【男性・女性】刑務所生活の実態・楽なのか・生活費の金額

社会問題

刑務所の生活の実態

【男性・女性】刑務所生活の実態・楽なのか・生活費の金額

刑務所の生活はどのようなものなのでしょうか。そこは、私達にとって未知の世界です。しかし、決して私達が入るべきではない場所です。

女性刑務所

刑務所の生活も、男性と女性で、区別はされています。 女性刑務所の生活の違いは、受刑者の罪状で、収容される刑務所を決めていないことです。

さらに、女性刑務所には、母子像が設置されてある場所で生活することを強制し、それは、我が子を思う女性受刑者たちの心情をあらわしています。 職業訓練においても、女性らしい美容師の訓練などがあるところがあります。

女性受刑者の増加

【男性・女性】刑務所生活の実態・楽なのか・生活費の金額

男性と比較して、刑務所で生活の女性の数が少なかったから、このような刑務所の区別もかろうじてすることができたものの、刑務所の問題は、受刑者数の急増と大きくリンクし今後変容も迫られることになるでしょう。

平成28年の犯罪白書によると、7年に1666人だった女性受刑者数が、29年間で、2.5倍にも急増したと言います。一方男性が刑務所で生活するケースはここ10年間で、2万人あたり減少している数値です。

刑務所の生活が居心地がいい

女性刑務所には、薬物や窃盗など常習性が高い犯罪を繰り返す人たちが多く、再犯率があまり期待できなくなってしまったことも背景としてあげることができます。

さらに、刑務所で生活をする受刑者の高齢化も進み、刑務所の生活の方が居心地がいいという理由から、万引きなど繰り返して、再び刑務所の生活に戻ってくる女性も少なくないと言います。

矯正施設を増やして収容率を下げる

そのような問題を抱えて、現在、矯正施設を増やして収容率を下げる必要があるとも言われています。日本の刑務所の生活を見れば、刑務官が見る受刑者の人数が欧米に比べて多いそうです。

現在、法務省では女性受刑者の特性に応じた指導や支援を強化する取り組みも進めています。看護師や保健師を非常勤職員として採用することで、出産・育児に関する指導をし、より女性たちの更生を促す試みを取り入れています。

男性

【男性・女性】刑務所生活の実態・楽なのか・生活費の金額

犯罪に対しても男性と女性は受けとる感覚の違いが存在していると言っていいでしょう。万引きひとつとっても、どんな事をしてでも手に入れたいという初犯的気持ちと、一度捕まっているから、今度は上手くやろうという再犯的気持ちが生まれて、ここにはある程度理性が介入する余地があります。

しかし女性の人たちは、初犯者であれ再犯者であれ、自分だけは特別な存在であり絶対に捕まらないという根拠のない自意識に支配されているとも言われています。

女性の人たちは捕まると自己の保身行為だけに走る

一方で女性たちは、捕まれば、捕まると己の保身行為だけに走り、買う気だったという言い訳をしたり、他店で買った品物だったという嘘を飄々とついたりします。

そのような意味では、男性たちは捕まった時に、言い訳をしない潔い性格ともいうことができます。しかし、だから、犯罪者を褒めていい訳ではありませんが。

検事とか裁判官の心証が悪い

女性の人たちが万引きする率が、最近では非常に高くなり、嘘をついたり、その場しのぎの言い訳をしたりするものですから、検事や裁判官の心証がひどく悪くなり、結果いい方向へと向かうはずはありません。

女性の人たちが犯罪をおかしていいということではありませんが、せめて捕まってしまったら、そのようなことを注意したいです。

禁固刑

【男性・女性】刑務所生活の実態・楽なのか・生活費の金額

罪をおかしてしまった場合、禁固刑・懲役刑などの刑が科せられることになります。禁固刑とは、受刑者を刑事施設に拘置する刑罰です(刑法13条)。

一方で懲役とは、受刑者を刑事施設内で拘置し、所定の作業を行わせる刑のことをいいます(刑法12条)。 禁固も懲役も自由刑という意味では同じです。しかし、懲役の場合、規則的労働を強制され、禁固は規則的労働を強制されることはがありません。

どっちが重いのか

歴史的背景からは禁固は政治犯などを対象とする刑であったという流れがありました。そして名誉拘禁的な性格があり労働を強制的に強いられないという意味合いがありました。

実際に、重い順に刑を並べれば、懲役、禁固、罰金、拘留および科料という流れです。したがって、禁固の方が懲役よりも軽いということになります。(例外もあります)

刑務所の生活は楽なのか

【男性・女性】刑務所生活の実態・楽なのか・生活費の金額

懲役の刑に処せられた受刑者は、刑務所内で、刑務作業を強制されます。刑務所の生活なので、何か超強制労働が強いられるようなイメージを持つ人たちもいますが、刑務作業は、刑法に規定された懲役刑の内容であり、刑務所の生活する受刑者も守られています。

そして、刑務所の生活において、矯正、および社会復帰を図るための重要な処遇方策として考えていかなければなりません。

刑務作業とは

刑務所の生活において、とにかく規則正しい日常生活を送らせることで、心身の健康を維持し、勤労意欲を失わせることなく育成し、共同生活における自己の役割や認識を自覚する必要があり、共同生活の中で責任を持つことができるように助長します。

刑務作業で、受刑者たちは、生産作業・社会貢献作業・職業訓練・自営作業などの作業を行います。

刑務所の生活はきつくなければならない?

【男性・女性】刑務所生活の実態・楽なのか・生活費の金額

多くの人たちが、受刑者たちを反省させるために刑務所の生活は、キツく、厳しいものでなければならないと思っているのではないでしょうか。その本当の実態を多くの人たちが体験した訳ではありません。

スペース的にキツい

とにかく単独室に2名収容されたり、定員が3名の雑居房に4名の収容、定員が6名の雑居房に7人、8人収容されたりして、スペース的にキツいというケースも多くあります。

男性の犯罪率は段々と減っては来ているものの、刑務所の生活にはかなりこのような現状のムラが存在しています。しかし、そのことを受刑者たちは決して文句を言える立場ではありません。キツいから、もう二度と刑務所の生活はしたくないと反省して、外の世界へ飛び立って行きます。 受刑者は刑務所内のルールに従わなければならないから、定員オーバーでも、スペースがキツくても文句を言うことはできません。

人間関係のトラブルになる

【男性・女性】刑務所生活の実態・楽なのか・生活費の金額

しかし、スペース空間が狭いということは、人間関係のトラブルを増加させる原因とはなってしまうと言います。受刑者たちだって、刑務所の生活で大きなストレスをもてば、ストレス発散のために手っ取り早い手段は、近くにいる受刑者と喧嘩することです。

スペース空間が狭いほど、喧嘩できる相手は側にいるということです。実際には、刑務所の生活で、受刑者たちのストレス解消の問題、喧嘩の問題などは深刻事態として考えていかなければなりません。

高齢になってから初犯

実際には、受刑者たちの高齢化というのも深刻な問題となっていますが、貧困と孤独から高齢になってから初犯というケースも決して珍しくはありません。

そのような意味では、その受刑者にとって、刑務所の生活は楽という気持ちはあるでしょう。自由が拘束されるとしても、刑務所の生活では、貧困と孤独の問題は解消することができ、高齢者たちは、自由を放棄してまで刑務所の生活をしたいという気持ちを持つことになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました