頭の悪い人の特徴12・頭が悪い人の頭がよくなる方法

仕事ノウハウ

頭が悪い人が周囲に与える影響

大きな声ではいいにくいでしょうが、あなたの周りには、頭が悪い人がいますか。頭が悪い人は、まわりを振り回すことがあります。

会社などのグループでみんな一つの目標に向けて動いているときに、一人の頭が悪い人がまったく別の方向に向かって動いていると、効率が落ちてしまいます。時にはグループに損害を与える場合もあります。頭が悪い人が周囲に与える影響について説明します。

影響1「物事の進行を妨げる」

頭が悪い人は、物事の進行を妨げます。うっかりミスが多く、まさかと思うトラブルを引き起こすことで周囲の足をひっぱります。頭が悪い人のミスは、他の人から見ると想像もつかないミスの場合もあります。周囲が気を付けていてもミスが防げず、余計なストレスを与え続けます。

影響2「無駄な時間を増やす」

頭が悪い人は、自分が正しいことをやっていると疑いません。的外れなことに時間を費やし、本来やるべき仕事をないがしろにしがちです。他の人が指摘できればよいのですが、頭が悪い人は、自分が正しいという思い込みが強いために話を聞き入れないこともあります。会社では、指示を聞かない人を重要なポストから外すこともあります。

影響3「イライラさせる」

頭が悪い人に振り回されて、周りはイライラします。頭が悪い人の犯したミスの、尻ぬぐいをさせられることもあります。お得意様に対して失礼なことをした際は、本人に代わって謝りに行かされる場合があります。また、ミスを挽回するために予期せぬタイミングで残業を強いられる場合もあります。

頭が悪い人はまったく自分が悪いと思っていないことすらあるので、周りの人はイライラがつのる一方です。

頭が悪い人の特徴

頭の悪い人の特徴12・頭が悪い人の頭がよくなる方法

頭が悪い人の特徴を説明します。頭が悪い人は、周りに多大な影響を及ぼします。本人には反省する気持ちがないことも多いので、成長させることは難しいです。部下に頭が悪い人がいた場合、どのような言い方で指導するか悩ましいことがあります。

特徴1「理論的に考えない」

頭が悪い人は理論的に考えません。ほぼ直感で生きており、理論的に考えることを重視しません。プライベートな場合は本人の思うがままで構わないのですが、頭が悪い人は仕事でも自分の直感で行動します。理論的に考えないので、安心して仕事をまかせることができません。

結果的にルーティンワークばかり頼むことになりますが、頭が悪い人はなぜ自分が重要なポストにつけないかわかりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました