猫が食べる野菜・手作りの野菜ご飯・野菜ジュースは飲めるのか

動物・ペット

猫はペットとして人気が高く、世界中で多くの人に飼われています。野生の猫はネズミやウサギ、野鳥やカエル、魚などを捕食し、飼育下に置かれている猫は飼い主から与えられる魚肉や獣肉、キャットフードなどから栄養素を摂取しています。

人間は健康を維持するために野菜や肉、魚などをバランスよく摂取しようと心掛けます。近年は、ペットの健康のために猫や犬のごはんに野菜を入れる飼い主も増えてきましたが、本来は肉食性の猫に野菜は必要なのでしょうか。

今回は、「猫に野菜は必要か」、「猫が食べても大丈夫な野菜」、「猫が食べると危険な野菜」などについて紹介していきますので、参考にしてみてください。

猫の腸は野菜の消化吸収が苦手

猫は本来肉食動物で、人間と違って野菜から栄養を摂る習慣がなく、野菜を全く食べなくても健康状態になんら問題はありません。また、猫を含む肉食動物の腸は、草食動物に比べて短いため、植物の消化には時間がかかります。

つまり、猫の腸は短いため、野菜の消化吸収があまり得意ではありません。猫が好む野菜の一つに「猫草」があり、猫草を食べることで毛玉を吐き出そうとしている説や、便秘予防をしているなどの説があります。

しかし、全ての猫が猫草に興味を示すわけではなく、好む野菜は猫によってかなり異なります。白菜や水菜が好きな猫もいれば、それらには全く興味を示さない猫もいます。

さまざまな研究により、野菜に多く含まれる食物繊維が猫の健康に役立つことが分かってきましたが、与える野菜によっては、猫が体調を崩してしまうことや、中毒症状を引き起こすこともあるので、猫に野菜を与えるときは注意しましょう。

白菜

白菜はほとんどが水分で、特に多く含まれている栄養成分はありませんが、カリウムやカルシウムなどのミネラルが比較的豊富な野菜です。カリウムは神経信号の伝達や、心臓が正常に動くための大切な役割を果たしますが、猫の腸は野菜から栄養素を吸収するのが不得意です。

白菜には猫にとって有害な成分は含まれていませんが、水分が豊富なため、一度に大量に食べてしまうとお腹をこわす可能性があります。また、白菜に限らず、猫に野菜を継続的に与え続けると、胃腸障害を引き起こす可能性が高まります。

野菜を食べ続けることで、本来は弱酸性である猫の尿がアルカリ性に傾き、結石ができやすくなることもあるので、猫が野菜を食べすぎないよう気を付けてあげましょう。

水菜

水菜は猫草と食感などが似ていることもあり、飼い主さんが買ってくると喜んで食べる猫も多いです。水菜は生のままサラダとして食べたり、鍋料理に入れたりとアレンジ自在な野菜で、人気が高まっていますが、猫に食べさせても問題ないのか気になるところです。

水菜はアブラナ科の一年生植物で、ビタミンCやビタミンE、カルシウムや食物繊維を豊富に含み、腸内環境を整えるのに効果があります。

水菜はカルシウムが比較的多いので、泌尿器科系の病気がある猫には与えない方がいいですが、それ以外には危険性がないので、猫には食べさせてもよい野菜です。猫草に興味がない猫でも、水菜や他の野菜には興味を示すことがあります。

水菜は鍋物や雑煮の具などのように加熱調理して食べることが多いですが、水菜は食物繊維が豊富で消化が悪いので、猫に水菜を食べさせる場合も、茹でたり電子レンジで加熱して、冷ましてから食べさせるのが理想です。

猫に食べさせる手作りの野菜のごはん

猫が食べる野菜・手作りの野菜ご飯・野菜ジュースは飲めるのか

猫に手作りの野菜のごはんを与える場合、タンパク質(魚や肉):野菜:穀類=6:2:2の割合が良いとされていますが、猫は穀物の消化が上手くできないので、穀類は抜いても大丈夫です。

魚や肉などの動物性タンパク質に、茹でた野菜を冷ましてから細かく切ってトッピングし、タンパク質:野菜=7:3の割合程度になるよう調整するか、キャットフードの上に茹でた野菜をトッピングしてあげましょう。

動物性タンパク質の中にも猫にはタブーとなる食材があるので、特に生の魚介類を与える前には、与えても大丈夫な食材かを確認してからにしましょう。

猫は野菜ジュースは飲めるのか

野菜ジュースは、調理することなく手軽で簡単に野菜が摂れるため、忙しい現代人にとって今や欠かすことのできない存在です。野菜ジュースは体に良いイメージがありますが、猫は野菜ジュースは飲めるのでしょうか。猫が野菜ジュースを飲んでも大丈夫なのか調べました。

野菜ジュースの塩分に注意

ほとんどの野菜ジュースにはナトリウムが含まれていますが、その大半は野菜由来のナトリウムで、人間にとっては必要な栄養素です。また、野菜ジュースには、味を調えて飲みやすくするために、食塩などを添加した製品があります。

食塩無添加のトマトジュースを少し舐めさせるぐらいなら大丈夫ですが、体の小さな猫にとって人間の食べ物・飲み物は刺激が強く、野菜ジュースの塩分や糖分は猫の体にはかなりの負担になってしまうので、なるべく与えないようにしましょう。

猫にとって危険な野菜が含まれている可能性

一杯でさまざまな種類の野菜を摂ることができ、人間にとっては非常に便利な野菜ジュースですが、猫が口にしたら危険な野菜が含まれている可能性があります。

例えば、KAGOMEの「野菜一日これ一本」には、トマト・ニンジン・白菜・ブロッコリーなどの他に、猫にとっては絶対にタブーの「玉ねぎ」が入っているので、与えないよう注意しましょう。

そもそも、猫は本来肉食動物なので、人間のように「一日に〇グラムの野菜が必要」というわけではありません。猫に野菜を食べさせることよりも、体調を崩す可能性のあるものは食べさせないことのほうが重要です。

猫が食べると危険な野菜

猫が食べる野菜・手作りの野菜ご飯・野菜ジュースは飲めるのか

「猫は魚好き」というイメージが強いですが、猫の中には野菜が好きな個体も存在します。しかし、いくら野菜が好きだからといって、どんな野菜でも猫に食べさせていいわけではありません。

野菜の中には、猫が食べると中毒症状を起こすものや、各種臓器に障害を起こす危険性のあるもの、結石の原因になるものもあります。ここでは、「猫が食べると危険な野菜」「猫が食べても安全な野菜」を紹介します。

猫が食べると危険な野菜

猫が食べると危険な野菜は、主に「ネギ類」「アボカド」「アスパラガス」、「灰汁の強い野菜」です。ネギ類・アボカド・アスパラガスと、人間が灰汁抜きをして食べる野菜は、猫にとっては危険な食べ物なので注意しましょう。

ネギ類

ネギ・玉ねぎ・ニンニク・ニラ・らっきょうなどのネギ類は、生であっても加熱したものであっても絶対に食べさせてはいけません。猫がネギ類を食べると、ネギの成分が赤血球中のヘモグロビンを破壊し、貧血や呼吸困難を引き起こしてしまいます。

ハンバーグやコロッケなど、細かく刻んだ玉ねぎが入っている料理も絶対に食べさせてはいけません。市販の唐揚げに使用されていることの多い「オニオンパウダー」という調味料にも注意が必要です。

ネギ類を食べてしまってから発症するまでには1~数日かかりますが、動悸・ふらつき・血尿・黄疸などの症状がでたらすぐに動物病院に連れて行きましょう。ネギ中毒は自然治癒することが多いですが、子猫・高齢猫・体調が悪い猫の場合は、死に至ることもあるので注意しましょう。

アボカド

アボカドの果実・種・葉には「ペルシン」という物質が含まれており、人間以外の動物には中毒症状を引き起こす可能性があります。猫だけでなく、他の動物を飼っている人もアボカドは与えないよう気を付けましょう。

アボカドの種を食べてしまった場合、腸管に詰まって外科的手術が必要になることもあります。

アスパラガス

アスパラガスに含まれている「アルカロイド」は薬用成分であると同時に一種の植物毒です。解毒能力が低い猫にはアスパラガスを与えないようにしましょう。

灰汁の強い野菜

ゴボウ・レンコン・ホウレンソウなどの「人間がアクを抜いてから食べる野菜」は、猫には与えないほうが無難です。ゴボウやレンコンは肝臓・腎臓障害を引き起こす可能性、ホウレンソウは尿路結石になる可能性があるので注意しましょう。

猫が食べても安全な野菜

猫が食べても安全な野菜はたくさんあります。この中からいろいろな野菜をあげてみて、猫の好む野菜を見つけましょう。大根は大根おろしにして食べさせてもいいですが、野菜は食物繊維が豊富で猫の胃腸に負担がかかるので、加熱して冷ましてから、小さく切って少量を与えましょう。

【猫が食べても安全な野菜】
白菜・水菜・ブロッコリー・キャベツ・大根・ニンジン・ジャガイモ(芽は除く)・サツマイモ・かぼちゃ

猫の餌に入っている野菜

猫が食べる野菜・手作りの野菜ご飯・野菜ジュースは飲めるのか

猫にはもともと野菜を食べる習慣がなく、ネズミや野生の小動物などを食べて、ネズミなどの体内に含まれる食物繊維やさまざまな栄養素を摂取していました。

室内で飼われている猫は運動不足から便秘になりやすいため、キャットフードから食物繊維などを摂取する必要があるため、野菜を配合したものも多いです。キャットフードは猫にとって「完全栄養食」といわれていますが、どのような野菜が入っているか紹介します。

野菜入りのキャットフード

キャットフードには、かぼちゃやサツマイモ、豆類、トウモロコシなどの野菜が配合されているものがあります。キャットフードに入っている野菜は、高熱で加工されているため、ビタミンや酵素が破壊されています。

猫に野菜は必要なのか

猫が食べる野菜・手作りの野菜ご飯・野菜ジュースは飲めるのか

猫は完全な肉食動物で、腸が短いため野菜の栄養を吸収するのが不得意です。野菜をまったく摂らなくても健康には何の問題もないので、無理に与えないようにしましょう。逆に、野菜を与えることで病気になることもあるので注意が必要です。

猫に安全な野菜を少しだけ与えましょう

猫が食べる野菜・手作りの野菜ご飯・野菜ジュースは飲めるのか

猫は肉食動物で、草食動物に比べて腸が短いため、野菜の消化吸収がうまくできません。野菜を食べなくても猫の健康にはまったく問題はありませんが、茹でたサツマイモやかぼちゃなどを小さくカットして、おやつとして少量与えるのは、猫にとって気分転換になります。

基本的に、猫に野菜は必要ありませんが、グルーミングの際に体内に取り込んだ毛玉を吐くための猫草は用意してあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました