モンスター社員の10個の特徴|モンスター社員の効果的対処法

仕事の悩み

モンスター社員とは

モンスター社員の10個の特徴|モンスター社員の効果的対処法

職場であっても、自分の意見や権利を主張することは大切なことです。しかし、その意見や権利を主張しすぎて、常識の範囲を飛び越えてしまう人もいます。このような人をモンスター社員と呼ばれることがあります。

モンスター社員は仕事の流れを悪くしたり、社内の雰囲気を壊したり、場合によっては会社に損害を与えるリスクまで持っています。 なので、人事や労務管理などを仕事とする人は会社にモンスター社員がいた場合、対策を立てる必要があります。 また、モンスター社員の対策を立てる前に、モンスター社員の特徴を把握して、できるだけ早く発見しておく必要もあります。

正当な主張をしている場合もある

モンスター社員の10個の特徴|モンスター社員の効果的対処法

以前では、いくら残業をしてでも、良い結果を出すことが正解とされていたこともありました。そのような厳しい時代で仕事をしてきた人たちからすると、残業代がきちんと支払われていない、有給休暇が取得したいなどの正当な主張をしただけで、甘えたことを言っていると思ってしまうことがあります。

これは自分たちが仕事をしてきた環境と照らし合わせてしまい、今の価値観や世の中の流れを無視してしまうためです。 そのため、残念ながら正当な主張であるにも関わらず、会社からモンスター社員のクレームなどと言われてしまうこともあります。

モンスター社員の10個の特徴

モンスター社員の10個の特徴|モンスター社員の効果的対処法

正当な主張をする社員もいますが、中には常識の範囲を超えて自分勝手な主張をするモンスター社員もいます。

モンスター社員は会社にとって大きな損害を出してしまうリスクを抱えた存在でもあります。そのため、モンスター社員の対策をするためにも、その特徴をよく把握して、できるだけ早くに発見しておく必要があります。

特徴1.自身の権利が制限されることに敏感

モンスター社員の10個の特徴|モンスター社員の効果的対処法

会社などで仕事をする際には、いろいろな権利が与えられます。有給休暇などもその権利の1つです。基本的に有給休暇はいつでも取得することはできます。

しかし、会社が繁忙期であったり、急な欠員が出たりなどしたときには、常識的に休むことは控えるようにしなければなりません。ですが、モンスター社員はルール上の問題がなければその権利を平気で使います。 そのため、モンスター社員が休んだ分の仕事を誰かがフォローをしなくてはいけなくなります。このように、他人に迷惑がかかろうとも、自分はルールを破っていないと平気な顔をするため、周囲は常にモンスター社員の自由な行動に振り回されてしまいます。

特徴2.軽く扱われたと感じると相手を攻撃する

モンスター社員の10個の特徴|モンスター社員の効果的対処法

モンスター社員にはプライドが高い人が多いです。そのため、過小評価されたと感じた場合には、その過小評価をした相手に対して、自分にどれだけの能力があり、どのようなことができるかを強く主張してくることがあります。

このとき、本当に実力があれば良いのですが、モンスター社員は自分の能力を過大評価していることもよくあります。強い主張に押し切られて、仕事を任せると、結局は結果を出せずに周囲がフォローに入らなくてはいけなくなってしまうこともあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました