隣人の騒音の仕返し方法・対策方法・警察への通報・手紙

暮らしの知恵

隣人の騒音の対策方法

隣人の騒音の仕返し方法・対策方法・警察への通報・手紙

仕事や学校から疲れて帰って来て、家でやっとゆっくりできると思ったときに、「隣の部屋の人がまたうるさくしている」となると、しっかりと体を休めることができません。

注意したり、壁を叩いたりして、「音が隣の部屋まで漏れてますよ」と教えてあげる方法もあります。しかし、注意したことで隣人が逆ギレしてしまい、トラブルに発展するという危険性もあります。 また、勇気を出して隣人に注意をしても、隣の部屋からの騒音がなくならないという場合もあります。では、隣人が騒音を出す場合はどのような注意の仕方をすれば良いのでしょうか?また、隣人の騒音に対して、仕返しする方法はあるのでしょうか?

隣人の騒音の仕返し方法

隣人の騒音の仕返し方法・対策方法・警察への通報・手紙

隣人が騒音を出し続ける限り、家でゆっくりと過ごすことはできません。なので、隣人が騒音を出す場合には、管理人や管理会社に注意してもらったりなどして、その隣人に迷惑をしている人がいることを知ってもらわないといけません。

しかし、中にはどれだけ注意しても、騒音がやまないということもあります。このような場合は、注意するたびに逆ギレをされて、さらに騒音が悪化してしまうこともあります。このような場合には仕返ししたいと思ってしまいます。

仕返しの前に

騒音を出す人の中には隣の部屋まで音が漏れていることに気が付いていない人もいます。このような場合は、注意をしてもらうだけで解決します。

むしろ、このような場合に壁を叩いたり、直接注意するようなことをしてしまうと「少し注意してあげれば良いだけなのに」と、その隣人や他の住民からクレーマーのような目で見られてしまう危険性があり、相手には悪気がなかった分だけ、自分が悪者になってしまう可能性があります。 隣人が騒音を出して迷惑をしているからといって、いきなり仕返しを考えてはいけません。まずは歩み寄って、平和的に解決することを目指しましょう。仕返しを考えるのは平和的に解決することが難しいときだけです。

大家さんや管理会社に伝えてもらう

穏便な方法で、隣人に騒音で迷惑をしていることを伝えるには、大家さんや管理会社を通して伝えてもらうと良いでしょう。直接隣人に苦情を言うことはトラブルに発展する可能性があります。

隣人に直接苦情を言ってしまうと、逆ギレをされて、さらに騒音が悪化する恐れがあります。また、隣の部屋に住む人なので、出かける際などに顔を合わせたときに気まずい雰囲気となってしまいます。 このようになってしまうと、家にいるときも落ち着くことができず、家から出る際にまで、気を使わないといけないことになってしまいます。 大家さんや管理会社を通せば、トラブルにならないように、うまく苦情の出所がわからないように伝えたり、トラブルに発展しないような伝え方をしてもらうことができます。

壁を叩く

隣人の騒音の仕返し方法・対策方法・警察への通報・手紙

隣人に騒音のことを伝える定番の方法です。隣人が隣の部屋まで音が漏れて、騒音になっていることに気が付いていないと思った場合は壁をノックするように優しく叩くと、隣人も音漏れに気が付いて、静かにしてくれます。

壁をノックしても騒音がやまなかったり、あまりにも騒音が酷いときには強めに壁を叩きます。強めに壁を叩くことで、こちらが騒音によって怒っているということを伝えることができます。 隣人の騒音を止めるために壁を叩くことは定番の行動ではありますが、これは上記で述べた、隣人に対して直接苦情を伝える方法と同じです。なので、隣人が逆ギレをしてしまったり、さらなるトラブルの発展に繋がってしまう可能性があります。

同じ騒音を出す

こちらがどのくらい迷惑をしているのかに気が付いてもらうために、隣人が出している騒音を同じくらいの騒音を出してみましょう。隣人がどれだけ迷惑がかかっていたのか気が付いてくれると、騒音が止まることがあります。ただし、自分の部屋から騒音を出すので、反対側の部屋から苦情がくる可能性はあります。

お経を流す

隣の部屋からお経の音が聞こえてくると、良い気分にはなりません。また、低い音が単調に流れ続けることで隣人は不快感を覚えるようになります。ずっとお経を流していると、「これは騒音の仕返し」ということに気が付いてくれます。

騒音の仕返しと気が付いた隣人は、お経の音を止めてもらうために、騒音を出さないようなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました