おばさん顔の特徴・芸能人・おばさん顔に似合うメイク・髪型

コーディネート

おばさん顔の特徴

おばさん顔の特徴・芸能人・おばさん顔に似合うメイク・髪型

「『中年くらいの人かな』と思っていたら、まだ高校生だった」というように、実年齢よりもかなり老けて見える人がいます。こういった、いわゆる「おばさん顔」とも呼ばれる老け顔の人たちには、どのような特徴があるのでしょう。

まず、「おばさん顔」の特徴としては、「シワ・シミ・たるみ」という皮膚の老化現象が思い浮かびます。しかし、高校生など実年齢がまだまだ若い人は、「シワ・シミ・たるみ」はないはずです。若い人が、「おばさん顔」に見えてしまう原因は、ほかにあります。 メイクが下手で、美しくなるどころか「おばさん」に寄せてしまっている人や、ほうれい線がある人、不摂生などが原因で肌がくすんでいる人、二重あごの人などが、年齢が若くてもおばさん顔に見えてしまいます。

おばさん顔の芸能人

おばさん顔の芸能人といえば、多くの人がハリセンボンの近藤春菜さんを思い浮かべるのではないでしょうか。俳優の角野卓造さん似であることを、芸にしていることを考えると、おばさん顔というよりも、おじさん顔でしょうか。また、現在ではなく成人式ごろの写真を参考に判断すれば、女優の柴田理恵さんや渡辺えりさんもおばさん顔の典型といえるでしょう。

女優の中には、若い頃から「おばちゃん」を演じている人も多く、おばさん顔であることをうまく利用しているといえます。あき竹城さん、大島蓉子さん、久保田磨希さんも「おばさん顔」ですが、今では見た目に実年齢が追いつき、年相応の見た目になっています。

おばさん顔に似合うメイク

おばさん顔の特徴・芸能人・おばさん顔に似合うメイク・髪型

おばさん顔に似合うメイクというよりも、おばさん顔を脱却できるメイクを考えてみましょう。まず、避けなければいけないのは、「おばさん顔に見えるメイク」です。おばさん顔に見えてしまうメイクには、次のような特徴があります。

・濃い口紅 ・眉毛を整えていない、または、整えすぎた細い眉をブラウンで描く ・ファンデーションが濃い、または、肌の色に合わない明るい色のファンデーション ・アイシャドウが肌色に馴染んでいない

こうした、おばさん顔に見えるメイクの特徴を避けるだけでも、メイクの効果があります。さらに、おばさん顔に見える肌の特徴をメイクでカバーしましょう。 おばさん顔に見える肌質は、「シワ・シミ・たるみ・くすみ」です。ファンデーションを塗る前に、明るめの下地を塗ったり、コンシーラーを使えば、改善できます。ファンデーション後に、ハイライトを入れるのも効果があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました