無能な働き者の特徴10個|無能な働き者から脱却する方法4つ

仕事ノウハウ

無能な働き者は行動力が高い

無能な働き者の特徴10個|無能な働き者から脱却する方法4つ

無能な働き者は、やる気はあるけれど間違った判断で動いてしまい、余計に仕事を増やしてしまう傾向にあります。このタイプは、余計な仕事を増やしてしまい周りに迷惑をかけていることに全く気付いていないという人が多いです。

ですので、無能な働き者は、誰にでもできるような単純作業を任せた方が責任のある仕事や業務よりもリスク回避できます。

無能な働き者の特徴10個

無能な働き者の特徴10個|無能な働き者から脱却する方法4つ

無能な働き者は、判断力や能力もないのにも関わらずに行動力が高く仕事を進めていき失敗に終わってしまう傾向にあります。加えて、自分の失敗を周囲に転換していく人もいます。

このように、無能な働き者には特徴があります。その他にもありますので紹介していきます。

特徴1「自分を有能だと思っている」

無能な働き者の特徴に「自分は有能であると自負している人」が挙げられます。このタイプは、自分には行動力があり実行力もあると思い込んでいるため、自分の事を有能だと思い込み仕事をします。ですが、自身の能力や判断力がないため失敗に終わることが多いです。

ですので、このようなタイプは、やることを限定させることで失敗のリスクを少しでも下げることが可能です。

特徴2「報連相ができない」

無能な働き者の特徴に「報連相ができない」が挙げられます。社会人であれば、報連相である「報告」「連絡」「相談」は常識です。ですが、無能な働き者に限って、報連相なしに勝手に動いてしまい、失敗する傾向にあります。

また、自己判断で全てを解決しようとする傾向にあり、アドバイスにも耳を貸さない傾向にあります。

特徴3「ミスを繰り返す」

無能な働き者の特徴に「ミスを繰り返す」ということが挙げられます。一度失敗してしまう分には仕方なのですが、この失敗を反省せずに同じことをしてしまい、失敗する傾向にあります。ですので何度も同じミスをしてしまいます。

加えて、ミスをしたことをすぐに忘れてしまう傾向にあり、周囲に迷惑をかけてしまうことも多いです。

特徴4「適切な判断ができない」

無能な働き者の特徴に「適切な判断ができない」ということが挙げられます。報連相をすることなく勝手に動いてしまい、自己判断で仕事を行ってしまうため、随所で適切な判断ができません。

ですので、緊急時の対応など、何が正しくて何が誤りなのか、といった適切な判断ができない傾向にあります。

特徴5「効率が悪い」

無能な働き者の特徴に「効率が悪い」ということが挙げられます。例えば、書類を案件別に分けて整理しておけば良いのですが、無能な働き者は書類をごちゃごちゃにしてしまう傾向にあるので、すぐに書類を準備することができず作業効率が悪くなります。

このように、無能な働き者は、臨機応変に対応することができません。また、仕事の整理ができておらず余計な体力を使ってしまうこともあります。

特徴6「間違いを認めない」

無能な働き者の特徴に「間違いを認めない」ということが挙げられます。仕事に対するアドバイスや注意を受けても、自分がやっていることに対して絶対の自信をもっているため、間違っていたとしても認めようとせず、仕事が遅れてしまう傾向にあります。

特徴7「空気が読めない」

無能な働き者の特徴に「空気が読めない」ということが挙げられます。仕事中に全く関係ないことをやっていたり、会議中に途中で別の作業をしたり、話をいきなり変えたりしてしまうため周囲との連携が取れない傾向にあります。

このように、、周囲の人や状況を全く考えず自分視点でしか物事を見ない傾向にあります。

特徴8「責任転換をする」

無能な働き者の特徴に「責任転換をする」ということが挙げられます。前述したように、無能な働き者は、正常な判断ができないのに勝手に仕事をしてしまうため、失敗しても言い訳をして責任転換をする傾向にあります。

ですので、このようなタイプには、責任が伴わない仕事をさせておく必要があります。また、 複数の人と仕事をして責任を分散することが必要になってきます。

特徴9「プライドが高い」

無能な働き者の特徴に「プライドが高い」ということが挙げられます。自分の能力や判断力に自信を持っており、なんでもできると思い込んでいるため、プライドが高く失敗をしても認めない傾向にあります。

ですので、何度も同じ失敗を繰り返してしまい、余計な仕事を増やす原因になってしまいます。また、失敗を認めないために職場の空気を悪くしてしまうこともあります。

特徴10「詰めが甘い」

無能な働き者の特徴に「詰めが甘い」ということが挙げられます。責任ある仕事を任せたとしても判断力がないため、最後の重要な部分が中途半端な内容となってしまい、詰めが甘い状態で終わることが多いです。

このように、詰めが甘いため、最後の重要な部分でミスをしてしまう傾向にあります。

仕事ができる人間になりたい方へ

この本は、仕事に対してどのように取り組んだらよいかを考え、そのきっかけを得ることが可能です。加えて、 仕事を通して人間力を磨き、しっかりと人生を生きる方法を学ぶことができる本です。

無能な働き者と考えられる方、もしくは、自分が仕事がうまくできないと感じている方におすすめの本です。

無能な働き者から脱却する方法4つ

無能な働き者の特徴10個|無能な働き者から脱却する方法4つ

無能な働き者から脱却するためには、まず、報連相をしっかりと行うことです。社会人としての基本的な能力ですので、この部分を鍛える必要があります。加えて、自分の能力や判断力を過信しすぎないということも大切です。

以上の内容は、基本中の基本になりますので、まずはこの部分から叩き込む必要があります。その他にも脱却する方法がありますので、紹介します。

方法1「自分や全体を客観視する」

無能な働き者の特徴10個|無能な働き者から脱却する方法4つ

無能な働き者から脱却する方法に「自分や全体を客観視する」ということが挙げられます。これは、物事を客観的に見ることで自分はどの仕事をすれば良いのか、今からどのような動きをすれば良いのかを理解することができます。

無能な働き者は自分自身の目が届く範囲の事しか見えていない傾向にあります。客観的に見ることで全体を理解する必要があります。

方法2「手順を明確に理解する」

無能な働き者の特徴10個|無能な働き者から脱却する方法4つ

無能な働き者から脱却する方法に「手順を明確に理解する」ということが挙げられます。無能な働き者は、仕事の優先順位や計画について何も考えていないことが多く、無駄な作業をする傾向にあります。

ですので、仕事の優先順位をしっかりと立てやるべきことを整理することで、自分で作業する部分はどこまでなのかなどといった、仕事の段取りを明確にすることができます。

方法3「時間配分を考える」

無能な働き者の特徴10個|無能な働き者から脱却する方法4つ

無能な働き者から脱却する方法に「時間配分を考える」ということが挙げられます。無能な働き者は、時間的目標を持っていないためダラダラと仕事をしてしまう傾向にあります。

ですので、自分がやることに対して時間的目標を定めることによって、その時間内で終わらせるように頑張るため、時間配分が上手くなって仕事の効率が上がります。

方法4「周りの人間と協力する」

無能な働き者の特徴10個|無能な働き者から脱却する方法4つ

無能な働き者から脱却する方法に「周りの人間と協力する」ということが挙げられます。無能な働き者は行動力があり自己判断で仕事をする傾向にあります。加えて、1人で仕事をしてしまい暴走してしまいがちなため、周りの人間と協力して仕事をする事が大切です。

このように、周りの人間と協力することで間違った方向に進んでいた仕事を修正することができ、なおかつ、報連相の重要性も理解することができます。

自分が無能な原因を知って改善しましょう

無能な働き者の特徴10個|無能な働き者から脱却する方法4つ

無能な働き者の特徴は、自分の能力や判断力に自信を持っており、間違った方向に進んでいて注意を受けても聞く耳を持たない傾向にあります。ですので、失敗してしまうことが多いです。

このように、自分が無能だと感じ始めたら、まずは、報連相をしっかりと行うこと、物事を自分視点ではなく客観的に見ることで、失敗してしまう可能性を無くすことができます。

その他の特徴に関する内容も見てみよう

無能な働き者の特徴である「プライドが高い」「空気が読めない」「責任転嫁をする」という点は、必ずといっていいほど職場の空気を悪くします。若い人の場合は、上司や上の立場の人が口をすっぱくして注意することで改善する余地があります。

ですが、年配の方だった場合、自分よりも年下の注意を全く聞かずに、自分で勝手に判断してしまいます。失敗しても責任をとらないことも多いです。ですので、臨機応変に対応しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました