12時間睡眠のメリット10選|ロングスリーパーの有名人3人

雑学

12時間睡眠はメリットがある

12時間睡眠のメリット10選|ロングスリーパーの有名人3人

12時間睡眠はメリットがあるといわれています。

睡眠は人間にとってとても大切な習慣です。睡眠によって人体のあらゆる機能が回復します。成長ホルモンやメラトニンが生成され、寝ている間に若返りを図ることができます。 人間は、1日に最低7時間は睡眠をとったほうがよいことが、最新の研究でわかっています。睡眠は多くとるほど健康に良いとされています。12時間睡眠がとれる人は、それだけ体力が維持できている証拠です。

ロングスリーパーには有名人が多い

12時間睡眠をとる人はロングスリーパーと呼ばれていて、有名人に多いことが特徴です。

ロングスリーパーの人は睡眠障害と捉えられることがあります。ロングスリーパーは病気ではありません。スポーツ選手などの有名人に多いことからも、体力を維持できる画期的な睡眠方法であるとの見方が強まっています。 ロングスリーパーは体質であり、持って生まれたその人の特性です。12時間睡眠のメリットを大いに活用していきましょう。

12時間睡眠のメリット10選

12時間睡眠のメリット10選|ロングスリーパーの有名人3人

12時間睡眠にはさまざまなメリットがあります。これらのメリットを知ることで、睡眠の大切さを学んでいきましょう。

睡眠時間の長い人は、統計的に長生きをしています。また、12時間睡眠者は睡眠時間が十分にとれないと、昼間も眠気がとれません。12時間睡眠者が十分にその能力を発揮させるために、睡眠は欠かせない生活リズムの大切なポイントになっているからです。

1:ロングスリープは運動能力をUPさせる

ロングスリープは運動能力をUPさせることがわかっています。

睡眠と運動には密接な関係があります。睡眠は、脳と体のストレスや疲労を取り除く作用があります。12時間睡眠で、メンタルヘルスも向上します。 レム睡眠のような深い眠りは、成長ホルモンの分泌を促します。寝ている間に疲労を取り除き、体力を復活させることができるので、運動能力がUPします。トップアスリートにロングスリーパーが多いことも納得できます。

2:ロングスリープは脳のポテンシャルを上げる

ロングスリープは脳のポテンシャルを上げるといわれています。

睡眠をとることで脳が柔軟になるからです。寝ている間にリフレッシュして、脳内物質の再合成が行われます。寝る数時間前の勉強も、記憶の固定化に効果的だといわれています。 12時間睡眠で脳の基礎をしっかりと固め、ポテンシャルを導きだしていきましょう。

3:眠っている間に記憶の整理や固定化ができる

12時間睡眠で、眠っている間に記憶の整理や固定化ができます。

睡眠は基本的に、レム睡眠かノンレム睡眠です。深い眠りのレム睡眠は、嫌な記憶を人間の脳から取り除く働きがあります。 反対にノンレム睡眠は、脳に記憶の固定や整理をさせてくれる働きがあります。眠りはじめに起こるレム睡眠で必要のない記憶を取り去り、後半のレム睡眠で記憶を定着させましょう。そのためには、12時間睡眠などの長い眠りが必要です。

4:12時間睡眠で疲労回復

睡眠とは本来、疲労回復のために行われています。

疲れたら眠る。この行為に時間制限をかけることなく、12時間睡眠をとることができれば、体中のパワーが回復するはずです。精神的にも落ち着き、ストレスが発散できます。 成長ホルモンも出て若返りも図れます。12時間睡眠で体全体の疲労を回復して、全身のポテンシャルを上げていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました