抱きしめる男性の深層心理7つ・抱きしめ方で変わる心理

人の心理

抱きしめる時の心情とは

抱きしめる男性の深層心理7つ・抱きしめ方で変わる心理

人が人を抱きしめる時、そこには好意があります。嫌いな人には近づきたいと思いませんし、ましてや、抱きしめるなんてできません。

人間は人と触れ合うことで自分の価値を高めたり、不安などを減少させたりしています。さらに、愛情表現やコミュニケーションの手段としても抱きしめるという行為は行われています。 男性が女性を抱きしめる時、そこにどんな意味があるのでしょうか。その心理を詳しくみていきましょう。

好意

好意を伝えようとして抱きしめていることが多いです。男性はコミュニケーションが苦手な人が多いのも事実です。言葉ではなく、抱きしめることで愛情表現をしています。

抱きしめると、肌と肌が直接触れ合う面積も広くなり、男性の女性に対する好きの感情が伝わりやすくなります。それを狙って抱きしめる男性もいるでしょう。男性に抱きしめられたときには好意があるのは確かです。

独占欲

自分の手から離したくない、誰にも渡したくないという想いが強くなり、それら独占欲から女性を抱きしめる男性も多くいます。

好きな女性を腕の中に閉じ込めることで独占欲を満たし、彼女を誰にも渡さないようにしています。この場合、力を込めてぎゅっと抱きしめることが多いです。 好きだからこその独占欲ですが、自分の気持ちばかりを優先してしまい、思いやりがなくなってしまう男性には気をつけてください。

下心

男性は好きな女性が目の前にいたら性欲が高まり、下心から思わず抱きしめてしまうこともあります。

いつもとは違って少し強引に抱きしめてきたり、腰や背中を手の動きがせわしなく、いやらしく抱きしめてきたりしたようでしたら、下心ありのサインだと考えても間違いないでしょう。 相手が好きな男性であったり、自分にもその気があったりする場合であれば問題ありません。ですが、そうではない相手であればきちんと嫌であることを意思表示しましょう。

抱きしめる男性の深層心理7つ

抱きしめる男性の深層心理7つ・抱きしめ方で変わる心理

コメント

タイトルとURLをコピーしました