ノーブラのメリット・デメリット|寝る/健康/走る/大きくなる

ヘルスケア

ノーブラで寝ると出る効果

ノーブラで過ごしてどんなことになるのか不安もありますが、とりあえず週末、土曜日からノーブラ生活をスタートしてみましょう。

普段は夜寝るときはノーブラという方も多いでしょうが、休日はお休みなので朝起きて着替えたらブラジャーをつけないようにし、洋服を着るのにブラジャーをつけない事で、体への締め付けのない解放感は最高です。 大きめのニットなどを着用していれば、ノーブラでもきになりません。赤ちゃんがいる場合は特に授乳の時はノーブルで過ごしましょう。 ブラジャーをつけていないとリラックスモードが満足になり、まったく仕事をしようという気がおき無いでしょう。休日などはいつもできない長い睡眠ができるので、補給することが大事です。

大きくなる

ノーブラで過ごすことは体のためにも良いことでしょう。しかし、大きくなるのかは、実証されていません。むしろ、運動をしている間もノーブラですと垂れてしまします。

しかし、人間のカラダとは面白いもので、バストの筋肉があれば必死に頑張ってくれて重力に耐えるための筋肉が働きだします。その結果、バストの筋肉を鍛えれば、形もキープすることができ、バストも小さくなりません。 バストは肌と同じなの顔のお手入れをするのと同時で、栄養を与えノーブラでいられる時間を増やしていきましょう。きれいな美乳を維持するには気を遣いましょう。

ノーブラの健康への影響

ノーブラのメリット・デメリット|寝る/健康/走る/大きくなる

ノーブラは、深い眠りにつくことでバストアップを助ける成長ホルモンの分泌が盛んになります。ブラジャーがきつすぎると寝付きにくかったり、途中で苦しくて不眠症の影響になりかねません。

寝ているときは仰向けに寝たり、横に寝たり、うつ伏せで寝たりとさまざまな姿勢を取ります。寝返りをうったときにブラジャーがバストにしっかりとフィットしていないと、バストの脂肪が流れやすくなりナイトブラの効果が半減してしまいます。 バストのサイズは年々変化しています。しかし、今までと同じサイズのブラジャーを身に着けていると、バストの形が崩れてしますこともあります。ブラジャーのサイズが大きいとクーパー靭帯が伸びたり、バストの脂肪が流れやすくなったりします、逆に小さいと脂肪がはみ出てしまい、乳がんの危険性が高まります。

ノーブラのメリット・デメリット

コメント

タイトルとURLをコピーしました