女の敵は女|気を付けるべき女の特徴10個と対処法

人間関係

「女の敵は女」の意味

女の敵は女|気を付けるべき女の特徴10個と対処法

「女の敵は女」という言葉を実感するような経験をしたことがある女性は多いのではないでしょうか。

例えば、友達の恋愛相談を受けていたのに、その相手にこっそり告白して略奪したり、彼氏が浮気したときに彼氏ではなく浮気相手の女性の方に怒ったりと、同性を簡単に裏切ったり恨んだりする女性を「女の敵」と呼びます。 自分が女性として優れていることを、他の同性を貶めることで示したい人が、「女の敵」になりやすいと言えます。

同性だからこそのライバル視

同性に対するライバル意識の強さが、「女の敵は女」という状況を生み出していると言えます。ただし、同性であれば誰でも敵になるというわけではありません。

その女性に勝ちたいと思ったとき、「女の敵は女」の状況が生まれます。つまり、誰かにとって鼻につく女性が、「敵」としてみなされるということです。 明らかに自分の方が女性として優れていると思われる人や、逆に全く歯が立たないような相手はターゲットになりません。

「女の敵は女」な人の特徴

女の敵は女|気を付けるべき女の特徴10個と対処法

女性同士が敵になりやすいのは、女性特有の嫉妬心が原因と考えられます。

他の女性が自分にないものを持っていると、無性にいらだつ女性は少なくありません。特に、自分と同じくらいのレベルなのに、自分より幸せそうにしていると思われた女性が「敵」とみなされやすいです。 ここからは、何かと同性を敵対視する、「女の敵は女」になりやすい人の特徴を見ていきましょう。

特徴1:嫉妬深い

女性は、優秀な子孫を残すために、優秀な男性を本能で必要としています。そのため、優秀な男性が他の女性のものになろうとしたときに、嫉妬心が芽生えます。

例えば彼氏が浮気したとき、男性よりも浮気相手の女性の方に怒り狂ってしまう女性が多いのは、優秀な男性をつなぎとめておきたい、優秀な男性を自分から奪おうとする女性が許せないという本能から来る感情だと言えます。

特徴2:何でも張り合ってくる

同性に敵意をむき出しにする女性は、何でも張り合ってくる傾向があります。自分が高級なブランド品を持っていることや、彼氏や夫の学歴の高さや勤めている企業の名の大きさ、役職などを、同性に自慢げに語ります。

何でもかんでも張り合ってくるのは、自分の他の同性より劣っている部分を隠そうとするためです。

特徴3:足を引っ張る

「女の敵は女」の女性は、自分の敵だとみなした女性は徹底的に排除しようとします。

仕事やプライベートで、異性から高評価を受けていたり、チヤホヤされていたりする女性を「目の上のたんこぶ」とみなし、他の女性とタッグを組んで仲間外れにしたり、周囲にあることないこと悪口を吹聴したりして、その女性の足を引っ張ろうとします。

特徴4:自分が優位に立ちたがる

女の敵は女|気を付けるべき女の特徴10個と対処法

「女の敵は女」の女性は、他の女性よりも優位に立ちたがります。

自分が一番美人、一番オシャレ、一番優秀な男性と付き合っていると評価されるために、自分より可愛くない、ダサい、彼氏がいない同性を取り巻きにすることがあります。 仲がいい友達のつもりで付き合っていても、実は見下される対象だったというケースは少なくありません。取り巻きに、自分が敵視している女性の悪口を吹き込む人も多いです。

特徴5:陰口が多い

「女の敵は女」の女性は、嫉妬心の塊です。嫉妬心から敵とみなした女性を蹴落とすため、周囲の人に陰口を言い、自分の味方にしようとします。

誰かを蹴落としたいと思ったときに仲間を作るのは、「女の敵」になる女性の常套手段です。悪口を言われた女性は孤立してしまうこともあり、「女の敵は女」を強く実感することになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました