頭が悪い人が持つ特徴24個・頭の悪い人との付き合い方

人間関係

頭が悪いとはどういうことか

頭が悪い人が持つ特徴24個・頭の悪い人との付き合い方

「頭が悪い人」とはどういうことかは、イベントなどで大騒ぎしている方々を指し「なにっ、あの人たち、頭が悪い感じ」と漠然と言う場合があります。

しかし、個々に名指しして「頭が悪い人」と日常では頻繁に安易には使いません。学校や職場などで、教師や組織の長が安易に「頭が悪い人」と怒る場面が見受けられます。 「頭が悪い人」とは、時と場所および場面で変わる事が多いのではないでしょうか。

知能指数や学歴は関係ない

知能指数や学歴は関係なく人の価値観は左右されます。知能指数や学歴のある人の傾向に「あいつは鼻が高い」とか「何かにつけて威張り散らす」特徴があり、周りから浮いたような方がおられる場合があります。

その要因は、人の基本的な質に問題があります。その質とは、人間性を持って周りを客観的に分析し、人や物事が捌け人心が掴めるか否かです。 知能指数や学歴があっても人心を掴めることとは無関係です。

効率よく動けているかどうか

効率よく動けているかどうかで「頭が悪い人」であるかは分かります。「頭が悪い人」は次のような行動が多く見られます。

決まった方法に対し、行動が伴わず遅れる人、段取りや手順が立てられない人、計画を立られない人、計画を立ててもそのとおりにできない状態になる場面です。 結果として、予定が遅れ、時間切れになり、周囲に迷惑をかける人です。行動の細部が不明のため効率よく動けない「頭が悪い人」です。

頭が悪い人の特徴24個

「頭が悪い人」の特徴について24個挙げられます。「頭が悪い人」に2パターンがあり、一つは周囲の評判でそれとなく分かっていても直す気が無い人、二つ目は言われたならば直そうと努めている人です。

直す気がない人は周りを困らせます。後者の直す気がある人は、周りの人に助けられています。いずれも「頭が悪い人」はかなりの気遣いが要り周囲の負担になります。 24個の「頭が悪い人」について以降にご紹介します。

「頭が悪い人」の話し方特徴

「頭が悪い人」の話し方の特徴に多いのは、自分は人並み以上あるいは人を上から目線で平気な考えで話されます。

ですから、話が独りよがりになり、人事を深く詮索する話になりがちです。周りから注意を受けた場合、それ以降相手を無視する態度になります。 この様な方に多いのは周りに注意できる人がいないこと、自らで学習できない、独善的話し方になって行くなどで「頭が悪い人」の見本と評価されています。

特徴1:話が長い

頭が悪い人には「話が長い」という特徴があります。同じことを繰り返しはなし、相手の人たちを疲れさせます。

本人は、自分の感覚と同じと考えており、聞いてくれていると思い込んで話しています。その他に、話していく過程で、自分の話に自分が入り込み過ぎ、話す内容がぐちゃぐちゃになるタイプです。 話が長い人は、話の区切りがつかず横道に反れ、後戻りします。その区切り点で話題を変えるなどの助け舟が要ります。

特徴2:何度も同じ話をする

「頭の悪い人」の特徴に何度も同じ話をするがあります。職場ではご年配の方、お家ではお年寄りに見受けられます。

若い方でも、時々見受けられます。このような人は生活態度に散漫さが見られます。本人は良かれと思い念入りに話されており、無下に断っては雰囲気がまずくなります。 原因は、聞いていてもらえていないとの思い込みによる場合が多く、「聞いてるよ、話は分かったと」タイミングをみて言ってあげましょう。

特徴3:自分に関する話が多い

「頭の悪い人」の特徴に自分に関する話が多いと言えます。自分の評価が気なって自意識が高く、周りの関心が自分に薄いと不安にかられている人です。

日常、家庭や仕事場において、個人の話しはあまりしません。しかし、自分に自信が持てない方や自慢したい人は、自分に関する話が多く話されます。 自分に関する話が多い人は、人の話は聞かない、聞きたくない態度で、周りから「頭が悪い人」と評されても気にしない方です。

特徴4:会話の目的やゴールが見えない

頭が悪い話し方の特徴に会話の目的やゴールが見えない場合があります。職人さんや技術関係に多く、話しが理屈的内容になり、細かい話になりがちです。

職人さんの場合は、話がウンチクになり、興味がない相手に対して話が深くなります。技術系の場合、数字での説明が多く難しい話なる傾向があります。 職人さんや技術系の話は、理屈的話が多く、聞いている人の理解に関係なく一方的な話が多く、聞く側は理解に困る話になります。

特徴5:代名詞が多く内容がわかりにくい

「頭の悪い人」の特徴に代名詞が多く内容がわかりにくいがあります

話の筋道は一応立てられていますが、あれ、これ、その、あのの代名詞多く、話の前後を推移してかなりの助け舟を出す会話になります。

特徴6:他の人の話を聞かない

「頭が悪い人」の特徴に他の話を聞かないがいます。本人はいろいろと理由を述べられています。しかし、気持ちの持ち方に偏りがあります。

基本的に自分の話をするのは大好きで、自分本位の考えの人です。ですから、話のペースは崩されたくないし、人の話に共感することに欠けています。 他の人の話を聞かない人は、いつも何かに疲れた様子で、自信過剰な傾向が強い人に多く、人の話は上の空の聞き方をされる傾向にあります。

頭が悪い人の行動の特徴

「頭が悪い人の行動の特徴」に見られることが多いのは、グループ作業で目立ち、迷惑を掛けることや敬遠されるひとが少なくありません。

最も迷惑が掛かるのは、作業の指示や手順が理解できず、行き当たりばったりの思い付き作業行動です。全体の作業に順応せず不備や遅れが出る場合です。基本的にグループ作業に不向きです。 「頭が悪い人の行動の特徴」は、グループで作業の気配りできず、手順作業が守れず不向きです。

特徴7:後先を考えない

頭が悪い人の行動の特徴に後先を考えないがあります。後先を考えないで行動すれば自己中心満足型で計画性のない場合に多く見られます。

後先を考えないに事例に衝動買いがあります。日々の暮しで必要品購入以外に、ついついに余分な物を購入する衝動買いに多く見られます。 後先を考えない特徴に衝動買いあります。余計とは考えても目の前の欲求に勝ず、買い物の度に余分なものを買い過ぎ、後悔の繰り返し多くなります。

特徴8:周りへの影響を考えない

頭が悪い人の行動の特徴に周りへの影響を考えないがあります。周囲に思いやりがなく、周りの状況に無関心で他人に任せておけばいい考え方です。

周りへの影響を考えない人は、自分のことが大好きな傾向が強く、自分の目的や欲望を満たすことを最優先に考えて行動します。 周囲の人には、見せかけの思いやりがあるふりをしています。上から目線で物事を見ている方に多く、自己中心が高く周りへの影響を考えない人です。

特徴9:行き当たりばったりで非効率

頭が悪い人の行動の特徴に行き当たりばったりで非効率があります。先を見る行動ができないために非効率な行動結果になります。

全てに関して最良や最適を目指す事ではなく、必要最小限の行動でいいとの考えで、目先の出たとこ勝負の振る舞いに多く見られます。

特徴10:作業効率や時間効率を考えない

頭が悪い人の行動の特徴に作業効率や時間効率を考えないがあります。このために起こる不具合は、作業の終了に支障をきたし、許されない行動であり見逃せません。

不具合発生の可能性がある人には確認の必要があります。本人が不具合に対し反省しているか、注意点に対しどう改善するか、時間的に作業が終わるかです。 作業効率や時間効率を考えられない場合、作業場を替える、作業を単純に縮小する、行動目標と時間を与えます。

特徴11:やりはじめてから文句を言う

頭が悪い人の行動の特徴やりはじめてから文句を言うがあります。甘やかされて、我慢に慣れ、根気よく行動することができない場合が大半です。

時の流れで、「やりたくないことはしなくてもいい」風潮があります。根気よく作業をすることの大切さに欠けている場合が多くあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました