赤ちゃんの抱っこの仕方・嫌がる原因・抱っこの寝かしつけはいつまでか

ベビー・子育て

簡単ストレッチの予防法について

簡単ストレッチにより腰痛の予防法になります。ストレッチとは朝起きる前と寝る前に布団の上で膝から下を曲げた状態で左右にたおすのを各10回ずつしますが深呼吸をしながらゆっくりと動かしましょう。このストレッチをやっていることで昼間の腰への負担がほとんど感じられません。

赤ちゃんを抱っこするときも腰への負担が少なく感じれます。

赤ちゃんの抱っこの姿勢について

赤ちゃんの抱っこの仕方・抱っこの寝かしつけ

赤ちゃんの抱っこの姿勢によって腰への負担があり腰痛になりやすいです。赤ちゃんを抱っこするときは正座よりあぐらの姿勢をすることで骨盤の歪みの予防になり腰痛になりにくいです。またママさんと赤ちゃんにとっても安定した姿勢になり授乳もしやすくなります。

ママさんにあった姿勢が一番ですが参考までにやってみるのもお勧めします。

抱っこするときの対処法について

抱っこするときの対処法はひとまず赤ちゃんを布団かベットに寝かせましょう。ママさんも横に休み一旦休憩しましょう。落ち着いたらベルトをつけるかやシップを貼りましょう。早めのや対処が重要です。

赤ちゃんの抱っこはしばらくは控えるようにして周りの支えになってくれる家族に手伝ってもらいましょう。

動くときの対処法について

動くときの対処法についてはゆっくりと横に休みましょう。変に動くと悪化してしまうこともあります。無理は禁物です。これからも子育ては続くのでまずはママさんの体を大事にしましょう。

なるべく動かないようにして横に休み痛みが続く場合は早めの病院で診てもらいましょう。

寝るとき対処法について

寝るときの対処法については赤ちゃんを横に寝かせてママさんは真上に休まず極力真横の状態になりましょう。腰痛を悪化させないためにもベルトをつけるかシップを貼って休むようにしましょう。また腰に負担をかけないように横向きの姿勢で起きるときや寝るときは動くようにしましょう。

赤ちゃんを抱っこしながらできる筋トレとエクササイズの方法は?

赤ちゃんの抱っこの仕方・抱っこの寝かしつけ

赤ちゃんを抱っこしながらできる筋トレとエクササイズの方法とは日頃から子育てに忙しい中での運動としては難しいでしょう。しかし赤ちゃんを抱っこしながら普段の日常生活の中で簡単に短時間で筋トレとエクササイズができる運動を紹介します。

また家の中でできるスクワットや足ふみや椅子を使った運動や散歩という感覚でのウォーキングについて参考になるように紹介します。

スクワット

赤ちゃんの抱っこの仕方・抱っこの寝かしつけ

赤ちゃんを抱っこしながらできる筋トレとしてスクワットがあります。後ろから赤ちゃんをスリングや抱っこ紐で固定します。家の中で簡単な運動としてやってみてはどうでしょうか。しっかり屈むことから始めないで中腰ぐらいに屈むことからやってみましょう。手は頭の上に置き屈むことでお腹や太ももに筋肉がつきやすく体力づくりになります。

赤ちゃんを抱っこしているので動くときはゆっくりと行いましょう。

足ふみ運動

赤ちゃんを抱っこしながらできる筋トレとして足ふみ運動があります。家の中や産後体操の教室を利用してやってみてはいかがでしょうか。まずは家の中で階段の1段を使って足ふみをしますが赤ちゃんはスリングや抱っこ紐で固定して語りながらやってみましょう。他には産後教室に参加して他のママさん達と一緒にやるのも楽しいですし色んな情報交換もできます。

椅子を使った運動

赤ちゃんを抱っこしながらできる筋トレとして椅子を使った運動があります。赤ちゃんを前抱きにして椅子の手前側に座りママさんの膝は曲げた状態で足ふみや足を伸ばして両足首を左右に動かしましょう。各10回づつを朝や昼間や寝る前のどれかで運動できる時間にやってみましょう。

この運動は上半身より下半身を鍛えるものです。子育ては立ちっぱなしの時間が多いので少しでも鍛えるのに参考にしましょう。

ウォーキング

赤ちゃんの抱っこの仕方・抱っこの寝かしつけ

赤ちゃんを抱っこしながらできるエクササイズにはウォーキングがあります。赤ちゃんをスリングに入れて動ける服装で自分のペースで深呼吸をしながら歩きますが休憩も間にいれましょう。1人より家族やママさん友達と一緒に歩くのも楽しくて赤ちゃんにとっても健康に良いでしょう。

ウォーキングとなると抵抗感や疲れがでて中々実行することが少ないですが毎日ではなく休日にパパさんと一緒に歩いたり散歩の感じで初めてみましょう。

赤ちゃんにとって抱っことは?

赤ちゃんの抱っこの仕方・抱っこの寝かしつけ

赤ちゃんにとって抱っことは喜びを感じるという利点や抱っこをする回数が減るという欠点や健康管理で大事なやり取りなどあります。しかし赤ちゃんには必要なもので今後の成長に関わりをもつものになります。

参考になるように詳しく紹介しているので見ていきましょう。

利点について

赤ちゃんの抱っこの仕方・抱っこの寝かしつけ

抱っこの利点とは赤ちゃんを産んだときから始まりパパさんやママさんにとってかけがえのない家族としての実感を感じる1番の愛情確認になります。赤ちゃんも安心感や信頼感が芽生え成長の中で受け入れすくすくと育っていきます。

欠点について

赤ちゃんの抱っこの仕方・抱っこの寝かしつけ

抱っこの欠点とは赤ちゃんの成長の中で体重が増えていき重さを感じ段々と抱っこが難しくなります。また成長とは別に赤ちゃんの機嫌によって抱っこを嫌がる場合もあります。他に忙しさから抱っこをすることが減る場合もあります。2人以上の出産をしたママさんは上の子達の世話からなかなか抱っこができない場合もあります。

このようにすべてが欠点になるわけではないですが目安として参考にしましょう。

健康管理について

赤ちゃんの抱っこの仕方・抱っこの寝かしつけ

赤ちゃんを抱っこすることで健康状態の確認ができます。日頃から赤ちゃんと触れ合うことで機嫌はどうなのか体調はどうなのかなどの状態が分かります。

このように抱っこから感じとれることで健康管理ができる大事なやり取りになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました