【男女別】社畜の特徴と診断するチェック項目|育児/仕事

仕事の悩み

男女別社畜の特徴

【男女別】社畜の特徴と診断するチェック項目|育児/仕事

あなたは自分を社畜だと感じたことはあるでしょうか。また、周りに「自分は社畜だ」といっている人はいませんか。

「社畜」でいることがおすすめできない状態であることはもちろんですが、それでも社畜が多いのはなぜでしょうか。 まずは、家畜から派生してできた社畜という言葉ですが、改めて社畜の特徴を調べてみました。
Blockquote firstBlockquote second

会社に飼いならされている家畜の意。会社の言いなりになって、辛い仕事でも文句も言わず働いている会社員を皮肉を込めてから買う語

心当たりがある人もいたのではないでしょうか。社畜の特徴はなりたくてなるのではなく、気づいたら社畜になってしまうところにあります。

脱・社畜を目指すために、まずは男女別にさらに詳しく社畜の特徴を見ていきましょう。

おすすめできない男性の社畜

【男女別】社畜の特徴と診断するチェック項目|育児/仕事

男性の社畜の特徴として一番に挙げられることが「素直」で「真面目」な人が多いということです。一生懸命仕事仕事に取り組み、気づいたら社畜になっていたという人も少なくありません。

「結果を出そう」という気持ちで頑張っていたつもりが、気づけば会社に利用される「会社の都合で動く人間」になってしまっていることが挙げられます。 前向きに取り組むことは良いことですが、過剰に会社に適応しすぎることはおすすめできません。

おすすめできない女性の社畜

【男女別】社畜の特徴と診断するチェック項目|育児/仕事

女性の社畜の場合は、男性の社畜同様「真面目」である部分が悪く働きすぎてしまい、会社の言うことを聞きすぎてしまうことに加えて、子育ての期間中などは会社の理解や協力が不可欠ですが、務めている会社が子育てへの理解が低い場合はそのしわ寄せが女性に来てしまうケースもが残念ながらあります。

自分で会社の要求と子育てすべてを抱えてしまう状態はおすすめできません。社畜の育児の状況についてもう少し詳しく見ていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました