峠の走り屋におすすめのスポット|バイク/箱根/千葉

車・ドライブ

峠の走り屋におすすめの場所

峠の走り屋におすすめのスポット|バイク/箱根/千葉

峠は、走り屋にとってさまざまなスリルが味わえます。ここでは、峠の走り屋にとっておすすめの場所を「箱根」「千葉」「埼玉」「神奈川」「山口」「福岡」「静岡」について紹介します。

箱根では?

箱根は「走り屋の聖地」ともいわれ、さまざまな峠があります。「箱根ターンバイク」「芦ノ湖スカイライン」「七曲り」「長尾峠」「椿ライン」「大平台」などです。このうち景色を楽しむのなら「芦ノ湖スカイライン」が絶景です。

箱根ターンバイクは?

「箱根ターンバイク」は、小田原市から箱根町を経由して湯河原町とを結ぶ全長15.752kmの有料道路です。料金が、箱根小田原本線区間が普通車で720円、バイクは、520円で箱根伊豆連絡線区間が普通車で150円、バイクは、110円です。(2014年4月1日現在)料金さえ気にしなければ走り屋にはおすすめのコースです。

「箱根ターンバイク」は、営業時間が5:30から22:30でそれ以外の時間帯は通行できません。「箱根ターンバイク」は、カーブも穏やかで勾配も比較的緩やかですがエンジンブレーキを使用しないとブレーキが利かなくなる恐れがあるので注意します。 有料道路だけあって眺めはよく、途中「大観山スカイラウンジ」などの展望台から富士山や芦ノ湖を見渡したり、相模湾や初島、伊豆大島を眺めたりすることが可能です。

芦ノ湖スカイラインは?

「芦ノ湖スカイライン」は、箱根峠付近の国道1号線と芦ノ湖を結ぶ全長10.75kmの有料道路です。「芦ノ湖スカイライン」は、全線法定速度40kmなのでスピードを求める走り屋には、物足りない部分もありますが、標高約900メートルの外輪山は、芦ノ湖や駿河湾、富士山を望むことができ、展望がいいのでドライブには、適しています。また、秋には紅葉も楽しめます。

時々、霧が発生することもあり霧が発生したときは、展望が悪くなるのはもちろんのこと、視界が悪くなるので運転には充分注意が必要です。

七曲りは?

「七曲り」という名前の坂は、各地にありますが箱根の「七曲り」は、県道732号で須雲川インターチェンジからスタートして箱根神社・芦ノ湖方面への道路です。

スタートは、登り坂で約850mの神社までは、道路幅が狭く、対向車が来たらどちらかが止まってすれ違う必要があります。神社を超えると二車線ですが途中200mくらい狭い区間がありますが待機スペースが対向車が来たら待機スペースを利用します。しばらくは緩やかなコーナーと坂が続き走りやすい道が続きます。 中盤に「七曲り」があり、勾配がきつく直線が短い連続するヘアピンです。シフトチェンジ・加減速・ハンドル操作などのドライブテクニックを駆使して運転します。峠の走り屋には、極上のコースです。 「七曲り」が終わっても、急勾配とヘアピン・急カーブがあります。最後のカーブを抜けると勾配もなくなり平坦になります。路線バスと自転車には、注意して走行します。

長尾峠は?

「長尾峠」は、箱根町と御殿場町を結ぶ箱根外輪山を超える峠です。箱根スカイラインに続きその入り口手前の駐車場から登山道に登ると北西に富士山が眺められます。

椿ラインは?

「椿ライン」は、県道75号線で芦ノ湖南岸と湯河原を結ぶ全長約25kmの道路です。「椿ライン」は、コーナーが連続するワインディングロードですが全線2車線で舗装もされているので走りやすいです。制限速度は30kmで全線追い越し禁止です。

大平台は?

大平台は、国道1号に隣接していて宮ノ下、小涌谷へと続く坂は、箱根駅伝でもおなじみのコースです。

千葉では?

千葉は、起伏の少ない地域です。峠はほとんどないですが曲がりくねった道が続くワインディング道路なら「もみじロード」や「長狭街道」「国道410号」「国道465号」「清澄養老ライン」などがあります。

もみじロードは?

「もみじロード」は、志駒川に 沿って延長約10kmに続く県道182号(上畑湊線)で名前が示すとおり千葉県内でも一番のもみじの名所で約1000本のもみじが生えています。もみじの見ごろは11月下旬から12月上旬ころがピークです。色鮮やかなもみじを鑑賞しながらのドライブがおすすめです。

長狭街道は?

「長狭街道」は、鴨川市横渚から鋸南町を結ぶ全長約26kmの街道です。「長狭街道」では、桜などの自然を楽しんだり社寺や公園を訪れたりグルメを味わえます。

国道410号は?

「国道410号線」は、館山市と木更津市を結ぶ全長約130.2kmの国道で房総半島の背骨の道とも呼ばれます。「国道410号線」は、線形が不良で山間部の一部では、道が狭いところが走り屋としては楽しめます。

国道465号は?

「国道465号線」は、茂原市と富津市を結ぶ全長約3.7kmの国道で筒森バイパスとも呼ばれます。「国道465号線」は、幅員が狭小なうえ急カーブが連続していましたが昭和54年度から順次整備を開始して以前より走りやすくなっています。整備されたことにより走り屋としては物足りない部分もあります。

清澄養老ラインは?

「清澄養老ライン」は、市原市牛久と鴨川市天津を結ぶ全長約36kmの道路です。「清澄養老ライン」は、全体的に道幅が狭く、一部区間は林道のようになっていて普通自動車のすれ違いも困難な程です。

夏場は、観光客の迂回路に使用されるので渋滞することもあります。冬場は、凍結することもあります。走り屋もドライブ時は、歩行者の飛び出しや土砂・落ち葉に注意が必要です。

埼玉では?

埼玉の峠では、秩父へ入るルートでもある「正丸峠(しょうまるとうげ)」「定峰峠(さだみねとうげ)」「山伏峠(やまぶしとうげ)」があります。

「正丸峠」は、標高636mで通年通行可能で完全舗装ですが道幅が狭いところがあります。峠からは奥武蔵の山々を望むことができ、峠には茶店もあります。 「定峰峠」は、秩父の東側から小川町に抜ける標高617mの峠で沿道に多くのお寺があります。緩やかなコーナーからヘアピンまでまでそろっていて峠の走り屋にはいい条件がそろっています。 「山伏峠」は、青梅方面と秩父を結ぶ峠道で海抜1100mです。「山伏峠」は、一部道幅が狭い箇所はありますが、他は道幅も広く塗装もいいので危険な場所は少ないです。

神奈川では?

神奈川の峠では、やはり箱根ですが箱根以外となると相模湖付近に峠があります。秦野中井IC~相模湖ICの抜け道でもあるヤビツ峠があります。1台分のスペースしかなく対向車とすれ違う区間もあり急カーブの連続です。くねくねした道の好きな走り屋にはおすすめの峠です。

山口では?

山口の峠の走り屋のおすすめは岩国にある松尾峠です。松尾峠は、岩国を往来する峠の中で最も難所です。

福岡では?

福岡の峠の走り屋のおすすめは「犬鳴峠」「龍王林道」「見坂峠」「赤城峠」「論地峠」「猿田峠」などがあります。

「犬鳴峠」は、若宮久宮町を結ぶ峠で心霊スポットでもあるので、心霊関係が苦手な方は避けた方がいいでしょう。 「龍王林道」は、飯塚市の八木山にある飯塚市と八木山を結ぶ林道の峠です。眺めのいい頂上から降りていくと最初は、大きなコーナーでそのあとは、いいコーナーが続きます。 見坂峠は、福津市と宮若市を結ぶ県道30号線で、遠くには海が見えます。下は崖なので慎重にゆっくり運転します。 赤城峠は、宗像市と宮若市を結ぶ県道463号線です。赤城峠には、二つのスネークヘアピンがあり道幅も広いのでいろいろなラインを引くことができます。 論地峠は、宗像市から宮若市を結ぶ県道87号線です。道幅があり、高速でのドライブが楽しめます。

静岡では?

静岡の峠の走り屋のおすすめの峠は亀石峠です。亀石峠は、伊東市と伊豆の国市を結ぶ標高451メートルの峠です。路面がうねっているアクロバチックな道です。

峠の走り屋の事故例は?

峠の走り屋にとって、車を運転する以上事故の可能性は、常にあります。峠は、急なカーブや勾配、舗装されていない道路、道幅が狭い、視界が悪い、天候が変わりやすいなど事故を起こりやすい状況にあります。

事故例としては、無理な追い越しによる衝突事故、スピードの出しすぎによるハンドル操作の誤り、ブレーキが効かなくなっての衝突事故、あおり運転による事故、スマホなどを操作しながらの脇見運転、居眠り運転、酒酔いや酒気帯び、歩行者などの急な飛び出しによる事故などがあります。 走り屋が峠で走らせる時には一般道を走るとき以上に細心の注意でハンドルを握る必要があります。交通ルールとマナーを守り譲り合いの精神で事故を防ぎましょう。

バイクの峠の走り屋におすすめの場所

バイクの峠の走り屋におすすめの場所は、基本的に車の峠の走り屋におすすめの場所とかぶります。そのなかでも神奈川箱根の「箱根ターンバイク」「芦ノ湖スカイライン」「七曲り」「長尾峠」「椿ライン」「大平台」などや埼玉秩父の「正丸峠」「定峰峠」「山伏峠」などはおすすめです。

バイクは、車と違い狭い道でも対向車の心配をしないで済みますし、渋滞でも車の間を縫うように走ることもできます。反面、事故を起こした場合の危険度は車よりも高くなります。安全運転で走り屋を楽しみましょう。

走り屋にとっての峠とサーキットの違いは?

峠の走り屋におすすめのスポット|バイク/箱根/千葉

走り屋でよく出る話題が峠とサーキットの違いです。結論からいうとそれぞれによさがあります。スピードが出るのがサーキットでは、坂の勾配や坂のカーブなどの自然でできたコースを楽しめる良さがあります。

どちらの走り屋がいいかは、個人の好み次第です。それぞれにあったコースで走り屋を楽しみましょう。

マナーをしっかり守って峠の走り屋を楽しもう

峠の走り屋におすすめのスポット|バイク/箱根/千葉

峠の走り屋にとって一番こころがけなければいけないことは、他のドライバーに迷惑をかけないということです。峠は公道です。公道は、当然さまざまなドライバーが走ります。その中には、高齢者や女性、初心者、乳児や幼児を乗せた車も走ります。これらのドライバーには、最大限の気配りが必要になります。

もちろん他のドライバーにも充分に気を遣い、迷惑をかけないようするのが走り屋のマナーです。あおり運転やスマホを操作しながらのわき見運転は論外です。アルコールを摂取した状態や疲れがたまっている状態での運転もやってはいけません。峠を走る前には、車の点検を充分に行い付近の天候状況もよく調べたうえで峠の走り屋を楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました