簡単な猫背の姿勢の治し方|寝るとき/タオル/ボール/座り方

ヘルスケア
簡単な猫背の姿勢の治し方|寝るとき/タオル/ボール/座り方

猫背の姿勢の治し方は、多種多様にありますが、最も知られた治し方といえば、四つん這いになって行う猫の背伸びのポーズや、腰を後ろにそらせて肩甲骨を動かす治し方が有名です。

また、猫背の治し方の中にはストレッチポールといった道具を使って行う方法もあります。その中でも、最も当たり前で、最も単純な猫背の治し方は、日ごろから意識して猫背にならないように背筋を伸ばしておくことです。どんなにストレッチをして体をほぐしたからと言って、猫背でいる時間が長ければ、すぐに元に戻ってしまいます。

とはいえ、日中はお仕事をされていたり、学校で授業を受けたりしているのですから、座ったままでも可能な直し方で、しかも道具を使う必要がなく、場所を選ばない方法を、とりいれなければなりません。

またすぐにでも猫背を何とかしたい、という方や、それだけでは物足りない、という方、整体へ行こうと考えている方など、それぞれのストレッチ方法についてお話ししていきましょう。

猫背とは何か

猫背の治し方についてお話しする前に、まず猫背がどんな状態のことを言うのかについて説明しておきましょう。猫背とは、人の姿勢のことですが、背中が猫のように丸くなっている人の状態をいいます。

見た目はもちろんのこと、猫背の何がいけないのかというと、猫背が原因となって、体に不具合が生じる恐れがあるためです。例えば、背中が張って、肩凝りや頭痛の原因になる場合や、血のめぐりが悪くなる、内臓や自律神経の働きが悪くなる、呼吸が浅くなるなど、猫背を放っておくだけで、ありとあらゆる症状が現れます。

では、猫背になってしまったら、具体的にどんな治し方をすればよいのでしょうか?ストレッチに詳しい人であれば、単純に背中の筋肉を弛めてあげればよいのでは?と考えるでしょう。ですが、猫背は筋肉の緊張が原因ではないため、背中の筋肉を弛めただけでは治りません。

猫背を放っておくと

猫背は、毎日の習慣や日々の積み重ねによって、姿勢が変わってしまった状態ですが、猫背を自覚していても、そのまま放っておく人も少なくないでしょう。

ですが、猫背はそのままにしておくと、姿勢の問題ばかりでなく、内臓など身体機能に重大な影響を及ぼす可能性があります。ただの猫背だからと言って、簡単に片づけてしまわず、猫背に気がついたら、早めの改善をお勧めします。

猫背のデメリット

人に会うときには、できるだけ相手に好印象を持ってもらいたいもの。ですが、背筋の曲った猫背の状態だと、いくら服装をきちんと整えていても、相手にだらしのない印象を与えてしまいます。

寝具が合わない

長い間、猫背を放置しておくと、布団に横になっていても、寝具が体にうまくフィットしないため、寝付きが悪くなる場合も考えられます。また、就寝中にリセットされるはずの体の疲れが取れないことから、内臓や、自律神経にも悪影響を及ぼします。

肩凝りや腰痛の原因になる

肩凝りや腰痛を常に抱えている方は、猫背が原因になっている場合があります。猫背を放っておくと、背骨や筋肉に負担をかけてしまいます。そのため、体のバランスが崩れてしまい、頭の位置や骨盤の傾きにまで影響を及ぼして、日常的に肩凝りや腰痛を抱える結果となります。

内臓にも悪影響を与える猫背

猫背は自律神経の働きばかりでなく、血の巡りも悪くします。前かがみタイプの猫背の方は、常に内臓を圧迫している状態のため、内蔵の機能の低下にもつながります。

座って行う猫背の治し方

人が椅子に座るときはどんな時が考えられるでしょうか。もちろんテレビを見たり、リラックスしている時も椅子に座ることはありますが、主にデスクワークのために、座っている時間が一番長いのではないでしょうか。

手元でする作業などは、どうしても背中が丸まり、手を前に置くために、肩も丸まってしまいます。仕事に熱中しているときは、なかなか意識するのは難しいと感じますが、猫背を治すためには、なるべく肩を後ろに反らせ、少し胸を張る姿勢を取らなければなりません。それでは、次に正しく座ることによって、猫背を強制する治し方について学びましょう。

正しい座る猫背の治し方

正しい座り方とは、目線がまっすぐで、肘がしっかりと曲がっていること、椅子に深めに座っていること、骨盤が立ち、太ももが床と平行であること、膝の角度が 90度程度に曲がっていることです。

この姿勢が猫背にとって理想的で、座っているだけで、猫背が自然に矯正される治し方ではありますが、自宅ではともかくとして、会社や学校では、なかなか体形にぴったりと合った机といすを使うことは難しいでしょう。では次は、椅子への座り方に焦点を当てた猫背の治し方について考えてみましょう。

腰への負担

椅子に浅く腰をかけると、確かに前かがみになりづらいですが、その分、体をささえるための座面の面積が小さいため、腰に負担がかかってしまいます。

椅子に浅く腰をかければ、腹筋や背筋が鍛えられそうな気がしますが、デスクワークをするときは長時間になることが多いため、腰への負担を避けるためにも、椅子には深く腰をかけるようにしましょう。

ストレッチで行う猫背の治し方

日常的に行える猫背の治し方は、まず正しい姿勢を保つことから始めます。猫背の治し方を、背中をそらすことと誤解されている人がいますが、それでは正しい姿勢とは言えません。

正しい姿勢をとるには、まず膝立ちをします。膝立ちとは、L字型になるように膝を床について立つ姿勢です。一度膝立ちになることで、自然に背筋が伸びるので、その時の背筋の形をよく覚えておきましょう。日ごろからその覚えた背筋の形を維持するために、意識してみましょう。

椅子に座ってストレッチ

椅子に座ったままでできる猫背の治し方は、自宅でもオフィスでも簡単にできるストレッチです。まず椅子に座ったら、両腕を上から引っ張られている感覚で上へのばします。

この時、腕はまっすぐと伸ばし、手がクロスしないように注意しましょう。腕をのばし切ったら、ゆっくりと腕を横へ下ろし、最後に太ももの上に置きます。そのまま肩の力を抜いたら、5秒数えましょう。これで終了です。

このストレッチのポイントは、腕や肩甲骨を意識することです。肩甲骨を動かして背中の筋肉をゆるめ、無理することなく猫背を矯正する治し方ですので、仕事の合い間や休憩時間ごとに行うとよいでしょう。

ストレッチポールを使った猫背の治し方

ストレッチポールを使った猫背の治し方はまず、ストレッチポールを床に置き、その上へ寝転がります。そのまま 2分から 5分程度、ストレッチポールの上に寝転がったままの状態で、体をリラックスさせて下さい。

この治し方であれば、ストレッチポールを用意するだけですので簡単ですし、猫背と同時に背中や肩甲骨の筋肉もほぐせます。このストレッチを行うには、朝起きてからすぐか、よる入力した後に行うとよいでしょう。

タオル一本で簡単ストレッチ

猫背の治し方にはいろいろあります。道具を使わない治し方や、猫背を矯正させる道具を利用する直し方もあります。

その猫背を矯正させるための道具として代表的なものに、姿勢矯正ベルトというものがあります。これはもちろん猫背を矯正するために、特別に作られたものなので、その分効果は高いですが、なるべく出費を抑えたいという方の場合には、お家にあるタオルを代用すると良いでしょう。

タオルを活用して猫背を矯正しよう

タオルを使っての猫背の治し方にはまず、足を開いてそのままの状態で、タオルがピンと張っているかどうかを意識しながら、頭の上まで両腕を上げていきます。それが終わったら今度はゆっくりと元の姿勢へ戻しましょう。これを一回として 10 セット行います。猫背の治し方としては簡単なものですが効果は抜群です。

また、このストレッチは肩こりの治し方としてもよく紹介される方法なので、肩こりに悩んでいる方にもお勧めです。このタオルを活用した猫背の治し方のポイントは、両腕をあげながらゆっくりと息を吐くことです。ストレッチは基本的に苦しいと感じる時に息を吐くものだということを覚えておきましょう。

では次に、タオルを使った二つ目の直し方を紹介しましょう。足を肩幅と同じ広さに開いたら、タオルをぴんと張り、上体を倒しながら腕を上へと伸ばしていきましょう。次にひざを曲げながら、ゆっくりと上体を起こします。これを一回として10セット行います。

体の硬い人や肩凝りがひどい人は、腕を後ろから上へ伸ばすことがうまくできないことがあります。その時には無理はせず、できる範囲で行ってください。続けるうちに次第に体がほぐれ、できるようになりますので、心配は要りません。

バランスボールを使った猫背の治し方

バランスボールを使えば、猫背を矯正しながら、ダイエットすることも可能です。では、バランスボールを使った猫背の治し方とは、どんなものなのか紹介しましょう。猫背の治し方は、背筋を鍛える方法だけでは治りません。

腹筋や腰回りの筋肉のほか、骨盤や背骨も影響している場合があります。どこか1点だけを鍛える直し方では、猫背は改善しません。そこで、効率よく前進を鍛えるために、バランスボールを使います。バランスボールは、その名のとおりボールですので、上に座って椅子の代わりとして使うことで、インナーマッスルや体幹を鍛えることが可能です。

バランスボールは体に合ったものを

バランスボールを使った猫背の治し方は、バランスボールを椅子の代わりとして使う方法です。バランスボールにはサイズがありますので、自分の体の大きさにあったサイズのものを選びましょう。

バランスボールはあまり小さすぎると足腰を痛めてしまう場合があります。また、大きすぎるバランスボールでは、足が届かないため転倒する恐れがありますので、バランスボールのサイズへ選びには慎重を心がけください。

一般的には、身長が150cmから 165cmの方で、直径55 cm、身長165cmから185cmの方で、直径 65cm、185 cm以上の方は直径が75 cmのものがよいとされています。自分にぴったりのサイズが決まったら、バランスボールを椅子がわりに使うだけです。

バランスボールは、バランスをとるために、自然に筋肉をつけることができ、体幹も鍛えられます。初めはバランスボールになれることから始めましょう。ただし、気を抜いて転倒する可能性もありますので、バランスボールに慣れるまでは、少しバランスボールの空気を抜いておくと良いでしょう。

猫背を治すための筋トレ

猫背の治し方として筋トレという方法は果たして必要でしょうか。体を支えるためには筋力も必要ですが、私たちの体は筋肉だけでは支えられません。

猫背の正しい治し方としては、筋力をつけることよりも骨格を正して、体重を支えることの方が治し方として、より重要になります。どんなに体を鍛えて筋力をつけたとしても、骨格がしっかりとしていなければ、疲れた時にまた猫背に戻ってしまいます。

そこで正しい猫背の直し方を行うには、骨盤を立てて座り、普段からの姿勢によって、猫背を改善させる治し方を身につけましょう。とはいえ、筋力は正しい姿勢を維持するために必要なものですので、おろそかにしてはいけません。

腹筋と背筋を鍛えて猫背を矯正

猫背の人は、腹筋と背筋のバランスが崩れていることが多くあります。それでは、バランスが良くなるように筋トレを行えば良いと考えるでしょうが、猫背の治し方には、どんな筋トレを行えばよいのか、良くわからないという方も多いでしょう。

腹筋や背筋を鍛えただけでは、猫背が劇的に改善することはありません。逆に腰を痛める可能性があります。筋トレを行って矯正する猫背の治し方は、体のバランスを整えることに加え、インナー増するを鍛える必要があります。

体幹トレーニング

猫背の治し方として、インナーマッスルを鍛える治し方があります。この治し方の中でも、特にお勧めする方法は、体幹トレーニングです。体幹トレーニングによる猫背の治し方は、腕立て伏せをする要領で、地面に肘をつけて行います。そのまま、体を真直ぐにした状態を、維持するだけでOKです。

これだけといっても、お尻を上げてしまったり、お尻を下げて腰を反ったりしてはいけません。一見簡単そうに見えますが、この体制を維持するのはかなり大変です。ですが、体をまっすぐに維持することで、筋力がバランスよく鍛えられます。この治し方では、一回で 30秒くらい姿勢を維持し、1日に数回行うと良いでしょう。

腸腰筋を鍛えるトレーニング

骨盤が前に傾いていたり、後ろに傾いていたりするために、猫背になっている人がいます。このような場合には、猫背の原因となっている骨盤の歪みを治す必要があります。

骨盤を正しい位置に戻すために重要になるのが腸腰筋です。腸腰筋は、骨盤の周りにある大腰筋と腸骨筋のことで、骨盤を支えるために必要な筋肉です。腸腰筋が衰えると、骨盤を正しい位置に保てなくなります。日常生活の中で、この腸腰筋を鍛える猫背の治し方があります、これは太股で太ももを高くあげて歩くことで、腸腰筋を鍛えるという治し方です。

腸腰筋を鍛えて猫背を治す

仰向けに寝た状態から、足をのばしたまま下半身を持ち上げてトレーニングを行う猫背の治し方です。足をおろす時もおなかに力を入れて、ゆっくりと下げるとより効果的です。この治し方では、ちょっと難しいという人の場合には、膝を軽く曲げたり、手をお尻の下において行ってみましょう。これを 15回から20回を目安に3セット行います。

腸腰筋を鍛える簡単な方法

これは、前述の治し方では、苦しくてできないという方の場合には、次の治し方を試してみてください。膝を 90度に曲げた状態で下半身を上げ下げします。これを 15回から20回、3セット行います。比較的簡単な治し方ですので、それほど苦しさを感じずにすみます。

猫背を矯正するための整体

猫背の治し方には、姿勢に気を付けているだけでも、改善させることはできます。ですが、一度癖になってしまった猫背は、なかなか治す子とができません。

疲れたり、気を緩めると猫背になってしまったり、ストレッチや運動で猫背を治そうとしても、なかなか継続して行うことは難しいでしょう。そういった方の場合には、猫背の治し方をプロの手にゆだねるという方法もあります。体のコリをほぐし、ゆがみを直すことで、猫背を改善させる治し方に整体という方法があります。

整体での猫背の治し方

整体というと、ボキボキ骨を鳴らしたり、痛い思いをして治療する治し方を想像してしまいます。それは大きな誤解で、現在ではソフト整体という治し方が主で、痛みのない治し方をしてくれるところが、ほとんどです。整体では、ストレッチや運動など、コリをほぐしたり伸ばしたりすることが難しい場所を、整体師の方が手を使ってもみほぐし、背骨を安定させてくれます。

正しい整体院の選び方

整体院はどこを選んでも同じ治し方を行っているわけではありません。評判の整体師がいるところや、大々的に広告を出しているところなど、多くの整体院があります。整体院を選ぶには、どんな治し方を行っていて、得意とする分野は何なのかを、知ることから始めましょう。猫背の治し方を知りたい場合は、猫背の改善を得意としている整体院を選びましょう。

整体院に通い猫背を改善するためには、整体院に継続して通い、治療を受ける必要があります。また自分の悩みをまず相談するため、先生との相性についても重要なポイントとなるでしょう。

一番良いのは、一度ここだと思う整体院を決めたら、カウンセリングを受けてみて、先生の印象を確認してみると良いでしょう。無理な治し方を進めたり、高額な治療道具を必要とする治し方を勧める整体院は要注意です。

整体に通う意味とは

猫背の原因が、骨盤や背骨の歪みが原因だということが、分かって頂けたのではないでしょうか。ですが骨格を強制して猫背を改善しても、筋肉の緊張や左右のアンバランス、筋力が低下している場合またすぐに元に戻ってしまいます。

猫背の理想的な治し方は、骨格を矯正した後に、猫背の原因となっている筋肉のストレッチや筋トレを行う方法が一番良いでしょう。ただし、猫背の整体や筋トレ、ストレッチなどの治し方は、自己流で行うと悪化させる場合があります。症状がひどい人は、整体師などの専門家に任せるとより安全に行えます。

特に、よく見られる自己流の治し方は、猫背を直そうと、頑張って胸を張っている姿勢をとり、日常生活を送る方法です。これがもともと姿勢の良い方なら特に問題はありませんが、日常的に猫背の方がこの治し方を行うと、かえって悪化させてしまう場合があります。

猫背には大きく分けて二つのものがあり、若者から中高年者に多い、背骨のS字カーブが大きい猫背と、高齢者に多くみられる背骨のS字カーブがないタイプの猫背です。前者は背骨の歪みによって、腰が反り過ぎていることが考えられ、後者は、背骨の変形によって、腰が丸まっているために、猫背になっている場合です。

骨の変形による猫背は整体、ストレッチ、筋トレといった治し方を行っても、猫背が劇的に改善されることはあまりありません。そのため、高齢者によく見られる猫背の場合には、それ以上悪化させないようにすることも可能ではありますが、根本的な治し方は、ないといってもいいでしょう。

整体で行う猫背の矯正

過去に背骨を骨折した経験があるなど、側弯症でなければ、整体による猫背の治し方を受けることで、猫背は改善されるでしょう。ただしこの場合、猫背になっている部分の背骨だけを矯正しても根本的には治療することができません。逆に背骨が一番曲がっている部分を、無理に矯正する治し方では、危険を伴います。

この方法は通常の整体院では行うことはありませんが、正しい整体院を選ぶには、まず実績があり、背中が一番曲がっている部分を矯正する治し方ではなく、背骨全体を検査して、背骨のカーブが切り替わる部分を矯正する治し方をしている整体院を選びましょう。

猫背の予防には

まずは猫背にならないことが一番大切なことです。そのため猫背の姿勢につながる行動は避ける必要があります。就寝時間ぎりぎりまでパソコンやすスマホを見ていたり、休憩時間を取らず長時間デスクワークを続けることは避けましょう。つまり前かがみの姿勢をとる時間を減らすことが重要です。

寝具を選ぶ

猫背の方によく見られるのが、自分の体に合っていない枕を使っている場合です。枕はその日のストレス、疲労の度合いによって、背中の筋肉の緊張度も変わります。昨日まではちょうどよい高さだったのに、今日は何だか枕が合わないという場合には、体のバランスに合わせ、バスタオルを敷いてみたり硬さや高さを調整すると良いでしょう。

寝具選びによる猫背の治し方

寝具選びにとって必要なことは、まず柔らかすぎたり、硬すぎるマットレスは使わないことです。柔らかいマットレスは、お尻の部分が沈み込み、寝返りを打ちづらいため、腰の負担が増します。また硬すぎるマットレスは、体への当たりが強く寝心地が悪いため、十分に睡眠をとることができません。

そのほかに枕選びですが、高機能で高額だからと言って、それが自分に合う枕だとは限りません。あおむけ、横向き、寝返りを打ってみて、実際に試してから購入しましょう。枕の具合は、筋肉や体の疲れ具合によって変わりますので、別の日に何度か試した方がよいでしょう。

負担のない寝方で猫背を改善

猫背の方は、仰向けに寝ると違和感を感じたり、体に痛みを感じることがあります。そのような場合には横向きに出てみましょう。

まず膝の間にクッションを挟み、膝をまげて横になります。骨盤周辺や、足の筋肉を弛めるため、少し楽になるでしょう。仰向けの場合は、膝の裏へクッションを入れてみます。軽く膝が曲がるようにクッションを入れることで、腰がだいぶ楽になるはずです。

1日も早く猫背を改善して快適な生活を

簡単な猫背の姿勢の治し方|寝るとき/タオル/ボール/座り方

猫背は、放っておいても勝手に治ることはありません。また、十分に睡眠がとれなかったり、周囲の人に「何だかだらしのない人」と思われてしまいます。また、体にも精神的にも良いことはありません。

逆に言えば猫背を治せば、十分に睡眠がとれるため、血の巡りも良くなり、顔色も良くなるため、印象も明るくなります。そして背筋がピンと伸びている姿は、誰にとっても好印象を与えます。

猫背は、1日二日で治せるものではありませんが、これまでに紹介してきた猫背の治し方を参考に、実践してみてください。また、現在猫背のために、体に痛みを感じているという方は、痛みを和らげる眠り方や、正しい整体院の選び方を参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました