抵抗力の差がある原因・抵抗力を高めるおすすめの食べ物・サプリ

ヘルスケア

抵抗力の差がある原因

抵抗力の差がある原因・抵抗力を高めるおすすめの食べ物・サプリ

みなさん、「抵抗力」という言葉は一度は耳にしたことがあるでしょう。よく風邪を引いた際などに「抵抗力が弱ってたんじゃないの。」などと言われた経験がある方もいるでしょう。そこで今回は、「抵抗力」とはどういう意味か、抵抗力を高める食べ物やサプリなど、身近に取り入れることができる方法などをご紹介してきます。

抵抗力に差がある原因としては、日常生活をどのように過ごしているかで変わってきます。規則正しく生活し、一日三食きちんとご飯を食べている人に比べ、夜遅くに仕事が終わりいつもインスタントラーメンを食べている人とでは抵抗力にも差がでてきます。 毎日のちょっとした習慣の改善で少しづつ抵抗力を上げていくことは可能です。ここからさまざまな抵抗力を上げる行い方を説明していきます。

昔と現代の抵抗力の違い

一昔前と現代を比べると現代人の抵抗力は、一昔前の人と比べると低下してきています。それは、現代には食べ物が溢れかえっており、ジャンクフードや化学調味料を用いた食品が多く使用されているためです。一昔前は天然素材から作られた食材を用いた料理が多くありました。

現代の料理に多い化学調味料などを使って作られた食品であったり、ジャンクフードなどはおいしいと感じるように作られています。ジャンクフードなどは身体に悪いとわかっていてもつい食べたくなってしまう方も多いでしょう。 ジャンクフードなどを摂取すると野菜や果物などから栄養を摂る機会が減ってしまいます。化学調味料などを使用して作った食品にはあまり栄養が含まれていないため、栄養不足が発生し、抵抗力の低下を招いてしまいます。

抵抗力を高めるおすすめの食べ物

抵抗力の差がある原因・抵抗力を高めるおすすめの食べ物・サプリ

抵抗力を上げるためにすぐに取り入れることができるのが食事です。そこでどのような食べ物が抵抗力を上げるのか説明していきます。抵抗力を上げる食べ物は、天然素材を使って作られたものに多く含まれ、新鮮な野菜や魚、肉に含まれる栄養素は抵抗力を高めるのにおすすめな食べ物です。

いくつか食品をピックアップしていきます。まずは、「納豆」です。納豆は、手軽に摂取でき、酵素と呼ばれる成分が含まれており、酵素には摂取した食べ物の消化や吸収を助けてくれるという働きがあります。美肌効果もあり、抵抗力を上げる以外にもさまざまな働きをしてくれます。 その他には、鶏肉や小松菜、りんごなども抵抗力を高めるにはおすすめの食べ物です。

食事方法

抵抗力を高める食事方法の基本は、1日3食をきちんと決まった時間に規則正しく食べることです。そして、抵抗力を高めるためにミネラルやビタミンを取り入れることがよいです。

ミネラルやビタミンと聞いてどのような食材に含まれているのかわからないこともありますので食材を含めて紹介していきます。まず、亜鉛はカツオやサバ、牛肉や豚肉などに含まれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました