会社を休む理由の使える9選・会社を休む理由の報告マナー

仕事ノウハウ

会社を休む理由の報告マナー

会社を休む理由の使える9選・会社を休む理由の報告マナー

誰でも会社を休みたくなるときはありますが、そんな時は会社に休む理由の報告が必要です。会社にとって、あなたが必要であればあるほどにあなたに休まれると困ることがありますので会社への報告はマナーです。

そして、会社を休むのは、正当な理由がないとあまり良いことだとは感じられません。今日はそんな会社を休む時の理由で、相手にずる休みだと疑われず、休みたい時に休める理由とはいったいどんな理由なのでしょうか。

配慮と謝罪を表す

会社を休む時の報告では相手への配慮と謝罪を表しましょう。休むことで誰かに迷惑をかけています。迷惑をかけていることに対しての配慮と謝罪の気持ちを直接伝えるべきです。

直接休みの意思を表した時に、謝罪が一言あれば、マナーとしては配慮をしていなかったということにはなりません。罪悪感がなくても、会社には謝罪をしておけばいいでしょう。

理由は明確に告げる

会社へ休む理由を伝える時は明確に伝えましょう。少し戸惑いを見せたり、嘘をつくと相手にそれが伝わった時にあなたへの不信感に変わります。

休む時に1番相手へ抱かれたくない感情は不信感です。不信感を持たれないようにしっかりと自分が伝えたい理由を嘘と感じられないように伝えましょう。

お伺いを立てる姿勢で告げる

休むということで最初から明確に提示をするのではなく、最初は休んでも良いのかとお伺いを立てましょう。

明確にこの日に休みが取りたいとの考えがあって、あえてそれを主張することもありますが、基本的には休ませてもらうという考えを持って低姿勢で、休んでも良いのかとお伺いを立てましょう。

会社を休む理由

会社を休む理由の使える9選・会社を休む理由の報告マナー

明確に理由を会社に休む時は報告しなければなりません。休みを取るには絶対に理由を求められます。

会社に休む理由としてどんなものが代表的にあるのか、9つ選んで理由を記載します。休みを取るにはどんな理由を伝えたらいいのか困っている人や、実際に本当にその理由で休みを取らなければいけない人はぜひ参考にしましょう。 ポイントは決して相手に不快感を与えずに、休みを貰えるように相手へ伝えることです。

理由1「体調不良」

体調不良ということを伝えましょう。体調不良で休みを取るには仕方がないと相手に感じて貰えるような理由でなければいけません。

体調不良で休む時の理由は頭が痛いだとか色々に体調不良な理由はありますが、結局はその体の異常が邪魔をして仕事ができないことを伝えましょう。 あなたの仕事があなたの体を使う仕事ということであれば、例えば、声が出ないのにコールセンターでかかってきた電話は出れない形に実際になります。

理由2「親族が危篤」

親族が危篤なのでということで休みを伝える場合には、本当に慎重に伝えましょう。親族が危篤で休みということですが、これが嘘の場合は気をつけなればなりません。

危篤であれば、病院に行きます。病院は誰でも利用をしているので、システムはみんな知っています。逆に言うとおかしなことがあれば、病院のシステムを知っているので感づかれやすいということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました