食欲ない時は食べない方がいい?|改善方法5つ

仕事の悩み

食欲ない時は食べない方がいい?

食欲ない時は食べない方がいい?|改善方法5つ

身体の調子が悪いという時や胃腸の調子がよくない時に食欲が無いという場合があります。食欲ない時でも栄養を取らないといけないからと無理矢理食べる人も少なくありません。

しかし、食欲ない時というのは身体が弱っているサインでもあるので、食べない方が良い場合があります。今回は、食欲ない時に食べるものの紹介や対処法についてご紹介していきます。

なぜ食べない方がいいのか?

人は食事を摂取することでエネルギーを補給していますが、食欲ない時であれば食べないほうが良い場合もあります。食欲ない時というのは、消化器が弱っているという可能性があります。

消化器が弱っているのにも関わらず食事をしてしまうと、食べ物を消化することにエネルギーを消費しすぎてしまってさらに身体を弱らせてしまう可能性があります。

食欲ない時であれば、無理矢理食事を食べるのではなく、まず身体を休ませることを優先するようにしましょう。3食のうちの1食を抜く程度であれば、大きな支障をきたすことはありません。

食欲ない時に食べるならなにがいいの?

食欲ない時は食べない方がいい?|改善方法5つ

食欲ない時は無理に食事をしないほうが良いですが、仕事の都合上どうしても食事をしないといけない場面もあります。食欲ない時に食べるのであれば、口当たりの良い物や消化器に優しい食べ物を摂取するようにしましょう。

食欲ない時に揚げ物などの消化器系に負担をかけるようなものを食べてしまうと、身体を疲労させてしまうので注意するようにします。食欲ない時に食べるならなにが良いのかをご紹介します。

口当たりの良いもの

食欲ない時は食べない方がいい?|改善方法5つ

食欲ない時であっても口当たりの良いものであれば、無理せず食べることができます。特に風邪をひいているなど、病気によって食欲がない時であれば、口当たりの良いものを摂取するようにしましょう。

例えば、うどんやおかゆ、茶わん蒸しなどが口当たりの良いものとしてあげられます。ゼリーやヨーグルトなどのデザート類であれば、朝食欲がないという場合であっても食べやすくなります。

食欲を増進させるクエン酸を含むもの

食欲ない時は食べない方がいい?|改善方法5つ

食欲ない時にどうしても食事をとらないといけないというのであれば、クエン酸が含んでいる食べ物がおすすめです。クエン酸はレモンやみかん、グレープフルーツなどの柑橘類などに含まれる成分です。

クエン酸には食欲を増進させるだけでなく、ミネラルの吸収を助けたり、血液をサラサラにする働きもあるので、疲労がたまっている時にはクエン酸が含まれている食材を摂取しましょう。

食欲を刺激してくれる香辛料

食欲ない時は食べない方がいい?|改善方法5つ

何かを食べたいという気持ちはあるのに食欲がないという場合であれば、香辛料によって食欲を刺激することがおすすめです。ニンニクやしょうが、しそといった香辛料の香りを嗅ぐことによって食欲増進の効果が得られます。

しかし、香辛料は消化器系への刺激が強いため、体調が悪い時には香辛料を使って食欲を増進させるのではなく、うどんや雑炊などの胃腸に優しいものを食べるようにしましょう。

身体に優しいものを食べてみる

食欲ない時は食べない方がいい?|改善方法5つ

食欲ない時であっても身体にやさしいものを少しでも食べてみると、食欲が出てくる時も少なくありません。その場合は、うどんやおかゆといった胃腸が消化しやすい食べ物を食べるようにしましょう。

固形物を食べるのが辛いという場合には、飲むゼリーや飴玉、果物を使っているジュースなどを摂取することをおすすめします。

吐いてしまう時の原因と対策

食欲ない時は食べない方がいい?|改善方法5つ

食欲がないのに無理に食べ物を食べてしまったり、胃腸に問題がある時には吐いてしまうことがあります。食欲がなく吐いてしまう原因としては、消化器系が動きにくくなってたり、ストレスが溜まっているといった原因が考えられます。吐いてしまう時の原因と対策についてご紹介します。

原因

食欲ない時は食べない方がいい?|改善方法5つ

食欲がなく吐いてしまう原因としてはさまざまな原因が考えられますが、消化器系の働きが悪くなっていたり、ストレスによるものなどがあげられます。

特に、ストレスがたまっている状態が長く続いていると、食事を目の前にするだけで吐き気が出てきたり、食べ物を胃に入れると嘔吐してしまうことがあります。

あまりにも嘔吐してしまう状態が続くようであれば、飲食が十分にできなくなる可能性が高くなるので、病院に行って診てもらうようにしましょう。

対策

食欲ない時は食べない方がいい?|改善方法5つ

食欲がない時に吐いてしまう場合の対策としては、吐き気を抑える薬を服用したり、水分のみを摂取することがあげられます。栄養を付けるために少しでも多くの食事をとろうとする人もいますが、吐き気がある時に無理に食べるのは逆効果になることが多いです。

水分を摂取した上でゆっくり体を休めて、気分が良くなった時に食べられるものを摂取するようにしましょう。1回の食事の量は少なめにして、数回に分けて食事をとるようにすることをおすすめします。

食欲ない時の改善方法5つ

食欲ない時は食べない方がいい?|改善方法5つ

食欲が無いという時期が一時的であれば心配要りませんが、継続するようであれば何らかの対策を取る必要が出てきます。

食欲ない時の改善方法としては、食事のことばかりを考えるのではなく、趣味などでストレス発散をすることや無理なダイエットを辞めることなどがあげられます。食欲がなく困っているという場合であれば、いくつかの改善方法を試してみるようにしましょう。

1.空腹の時間を作らない

食欲ない時は食べない方がいい?|改善方法5つ

ダイエット中の人であれば、太ってしまうから食べたくないと考える人もいます。しかし、ダイエットしているからといって無理に食事を抜くのは逆効果になります。

空腹の時間が長ければ長いほど食べ過ぎてしまい、気分が悪くなってしまう可能性が高いです。ダイエット中で無理に食事を抜こうとしているのであれば、軽食を食べて空腹の時間を作らないようにしましょう。

2.食事以外でストレス発散

食欲ない時は食べない方がいい?|改善方法5つ

食欲がない時には、食事を見るだけで気分が悪くなってしまう時もあります。特にストレスによって食欲がないというのであれば、食事以外の趣味などでストレスを発散させるようにしましょう。食事以外のことでストレス発散させることによって、食事のことを忘れて気分転換を図ることができます。

3.無理なダイエットをしない

食欲ない時は食べない方がいい?|改善方法5つ

女性であれば、無理なダイエットをしすぎて食欲不振になる人も少なくありません。適度な運動でダイエットをしているのであれば、食欲も出てきて健康的にダイエットをすることができます。

しかし、食事制限などの無理なダイエットによって減量した場合、食事をするのを怖く感じてしまって食欲がなくなってしまう人がいます。ダイエットをしたいのであれば、食事を抜くなどの無理な方法を取るのではなく、運動で健康的に痩せるようにしましょう。

4.ひどい場合は病院に行く

食欲ない時は食べない方がいい?|改善方法5つ

1日の食事を1~2回抜く程度であれば大きな問題にはなりません。しかし、食欲がなく毎日1日1食しか食べていないといった生活が続くのであれば病院に行って診てもらうようにしましょう。

特にたくさんの薬を服用している人や胃もたれやみぞおちに痛みがある人などは早めに病院に行くことをおすすめします。食欲がないということを軽く捉えるのではなく、早めに対処するようにしましょう。

5.空腹を素直に受け入れる

無理なダイエットをすることによって食欲が無い時には、空腹を無理に抑えている可能性があります。ダイエットで食欲がないと悩んでいるのであれば、すきな食べ物を思い浮かべて空腹感を受け入れるようにしましょう。自分の要求に素直になることで食欲不振を改善させることも可能です。

食欲ない時には身体を回復させることが優先

食欲ない時は食べない方がいい?|改善方法5つ

食欲ない時は、身体が休みたいと感じている時であることが多いです。無理矢理食べ物を押し込むのではなく、まずはゆっくりと身体を休ませて、食事をする体力をつけることが大切になってきます。

今は食欲が無いと感じていても、少しずつ食欲は戻ってくるので焦る必要はありません。どうしても食べなければならないといった場合であれば、胃腸に優しく消化が良いものや食欲増進に効果があるものを試してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました