バツイチ子持ち女性の心理8・モテるバツイチ子持ち女性の共通点5つ

人の心理

バツイチ子持ちの女性の事情

バツイチ子持ち女性の心理8・モテるバツイチ子持ち女性の共通点5つ

バツイチ子持ちの女性の心理や、モテるバツイチ子持ち女性についてご紹介します。「経済的事情」「環境的事情」「心理的事情」の3つに分けて解説します。昨今、離婚率は常に上昇しています。今後も離婚率が増えていくことがあっても不思議ではありません。気になってきた方は、ぜひ続きをごらんください。

経済的事情

バツイチ子持ち女性の経済的事情は、どのようなものなのでしょうか。自分と子供の生活費をやりくりしていくのはそれなりの負担があるでしょう。実家に頼ることができる方は実家に戻るという方が多いです。

元夫からの養育費と自分の稼いだお金で生活をやりくりしている方も多いでしょう。養育費も離婚理由やそれぞれの事情によって個人差があります。

環境的事情

バツイチ子持ち女性の環境的事情は、昔に比べると理解されることも多いのではないでしょうか。子供が通う学校のクラスメートの中にも、何人か同じ境遇の人がいることもあるでしょう。

子供の人数によっても環境は大きく変わってくるでしょう。実家に頼ることができるかどうかによっても大きく変わります。頼れる人がいる場合は頼ったほうがいいでしょう。

心理的事情

バツイチ子持ち女性の心理的事情は、複雑です。自分の幸せの概念がわからなくなるという方もいます。子供が一緒にいることが幸せだと考えていたはずなのに、誰にも頼ることができずに辛い気持ちを抱えている人もいるでしょう。

子育てに余裕が出てくると、自分の母としての幸せと女としての幸せを考える人もいるでしょう。恋愛や再婚を考える余裕すらもない人もいます。

バツイチ子持ちの女性の心理

バツイチ子持ち女性の心理8・モテるバツイチ子持ち女性の共通点5つ

ここからは、バツイチ子持ち女性の心理についてご紹介します。「子供のためにしっかりしよう」「母だけど女でもありたい」「生活に手いっぱい」「同情されたくない」「子供が最優先」「将来が不安」「結婚に抵抗感がある」「男性に偏見がある」です。

なんとなくイメージできるものから、イメージすることがむずかしいものもあるでしょう。それぞれ解説していきますので続きをご覧ください。

心理1「子供のためにしっかりしよう」

バツイチ子持ち女性の一つ目の心理は「子供のためにしっかりしよう」です。離婚理由はさまざまですが、子供をひきとったからにはその責任があります。また母親として子供の支えにならなければいけないと強く感じるでしょう。

一時的に実家や親族に頼ることができても、子供の親というのは自分だけなんだと強く感じるでしょう。特に身内に頼ることができない場合は子供の存在が自分を強くすることでしょう。

心理2「母だけど女でもありたい」

バツイチ子持ち女性の心理8・モテるバツイチ子持ち女性の共通点5つ

バツイチ子持ち女性の二つ目の心理は「母だけど女でもありたい」です。これは生活に余裕がないとなかなか考えられないことでしょう。もしくは仕事中に幸せそうな家族を見かけたときにそう思う女性も多いです。

仕事、家事、育児を1人でこなしていくというのは想像以上に大変です。特に子供が小さいうちは預ける先に困ることもあるでしょう。子育てが落ち着いてきたころに、ふと自分の女性としての人生を考える傾向があります。

心理3「生活に手いっぱい」

バツイチ子持ち女性の三つ目の心理は「生活に手いっぱい」です。仕事をしながら子育てをしていくというのは大変なことです。

生活基盤が整うまでは、毎日の日々をこなすだけで精一杯でしょう。周囲の人と比べて気持ちが不安定になることも多いです。また年代によっては、ホルモンバランスの変化や子供の思春期などが重なることでさらなる負担を強いられることがあります。

心理4「同情されたくない」

バツイチ子持ち女性の心理8・モテるバツイチ子持ち女性の共通点5つ

バツイチ子持ち女性の四つ目の心理は「同情されたくない」です。同情されても何の特にもなりません。仮に周囲にバツイチ子持ち女性がいて大変な思いをしていることを心配するのであれば心の中にとどめおくべきでしょう。

他人の同情ほど鬱陶しいものはありません。同情するくらいなら行動で示してあげるべきでしょう。普通に接してもらう方が楽だと感じる人が大半です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました