ブラック企業の見分け方|使用期間/求人回数・判断に利用するもの

転職・就活
ブラック企業の特徴

ブラック企業は勤めている労働者に過酷な労働環境を強制させられたり、労働に対して賃金が異様なまでに低い環境にあると考えるでしょう。それは間違っていませんし、労働基準法に違反するような企業は淘汰されるべきです。しかしブラック企業の特徴はそれだけではありません。 ブラック企業は企業理念は立派なように見えても、実際は非効率な事業を続けてしまい、経営が火の車になっていることが多いです。また目先の利益を優先させてしまい、従業員に対する補償を怠ってしまいます。その結果、従業員は心身を病んでしまい、鬱や自殺にも繋がります。 近年ではブラック企業に対する罰則も用意されるようになりましたが、まだ不十分です。まずは自分からブラック企業の見分け方についてきちんと学んで、その上でどうすれば自分はブラック企業から離れられるのかを考えましょう。自分の身は自分で守る気概を持つべきです。

離職率が高い

離職率の高さはブラック企業の見分け方において必要な要因となります。入社して数年以内に退職をしている人の割合が多い企業は、間違いなくブラック企業です。理想的な環境ならば、社員が離れるような事態は滅多に起こりませんし、部署の空気が悪くなることもありません。 この離職率の見分け方は、就職サイトや企業のホームページを確認することです。在籍している社員の数に対して、採用数があまりにも多い場合はブラック企業の可能性を疑いましょう。本社だけでなく、関連会社に出向させることで離職率を下げている場合もあります。 一見すると社員を積極的に採用しているように見えても、実は離職率がとても高いことも考えられます。採用率が多くなれば、その分だけ使い捨てとして社員が扱われてしまいます。自分の人生は自分だけのものと考えて、望まない環境からはすぐに抜け出しましょう。

長時間労働

長時間労働

ブラック企業の特徴で最も深刻なものが長時間労働です。従業員に対して明らかに長時間も会社での業務を強制させていて、本来ならば労働基準法に違反します。1日8時間・週40時間を超えた労働は禁止されていて、残業が認められても1週間で15時間が限度です。 しかしブラック企業はそれを平然と無視するだけでなく、残業の手当を支払わないなどの悪質な対応を続けます。当然ながら、このような行いは許されませんし、企業そのものに社会的な制裁を加えるべきです。長時間労働の自覚がある場合は、すぐにでも逃げ出しましょう。 また、自分だけでなく普段利用しているお店で働いている人のことも考えるべきです。ブラック企業の原因は、一方的なワガママを突き付ける顧客にもあります。理不尽な客に対応し続けると、企業もいずれ疲弊する危険があるので、客の立場からも配慮するべきです。

パワハラモラハラ

パワハラモラハラ

パワハラとモラハラもまたブラック企業が抱える深刻な問題の一つで、上司がその立場を利用して部下に対して嫌がらせをすることです。職場内での優位で差が出ていると、部下は上司に対して反発することは難しいので、問題の解決が難しくなります。心を病む原因にもなります。 上司が部下に対して適切な指導をする際に、厳しく言わなければいけない状況はあります。ただし、個人のプライベートや人格に対する批判は業務と全く関係がないので、パワハラやモラハラに該当します。その見分け方をきちんと理解して、受け止めるようにしましょう。 パワハラやモラハラと、そうでない指導の見分け方は業務の範囲に該当するかどうかです。部下の方に明らかな落ち度がある場合は、上司から厳しく叱咤されても否定することは難しいです。気分を害したとしても、まずは自分の方から改善することを考えましょう。

精神論をかざす

ブラック企業の上司は根拠のない精神論を振りかざすことが多いです。業績が上がらず、また会社の株価が下がり続けているのは社員の努力が足りず、または自己管理能力が低いことが原因であると考えていますが、それは大きな誤りです。上司が管理に失敗していることも原因です。 当然ですが、社員自身も自己投資に励む必要があります。しかし社員が自発的な自己投資に励むには、上司の人徳にもかかっています。上司が尊敬されていなければ、社員も頑張りたいとは思わないです。それどころか上司への嫌悪感を抱き、チームの業績も下がります。 今の時代は精神論でビジネスが成功する訳がありません。正しい努力を重ねて、どうすれば顧客の要望に応えられるのかを考え続ける必要があります。努力の必要性を話すにしても、まずは説得力を持たせられるようにしましょう。上司も勉強する必要があります。

見分け方

見分け方

ブラック企業に入ると、月々の給与と引き換えに自分の人生を奪われてしまうので、誰も関わりたいと思いません。多くの人が、ブラック企業の見分け方を知った上で就職活動に挑みたいと考えるでしょう。まずはブラック企業の見分け方について調べてください。 今の時代はブラック企業を一つでも減らす活動をしている人も多くいます。見分け方の他にも、ブラック企業を減らす方法論や退職してからの生活についても教えてくれます。日本は退職後のセーフティーネットも揃っているので、そちらについても情報を集めましょう。 ブラック企業を許せないと考える気持ちはわかりますが、文句だけを言い続けても何も変わりません。まずはその見分け方を知って、自分の人生を取り戻す手段についても考えましょう。見分け方はインターネットや書籍でいくらでも調べることが可能です。

使用期間が長い

使用期間が長い

企業は社員を採用する前に、長期的な雇用を前提とする人物に対して人格や能力が的確であるかを見極める期間を設けています。この期間によってその人物が社員に相応しいかを見極めるので、企業で内定を得たいならそれにふさわしい態度でいることが大事です。 この期間は一月であることが多く、長くても2ヶ月か3ヶ月までが一般的です。それを基準にして、気になる企業がブラック企業の見分け方を考えましょう。ブラック企業の見分け方はホームページや求人票からでも知ることができます。一つでも情報を集めましょう。 また、例えホワイト企業であったとしても、この期間で何か不祥事を起こしてはその時点で企業から見放されます。こちらには企業を選ぶ権利がありますが、企業の方にも社員を選ぶ権利があります。見分け方だけでなく、こちらの姿勢についても考えるべきです。

高給を強調

給与が高いからといって、ホワイト企業であると判断するのは危険です。高賃金であり、またメディアが触れる機会が多い企業であっても、ブラック企業である場合もあります。新入社員の頃は給与が高かったとしても、30代を超えてからは伸びしろが下がる場合もあります。 例え一生懸命に仕事を続けたとしても、昇進し続けられる人は僅かです。30歳になると立場が同じになってしまい、将来性が見えなくなってしまいます。それが理由で転職を余儀なくされて、結果的に高収入の人しか残らないので、高給が強調されてしまいます。 この見分け方は難しいですが、まず確実に賃金が上がるかどうかを調べましょう。努力に伴った昇給が保障される企業であれば、まだ働きやすくなります。しかし、その分だけ責任も増えていくのはどこも同じです。見分け方だけでなく、自分のやりたいことも考えましょう。

求人回数が多い

ハローワークや求人サイトの辞典で見分け方を知るには、求人回数について知っておきましょう。年間で何度も求人情報を出している企業は離職率が高いので、求人回数が高いです。就職活動と会社情報というサイトでは企業の求人回数も検索できるので、見分け方の判断に最適です。 人の出入りが激しい企業はブラック企業の可能性が高いです。定期的に人が減っている場合、それには理由があります。労働環境が悪い可能性があるので、休日や給与に限らず、多くのシステムを用いて積極的に調べていきましょう。見分け方はたくさんあります。

応募のハードルが低い

未経験でも採用してくれる企業には注意が必要です。例えばIT業界に携わっているのに、プログラミングの経験がなくても内定が取れるような企業はブラック企業の可能性があります。簡単であるにはその分だけ給与が低く、また社内の環境も悪い場合があるからです。 未経験でも働ける全ての企業を警戒しろとまでは言いませんが、見分け方の一つとして考えましょう。楽に内定が取れると考えたとしても、努力しない人が幸せになれるとは限りません。求人票から見分け方について考えていくのは自分自身なので、誰かのせいにしてはいけません。 逆を言うなら、優良なホワイト企業に入社したいのであれば自分からスキルを身に付けるべきです。自分のことを棚に上げて、ブラック企業だけを批判しても何も変わりませんし、自分自身もモンスター社員になってしまいます。まずは勉強の時間を作りましょう。

ブラック企業判断に利用できること

ブラック企業判断に利用できること

ブラック企業の判断をする方法はいくらでもあります。繰り返しますが、今の時代は情報が溢れ返っているので、その中からブラック企業の見分け方を調べることも可能です。同時に雲隠れをしているブラック企業もありますが、それも長続きしないでしょう。 まずは自分自身の意志をしっかりと持って、自分を蔑ろにするような企業は断固として立ち向かう姿勢を持つべきです。それに伴った努力を重ねていけば、ブラック企業の食い物にされることもないので、見分け方と必要なスキルに関する知識も付けていきましょう。

転職サイト

転職サイト

転職サイトにはブラック企業の求人も掲載されていることが多いです。転職サイトは広告の掲載や転職の決定によって報酬を得ているので、その中にはブラック企業が混じっている場合もあります。離職率が高い企業も広告を掲載していることが多いので、注意しましょう。

口コミ

求人サイトの情報だけが不安な場合は、企業の口コミも検索してみましょう。グーグルの口コミだけでなく、評判サイトも増えているのでそれも見分け方の一つになります。世間の評価が悪い企業には近づかないようにするのは無難なので、情報を定期的に取り入れてください。

ハローワークの求人専用パソコン

ブラック企業の求人票は嘘を混ぜて綺麗なように見せかけている場合があります。求人内容と実際の環境が違ったという報告がハローワークに大量に寄せられているので、ハローワークのパソコンを利用する際には注意しましょう。しかし、過剰な警戒も考え物です。 未経験でも採用されていて、また給与の高さをアピールするような企業は注意が必要です。上記でも説明しましたが、一見すると理想的な環境に見せかけている求人票は罠が潜んでいます。求人票の甘い言葉に惑わされず、自分の意志で見分けていきましょう。

ブラック企業から抜け出す

ブラック企業から抜け出す

ブラック企業だと知ったら、すぐにでも退職することが必要です。上司から他所に行っても通用しないと脅されても、今の時代は働ける環境はいくらでもありますし、また失業保険や公共職業訓練の制度も充実しています。そちらを上手く活用して、新しい環境に挑みましょう。

クラウドソーシングも利用しよう

クラウドソーシングも利用しよう

失業中の収益が不安な場合、クラウドソーシングサイトを利用してみましょう。家にネット環境があれば仕事を受注できるシステムのことで、ランサーズやクラウドワークスが有名です。何らかのスキルがあれば、在宅でいくらでも仕事をすることが可能となっています。 クラウドソーシングサイトで仕事をする場合、自営業として扱われます。すると納税や保険料、そして年金の支払いも自分で行う義務があるので、そちらの知識も身に付けましょう。会社勤めの場合は企業が手続きをしてくれましたが、こちらでは自分で行うべきです。

悪質なクライアントの見分け方

クラウドソーシングサイトでも悪質な企業が利用していて、在宅で仕事をしているフリーランスの人に賃金を支払わないケースがあります。もしもそのようなクライアントに出会ってしまったら、こちらから手を切ってしまいましょう。相手にし続けても時間の無駄です。 見分け方としては、異様なまでに低い賃金や納品までの期限が短いことを基準にしましょう。フリーランスは自由に仕事を得られることが魅力の一つなので、怪しいと見分けたクライアントとは関わらない方が無難です。すぐに忘れて、また新しいクライアントを見つけましょう。

ブラック企業の見分け方を教えよう

ブラック企業の見分け方を教えよう

ブラック企業に悩む就活中の人に出会ったら、その人にも見分け方を教えてあげましょう。ブラック企業は若い人を餌食にして、自分の利益にしようと考えています。その被害を減らすには、こちらから見分け方について教えてあげることも必要です。

ブラック企業の見分け方を求める人は多くいる

適切な見分け方を知っていたら、積極的に教えてあげましょう。それを積み重ねていけば社会的な信用も増えていきますし、それを商売にすることも可能です。就職活動に関する書籍も多く取り扱っているので、その世界で飛び込んで活躍できる可能性もあります。

見分け方を共有するには

まずはインターネットで就活中の人と交流して、ブラック企業の見分け方を話しましょう。それを通じて一つのコミュニティも作れたら、お互いにアイディアを共有してください。そうすればブラック企業の改善にも役立つので、まずは一つでも多く情報発信をしましょう。

ブラック企業の見分け方を知ろう

ブラック企業の見分け方を知ろう

ブラック企業は深刻な社会問題となっているので、その見分け方を知るのは必要です。人生に悩んでいる人を救いたいと考えていたら、自分から動きましょう。ブラック企業の見分け方は多く用意されているので、そこで得た知識を上手く活用すれば、世の中も良い方面に向かいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました