族

普段の生活の中で、ちょっとした不注意から、交通事故に繋がってしまう事は、いっぱいあります。どんなに自分自身が、外で気を付けていても交通事故では自分が加害者になってしまう事も、被害者になってしまう事もあります。

全てのタイミングによって起こってしまう不幸な出来事なので、防ぐコトが不可能な時もあります。そんな不幸な交通事故に繋がってしまった場合に、必ずするべき行動があります。 最初は、交通事故に遭った相手の人の怪我の状態を確認し救護処置をします。次は2次被害を防ぐように、発煙筒を使い後続車両の誘導を済ましてから事故を起こした地域の警察署に連絡します。そして、交通事故の相手と連絡先を交換しておきます。 自分の車の加入している保険会社に交通事故の連絡を入れると、その後の事は保険会社の人が交通事故の相手と連絡のやり取りしてケガのケアや、壊れた車の修理の事を責任を持って対応してくれます。

弁護士

交通事故を起こしてしまった場合は、まずは、車の保険会社の人が交通事故の相手とやり取りをしてケガや車の修理の話を進めてくれています。

でも自分自身が交通事故の加害者になった場合は、「民事責任」「刑事責任」「行政上の責任」と3種類の責任を問われます。車の保険に入っている事で補えるコトもありますが、それだけでは、補えない事もあります。 交通事故の相手が、大きなケガを負った場合や、死亡させてしまった場合には重い判決を受ける事になりますが、判決を少しでも軽減して貰う交渉のお手伝いをしてくれます。 そして、加害者になった時に被害者に対して必ずするべき謝罪対応と示談交渉もしてもらえるメリットがあります。

相談

万が一加害者になった場合は、交通事故専門の弁護士さんが、24時間相談の予約を受け付けています。相談方法は、LINEで受け付けている弁護士さんや、電話やメールで受け付けている弁護士さんとあります。

加害者になった時は、素早くお願いする事で、被害者の人へ誠意を持った適切な対応をする事が可能になります。

交通事故の加害者のその後の人生

交通事故の加害者が最初にとるべき対応・その後の人生・家族

交通事故の加害者となってしまった人の人生は、どのように変化して行くのでしょう。

どんなに後悔をしても、加害者になってしまった以前には戻れません。それと同じく、被害者になった人もそれ以前には戻れません。 交通事故の瞬間で、お互いに立場は違いますが、一生忘れる事のできない傷を負ってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました