車のキュルキュル音の原因・他の症状・対処法

車・ドライブ

大きなキュルキュル音ななんで鳴るの?

車で走行していると、たまにキュルキュルという音を立てたりすることがあります。中にはとても大きなキュルキュル音を立てながら走行している車もありますが、キュルキュル音はなぜ発生するのか分からなくて気になっている方や、キュルキュル音の原因や修理する方法などが分からずに困っている方もいると思います。

そこで今回は、車のキュルキュル音の原因や修理する方法などを分かりやすく紹介して参ります。

キュルキュル音はエンジンのベルトから出る場合が多い!

車のキュルキュル音の原因・他の症状・対処法

キュルキュル音が発生している場所は、エンジンに付いているベルトから音が鳴っている場合が多いです。エンジンに付いているベルトはオルタネーターと呼ばれる発電機を回転させたり、エアコンのガスを回すためのコンプレッサーなどを回転させています。

このエンジンに付いているベルトが劣化するとエンジンが回転するときにベルトが滑ってしまいます。ベルトが滑ってしまうとキュルキュルと音を立ててしまい、車から大きなキュルキュル音が発生してしまいます。

エアコンベルトの劣化も異音の主な原因!?

エンジンに付いているベルトは車種によって使われている本数が異なり、エアコンガスを循環させるコンプレッサーを回すための専用のベルトが使われている場合があります。このベルトが劣化をしてしまうと、エアコンを使用する時にベルトが滑ってしまってキュルキュルと大きな音を立ててしまいます。

劣化してなくても張り不足で音が鳴る!?

車のキュルキュル音の原因・他の症状・対処法

ベルトが劣化をしてなくてもキュルキュルと大きな音を立ててしまう場合があります。エンジンに付いているベルトは一定の張りが必要で、ベルトの張りが足らないとベルトが滑ってしまいキュルキュル音を出してしまう場合があります。ベルトの張りは基本的に大きく狂うことはないのですが、時間の経過と共にベルトが伸びてしまって弛んでしまうことがあります。

そのような場合は、ベルトの張りを調整するだけでキュルキュル音が無くなる場合があります。必ずしもベルトの劣化だけがキュルキュル音の原因でないので、何が原因でキュルキュル音を立てているかきちんと判断しましょう。

ベルトでなくてプーリーから音が出てる場合も

キュルキュル音は、エンジンのベルトから発生していない場合があります。キュルキュル音は、ベルトを回転させるためのプーリーと呼ばれるものから音が出る場合があります。プーリーは、ベルトの回転を受ける部分のところをプーリーと呼び、エンジンのベルトに直接触れている部品ですが、このプーリーが回転する時に大きな音を立ててしまう場合があります。

プーリーから音が出る原因は、プーリー部分に出来た錆などが原因で、特徴としては常にキュルキュル音が発生することが特徴になります。エンジンの回転数やエアコンの使用状況に関係なくキュルキュル音が発生し続けている場合は、プーリーに異常がないかどうかをきちんと確認してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました