小姑の9つの特徴|小姑と良好な関係を築くための6つの対策法

人間関係

小姑の意味

義理の家族との付き合いにストレスをため込んでしまっている女性も多いのではないでしょうか。世間でよく話題になるのは、義理の母である「姑」の存在ですが、女性にとっての天敵は姑だけではありません。

小姑の存在にお悩みの女性も少なからずいます。小姑とは、夫やパートナーの姉妹、すなわち女性にとっての義理の姉妹にあたる人のことを指す言葉です。意地悪な義理の姉妹ということが言外に込められています。

小姑の9つの特徴

以上では、小姑の意味について確認してきました。結婚相手やパートナーの母親だけでなく、その姉妹も女性にとっては天敵になりうる存在です。

では、具体的にどのような状態であれば義理の姉妹が「小姑」だと言えるのでしょうか。ここからは、小姑に共通してみられる特徴を9つピックアップしてご紹介していきますので、参考になさってみてください。

特徴1:家庭に口出しする

小姑に共通してみられる特徴としてまず挙げられるのが、家庭のことに口出しをしてくるということです。

本来的には、家庭とは妻と夫の二人が共同で営むものであるため、義理の父母と言えどもそこにうるさく口出しをするべきではありません。 しかし小姑は、ただの義理の姉妹という立場にも関わらず、口やかましく家庭のことにあれこれと口を出してはダメ出しをしてきます。

特徴2:姑ぶってくる

姑ぶってくるということも、小姑に共通してみられる特徴の一つとして挙げられるでしょう。

小姑は、「自分は兄弟の妻に対して口出しをする権利がある」と勘違いをしているため、上から目線でまるで姑のようにあれこれと口出しをしてきます。 また、「子供はまだなの?」「料理が下手ね」といった「ザ・姑」らしい小言まで言うでしょう。

特徴3:上から目線

コメント

タイトルとURLをコピーしました