うるさい隣人への対策方法・相談先・仕返し方法|戸建て

社会問題

うるさい隣人への対策方法を紹介!

うるさい隣人への対策方法・相談先・仕返し方法|戸建て

住み心地というものは人間が生活する上でとても重要な要素となります。静かに暮らしたい、そうおもって過ごしているのにいきなりうるさい隣人が現れると誰でも不快に感じるでしょう。うるさい隣人にならないように気をつけることはできますが、うるさい隣人に出会ってしまうことは避けたくても避けられないことがあります。

そこで、もしうるさい隣人にあってしまった場合は、どのように対処すれば良いのかを紹介します。

戸建ての場合は?

戸建ての場合は、その土地に何年住んでいるかというのにも対処方法は変わってきます。主に家族で住んでいることが多い戸建ての場合、その地区ごとの付き合いというものが必ずあります。回覧板だったり夏祭りだったりとイベントが絡むものも存在するので、ある程度顔見知りである可能性があります。

また、戸建てではあまり住人の移動がないので長い交友関係が求められます。そのような場でうるさい隣人トラブルが起こってしまうと、後で生活しにくくなるので十分に気をつけましょう。

マンションの場合は?

マンションの場合は戸建てとは違い、人の入れ替わり立ち替わりが多いです。そのためうるさい隣人に出会う確率が高くなります。短期間にさまざまな人と関わることが多いので、隣人がうるさいという問題は深刻になってくる可能性もあります。

しかし、すぐに部屋を出て行くからうるさい隣人に対して適当に接すれば良いというわけでは決してありません。相手も人間ですので気をつけて対応しましょう。

夜間はどうする?

隣人がうるさいと感じる時は特に夜が多いです。その理由は夜になると周りが静かになり、音により敏感になるからです。そのため、隣人のささいな音にもうるさいと反応してしまいがちです。イライラしてしまう気持ちはわかりますが一度冷静になりましょう。

また、夜は人によっては寝ている可能性もあります。つまり、気づかないうちにうるさい音を立てているというケースも考えられます。そのようなことも踏まえ伝えるようにしましょう。

洗濯機などの音には?

洗濯機やエアコンなどの機械の音がうるさい場合もいくつかのケースが考えられます。まず考えられるのは壁が薄いという点です。見ただけでは壁の薄さというものはわかりません。それはうるさい隣人も同じです。注意する時はその旨を伝えてみましょう。

そしてもう一つのケースは機械が故障しているという点です。故障していると変な音や大きな音が出ることが多々ありますので一度考えましょう。

騒音の種類について

うるさい隣人への対策方法・相談先・仕返し方法|戸建て

うるさい音はいくつかの種類に分けることができます。どちらも生活する上で起こる音であり、完全にやめることは難しいでしょう。しかし、少し周りのことを考えて行動することで被害は小さくなります。

ここからは、うるさい音の種類とどのようにすれば大きな音が鳴らないか、迷惑をかけずに済むかを紹介します。

家具類の音には?

家具類や道具を使った音がうるさいと感じることがあります。例えばイスを引きずる音、ドアやとびらを勢いよく閉める音、物を置く音などがこれに当てはまります。うるさいだけではなく、その物自体にダメージを与え壊れてしまう可能性があるので気をつけましょう。

何事もゆっくりと行動すれば大きな音は出ません。隣人がいなくても落ち着いて扱うように心がけることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました