哺乳瓶はいつまで使うのか・消毒方法・卒業の仕方・なぜか

ベビー・子育て

赤ちゃんはいつまで哺乳瓶を使うの?

赤ちゃんがいつまで哺乳瓶を使うのか、哺乳瓶の卒業の仕方、なぜ哺乳瓶を卒業しなければいけないのかについての説明です。

また、哺乳瓶の消毒方法や、哺乳瓶を卒業する時に直面するマグストローや就寝時の水分補給についても説明しています。

哺乳瓶卒業は1歳ごろを目安に

哺乳瓶をいつまでに卒業するのかと考える機会は多くないはずです。しかし、実際に我が子の哺乳瓶卒業を目の前にすると、いつまで哺乳瓶を使っていてよいのか戸惑うことでしょう。さて、哺乳瓶はいつまで使うものなのでしょうか。

哺乳瓶を卒業する条件として、座位が安定している、哺乳瓶以外のもの(マグストロー・コップ)で水分補給ができることが大きな条件です。

また、1歳頃になると、離乳食も3回食が安定し一度に食べられる量も増えてきます。いつまでもミルクを飲んでいるわけではなく、次第に大人の食事に近いものを食べるようになっていきます。食後のミルクの量が減ってくることや、練習することでマグストローを使えるようになってくることからも1歳頃が哺乳瓶を卒業するにもよい時期でしょう。

哺乳瓶の消毒はいつまで行えばいいの?

哺乳瓶の消毒をいつまで行えばよいのかと悩むお母さんも多いでしょう。新生児や月齢の低い赤ちゃんは特に、内臓機能が未熟なこと、免疫力も弱いことからしっかりと消毒を行う必要があります。

早くても生後6、7ヶ月までは消毒を続けてあげるのがいいです。1歳頃になれば、消毒を卒業してもよいでしょう。

また、母乳やミルクは栄養価が高く細菌が繁殖しやすくなります。消毒を終了してもしっかりと水気は切り、赤ちゃんの体調の悪いときや、梅雨や夏、冬などの細菌の増える季節は特に注意してあげましょう。

哺乳瓶の消毒方法

哺乳瓶の消毒方法は大きく分けて3種類あります。熱湯で煮沸し消毒する「煮沸消毒」、専用の容器に入れて電子レンジで加熱し消毒する「電子レンジ消毒」、専用の薬液に浸けて消毒をする「薬剤消毒」です。

これらは、いつからいつまでは決まった消毒方法を行わないといけないといった決まりもなく、どれも効果は同じく消毒することができます。

特徴別哺乳瓶はいつからいつまで使える?

哺乳瓶は、メーカーによりデザインの他、瓶、乳首共に色々な形のものが販売されています。赤ちゃんによっては、乳首の形や素材が苦手でなかなかミルクを飲んでくれない赤ちゃんもいます。乳首に好みがある赤ちゃんには特徴別に哺乳瓶を選んであげるとよいでしょう。その際、特徴別哺乳瓶を選ぶ赤ちゃんはいつまで哺乳瓶を使えるのでしょうか。

新生児用哺乳瓶

新生児用哺乳瓶は、名前にあるとおり新生児の時期のみ使える哺乳瓶です。新生児時期は、生まれてから1ヶ月までの間です。生後1ヶ月を迎えると、病院1ヶ月健診を受けます。この頃には、新生児用哺乳瓶は卒業です。

桶谷式哺乳瓶

桶谷式哺乳瓶を使うときに、いつまでといった期限はありません。しかし、桶谷式哺乳瓶は生後間もなくに多いお母さんのおっぱいトラブルや、吸うことがまだ上手ではない赤ちゃんの訓練用に作られた哺乳瓶なので、2ヶ月頃から3ヶ月頃までの赤ちゃんに使うことが多い哺乳瓶です。

哺乳瓶の乳首にはサイズがある

ほとんどの哺乳瓶の乳首には素材と乳首の穴の形、サイズに違いがあります。素材は「ゴム製」と「シリコン製」の2つに分かれます。

穴の形は丸の形に開いている「丸穴」、Xの形に開いている「クロスカット」、Yの形に開いている「スリーカット」があります。また、メーカーによりサイズ展開は違いますが基本的にサイズはSS、M、L、LL、サイズがあります。

哺乳瓶の乳首いつまで使える?

哺乳瓶の乳首には穴の形やサイズがあります。また、穴の形によってミルクが出てくる量に差があります。乳首はいつまで使い続けてよいのか悩むお母さんもいるでしょう。

乳首は使うことで劣化していきます。約2ヶ月程度で新しい物に替えていくようにしましょう。サイズや穴の形によって適正月齢があるので、新生児はssサイズの丸穴より使い始め、生後1ヶ月頃から飲み具合などを見てサイズや穴の形を変えていくとよいでしょう。

適正月齢を確認する

メーカーによってサイズ、穴の形の展開に幅があるため、いつまでその哺乳瓶が使えるのか購入時には確認する必要があります。おおむね新生児~卒乳まで使用可能です。

しかし、いつまで使えるのか使用月齢が決まっている哺乳瓶が「NUK プレミアムチョイス」や「Combi テテオ 授乳のお手本」で、使用月齢は18ヶ月までです。

乳首を交換購入する際も、いつからいつまでの月齢対応なのか確認したうえで購入しましょう。

哺乳瓶はいつまでにどのように卒業するの?

哺乳瓶はいつまでに卒業したほうがよいのか、そしてその理由と卒業の仕方が分からないと悩むお母さんも多いでしょう。哺乳瓶を卒業する目安として、座位が安定していることと哺乳瓶の乳首以外(マグストロー・スパウトマグ・コップなど)での水分補給ができることが卒業の目安です。

哺乳瓶は、主に傾けて飲むため座位が安定していることが必要です。また、哺乳瓶の乳首以外(マグストロー・スパウトマグ・コップなど)を使えるようになっていないと水分補給が行えないため、哺乳瓶の卒業前には慣れておく必要があります。

哺乳瓶を卒業する時に悩むことの多い3つのポイントを踏まえて卒業の仕方をお伝えします。

哺乳瓶からマグストローへ移行する

哺乳瓶はいつまで使うのか・卒業の仕方・なぜか

座位が安定するためには、筋肉の発達が必要です。赤ちゃんが乳首以外のマグストローやスパウト、コップなどで飲めるようになるには、練習が必要です。そのためにはお母さんがスパウトマグやマグストローを与えてあげ、練習させてあげます。

焦る必要はありませんが、いつまでにはマグストローに移行できるといいなといったように目標地点を作るとお母さんも先が見えて取り組みやすくなります。マグストローは、8ヶ月頃から練習を開始するとよいでしょう。

中にはストローよりも前に3ヶ月頃から使える乳首タイプ、5ヶ月頃から使えるスパウトタイプもあります。赤ちゃんによってできるようになるまで時間のかかる子もいますが、焦らずすすめていきましょう。

寝る前に哺乳瓶で飲むのはいつまで?

哺乳瓶はいつまで使うのか・卒業の仕方・なぜか

月齢によっては寝る前にミルクやフォローアップミルクなどを飲む赤ちゃんもいるでしょう。マグストローが使えるようになっていれば、あえて哺乳瓶で飲ませる必要はありません。

しかし、中には眠る前はどうしてもおっぱいや、哺乳瓶の乳首がよいと求める赤ちゃんもいます。哺乳瓶の卒業を考えているお母さんはいつまで哺乳瓶を使ってよいのか悩みますが、赤ちゃん自身が安心して眠れるのであれば、1歳の誕生日を迎えるくらいまでは哺乳瓶であげてもよいでしょう。

1歳を迎えると理解力も進み、生活のリズムもできてくるので、マグストローに慣れさせるようチャレンジするのもよいです。また、眠る前は絵本を読むなど流れを変えてあげることで哺乳瓶への執着を少しずつ離していってあげるとよいでしょう。

哺乳瓶の卒業とミルクの卒業

哺乳瓶の卒業とミルクの卒業は同じではありません。哺乳瓶の役割は、まだ歯の生えていない固形物を咀嚼して食べることのできない赤ちゃんに哺乳させることを目的としています。

ですから、哺乳瓶を卒業したからミルクも同時に卒業しなければいけないということではありません。両者共にそれぞれいつまでに卒業すればよいのか時期は異なります。

離乳食を5ヶ月頃から開始し、10ヶ月頃になると3回食になります。食事の回数が大人と同じになっても、赤ちゃんは一度の食事で十分な栄養をとる事ができないため食後にミルクを飲みます。

育児用のミルクは、1歳頃には卒業する赤ちゃんが多いですが、フォローアップミルクは足りない栄養を補うためのものなので、概ね9ヶ月から3歳頃まで飲むことができます。赤ちゃんが嫌がらずにマグストローやコップで飲むことができていれば、哺乳瓶でミルクを飲ませなくてもよいでしょう。

なぜ哺乳瓶は1歳頃を目安に卒業したほうがよいの?

哺乳瓶はいつまで使うのか・卒業の仕方・なぜか

哺乳瓶をいつまでに卒業したらよいのかと悩むことでしょう。卒業の目安を1歳頃を目標にするとよいでしょう。また、前述したとおり「座位の安定」と「乳首以外のマグストローやコップを使った水分補給ができること」が満たされているとスムーズに卒業できるでしょう。

ところが、中にはストローなどよりも哺乳瓶の乳首の方を好む赤ちゃんもいます。そのような赤ちゃんであっても、いつまでも哺乳瓶を使い続けるのではなく、なぜ卒業させるべきなのか、次の様な理由があります。

虫歯

赤ちゃんの歯の生え始めは、6から9ヶ月頃が多いと言われています。まずは前歯から生えてくることが多いです。

生え始めは唾液の分泌も多く、虫歯になりにくいとされていますが、赤ちゃんの飲むミルクは甘みもあり、栄養価も高いため虫歯にならないわけではありません。また、果汁などを哺乳瓶で飲むこともあるでしょう。

このように、甘みのあるものを哺乳瓶で飲んだとき、前歯の裏側にもミルクや飲み物が付着します。また、咀嚼することで唾液が分泌されますが、吸うだけでは咀嚼する時と比べて唾液の分泌が少ないことや、年齢が上がるごとに歯の生え始めの頃と比べると唾液の分泌も安定し、生えた歯の量も増えてくることで虫歯の心配がでてきます。

咀嚼力

哺乳瓶を使う赤ちゃんは、お母さんのおなかの中にいた時からおっぱいを吸う練習をしています。生まれておっぱいや哺乳瓶を吸うことができるのは、「吸てつ反射」と呼ばれる原始反射があるからです。

しかし、この原始反応である「吸てつ反射」はいつまでもあるわけではなく、生後6ヶ月頃には見られなくなります。この頃からは自発的に吸い付く力が身につき、おっぱいや哺乳瓶を吸うようになります。

吸う力の後に生きていくために必要な動きは「咀嚼」です。咀嚼は、赤ちゃんが離乳食を通して少しずつ練習しできるようになっていく動きです。しかし、この咀嚼力はいつまでも哺乳瓶の乳首を吸っていてはなかなか身につきません。

咀嚼力を身につけさせてあげるためにも、歯が生えてきて離乳食をもぐもぐと食べられるようになってきた1歳頃には少しずつ哺乳瓶を卒業できるようにしてあげるとよいでしょう。

執着や慣れ

お母さんはいつまで哺乳瓶を使っていていいのかと悩みながらも、赤ちゃんはいつもと同じ哺乳瓶が安心したり慣れていると哺乳瓶を欲しがるでしょう。赤ちゃんにとって、毎日の習慣は安心します。

安心したり心地よいために哺乳瓶を求める赤ちゃんもいます。赤ちゃんが欲しがるままに与えていてはいつまでも哺乳瓶から離れられません。

ちょうど1歳頃になると、歩けるようになる子もおり、食事や生活リズムも安定に向かい赤ちゃん自身が大きく成長する時です。1歳頃は理解力も進んできて、1歳半頃になれば自分の意思や思いが、よりはっきりとしてきます。思いがはっきり主張として出始めると、習慣を変える時に時間がかかることが多くなってきます。

このように強く哺乳瓶に執着してしまい年齢を重ねても欲しがってしまう子どもには、お母さんがいつまでに哺乳瓶を卒業させようと目標を定めてあげることも必要です。

哺乳瓶卒業は赤ちゃんから子どもへと成長の証

哺乳瓶はいつまで使うのか・卒業の仕方・なぜか

今回は哺乳瓶をいつまで使うのか、いつまでに卒業するのか、そして卒業方法と理由についてお話してきました。赤ちゃんが生まれてから成長の早さにびっくりしたお母さんも多いはずです。

いつまでも赤ちゃんでいて欲しいと感じるお母さんもたくさんいるのではないでしょうか。哺乳瓶はいつ頃まで使うものなのか、悩むお母さんも多いでしょう。

赤ちゃんは好みや発達段階に差があります。どうしても哺乳瓶がよいと泣く子やストロー飲みの上達がゆっくりな子もいます。ですから、必ずしも1歳頃までに卒業しなければいけないわけではありません。

おっぱいやミルクを飲んでいた赤ちゃんも、赤ちゃんを卒業し、子どもへと成長していきます。その課程の中で、哺乳瓶を卒業する時が必ずやってきます。哺乳瓶を卒業する意味をお母さんが知っていることで、赤ちゃんが成長する姿を後から押してあげることができることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました