【季節別】交通事故の原因・ランキングTOP3|高齢者/中学生

車・ドライブ

交通事故の原因の統計から分かるランキングTOP3

【季節別】交通事故の原因・ランキングTOP3|高齢者/中学生

毎年いろいろな交通事故のニュースが出ています。今は事故を起こしていなくてもそのうち事故を起こしてしまう可能性もあります。原因を知っておいて交通事故を未然に防ぎましょう。

第3位 運転操作不適

ハンドルの切り返しの間違えから起こる交通事故や、近年お年寄りの起こす事故でよくニュースで目にするブレーキ、アクセルの間違えから起きる交通事故です。原因はバックするときに間違えてアクセルを踏んでしまい、コンビニや歩道に突っ込んでしまうなど誰でもやってしまいそうなミスです。

道路交通法では安全運転義務違反となっており、第3位です。

第2位 脇見運転

交通事故の原因が多い第2位は、運転中に携帯を見たり他所を見ていて事故を起こしてしまう脇見運転です。脇見運転も道路交通法で安全運転義務違反とされます。

スマートフォンなどの端末を見ながら運転をやめて事故を未然に防ぐのが重要です。

第1位 漠然運転

事故で最も多い交通事故の原因は漠然運転です。同乗者との会話に夢中になっていたり、ただ単に呆然としていて運転に集中していないことから起きる事故です。

前方の歩行者にきずかずに突っ込んでしまったり、前の車が止まっているのに気づかずぶつけてしまったなどです。漠然運転も道路交通法で安全運転義務違反となります。

高齢者の交通事故の原因

【季節別】交通事故の原因・ランキングTOP3|高齢者/中学生

能力

高齢者になると事故を起こす割合が高くなります。なぜ高くなるかというと、注意力、集中力、とっさの判断力が著しく衰えてしまうからです。これらが衰えてしまうと運動能力、危険回避能力が低下して交通事故を起こしてしまう原因となります。

また、昔から運転していることから自信がついてしまい、これからも運転しても大丈夫とおもっています。交通事故を起こす高齢者は自分は事故を起こさないとおっもている人が多いのが民間事業者の調査でわかっています。

車種

AT車が今は主流となってから、交通事故の原因の統計からわかるTOP3で紹介した、運転操作不適のアクセルとブレーキの間違えが起こりやすくなりました。

昔はMT車が普通でクラッチペダルを操作しないと前進することができません。なので、間違えることはなかったのですが、AT車の場合はギアをDかRに入れてアクセルを踏むだけで、前進することができます。そのため交通事故で多い原因とされてるブレーキとアクセルを踏み間違えを起こしやすくなっています。

車が無いと不便な人たちへの援助の遅れ

高齢者ドライバーを減らすためにタクシーの割引券やバスの割引券の配布を各地域で行っていますが、免許を返納してしまうと今までどおりの生活ができなくなっていたり、都心部から離れた地域では交通機関が充実してなく、なかなかバスなどが無かったりします。

そのため免許を返納できず、交通事故を起こす確率が上がってしまいます。高齢者が免許を返納できるように、手厚いフォローをしない限り、免許返納をする人は増えないでしょう。

交通事故が多発する場所の原因

【季節別】交通事故の原因・ランキングTOP3|高齢者/中学生

コメント

タイトルとURLをコピーしました