看護師は離婚率が高いって本当?|離婚しないためにしておくこと5選

仕事の悩み

看護師って本当に離婚率高いの?その原因は

看護師は離婚率が高いって本当?|離婚しないためにしておくこと5選

一般的に、看護師は離婚率が高いと言われていますが、なぜそのように言われるのでしょうか。アメリカの研究によると、実際は看護師の3人に1人は離婚するといわれています。そして、離婚原因は「性格の不一致」が群を抜いています。

看護師の離婚率が高い理由は、「夫・妻と予定が合わない勤務時間&休日」・「家事の分担がうまくできていない」・「プライベートとのバランスが取れていない」の3つだとされています。

夫・妻と予定が合わない勤務時間&休日

1つ目の看護師の離婚率が高い理由は、「夫・妻と予定が合わない勤務時間&休日」です。

看護師の勤務時間はシフト制のことが多く、早番・遅番や夜勤など日によってさまざまです。休日についても、ほとんどの場合が不定期です。したがって、配偶者の仕事の休みが定期的・不定期的どちらであっても、すれ違いが起こりやすいと言えます。 すれ違いで離婚しやすい夫婦の特徴として多いのが「言わなくてもわかると考えている」ことです。

家事の分担がうまくできていない

看護師は離婚率が高いって本当?|離婚しないためにしておくこと5選

2つ目の看護師の離婚率が高い理由は、「家事の分担がうまくできていない」です。現代社会では共働きの夫婦の割合が多いとされていますが、忙しさに追われていれば、家庭よりも仕事を優先してしまうこともあるでしょう。

男性の中には、共働きであっても女性が家事をすることが当然と考えている人もいます。しかし、お互いにフルタイムで働いていると女性の不満は募ります。 家事の分担がうまくできていないと離婚の原因になります。

家事の分担

家事の分担は細かく決めておかないと、必然的に女性が率先して行うことが多くなり、負担がかかります。それを防ぐために、男性にも家事における責任を担ってもらう必要があります。

分担表を作成したり、ルールを作ったりすることで、共働き女性の家事の負担を減らす工夫ができます。

プライベートとのバランスが取れていない

3つ目の看護師の離婚率が高い理由は、「プライベートとのバランスが取れていない」です。

夫婦であっても1日中ずっと一緒にいることは負担になります。夫婦として相手を気にかけることは素敵なことですが、お互いのプライベートを尊重することも大切です。 時には、1人になりたいと思うこともあるでしょう。すれ違いを避けたいからといって、過度に干渉することはよくありません。夫婦それぞれの時間を持つように心がけましょう。

看護師が離婚しないためにしておくこと5選

看護師は離婚率が高いって本当?|離婚しないためにしておくこと5選

ここからは、離婚率が高いといわれる看護師が、離婚をしないためにしておくことを5つに分けてご紹介して行きます。

一般的な夫婦の離婚原因には、「性格の不一致」や「生活費を渡さないなどの金銭問題」、「異性関係」が挙げられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました